あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


10/4~卓球・ポーランドOP2017

GO Kei! 10/8~上海マスターズ2017

10/6~世界ミックスカーリング選手権2017

akatsuki18.comにブログを移転しました。
スイス・インドア20172017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     10/23~スイス・インドア2017 ドロー、組み合わせ、試合結果

速報      10/6楽天ジャパンオープン2017 準々決勝 杉田祐一VSアドリアン・マナリノ

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 試合結果、出場選手 伊藤美誠が参戦!

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 組み合わせ

カーリング   10/6~世界ミックスカーリング選手権2017 試合結果、日程 高校生が世界に挑む!

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

なでしこジャパン 輝きの時 W杯2015を振り返る 前編(アルガルベ杯~合宿~グループリーグ)

2015年のW杯カナダ大会では、残念がら決勝戦でアメリカに2-5と大差で敗退。有終の美は飾れませんでしたが、なでしこジャパンの懸命さ、笑顔、涙、彼女たちが見せる様々な表情は、サッカー、チームスポーツの醍醐味を見せてくれたのではないでしょうか。このページは、なでしこジャパンのW杯の激闘、熱闘を振り返ります。 

f:id:akatsuki_18:20150706222341g:plain

 

仲間を思いやり共感する心は、彼女たちの心身に力をみなぎらせる。共感しあう力は、なでしこジャパンというチームの強みなのだ。

引用:なでしこ力(佐々木則夫)

なでしこ力 さあ、一緒に世界一になろう! (講談社文庫)

新品価格
¥514から
(2015/7/6 21:54時点)

 

アルガルベ杯

今回のW杯を語る上で欠かせないのは、W杯前、最後の国際試合であるアルガルベ杯です。優勝候補としてのぞんだなでしこでしたが、W杯不出場のデンマークに1-2で敗退。

さらには、急成長をとげたフランスに1-3で惨敗します。この試合は、前半こそ日本が1点を取ってリードしますが、後半になるとフランスに一方的に攻められる続けて3失点。圧倒され、宮間をボランチに置く布陣を、再考せざるを得なくなったのです。結局、なでしこジャパンは、この大会を9位で終えました。

☆アルガルベ杯総括→こちら

澤の電撃復帰

f:id:akatsuki_18:20150706223628g:plain

W杯の23人のメンバーには、1年ぶりに代表に復帰した澤の名前がありました。佐々木監督は、なでしこリーグでも、決して手を抜かず、厳しく守備をして、手を抜かない澤の姿勢を評価したのです。何より、アルガルベ杯で敗北して動揺もある中で、精神的主柱を必要としていたのでした。キャプテンとして日本代表をひっぱる宮間もまた、澤の復帰を歓迎したのです。

☆日本代表23人に澤が電撃復帰→こちら

合宿開始…岩渕が直後に負傷

f:id:akatsuki_18:20150706224102g:plain

今回の日本代表の顔ぶれを見ると若手は少なく、新戦力が少ない状況でした。その中にあって、バイエルン・ミュンヘンで技を磨いてきた岩渕真奈は数少ない新戦力として期待されたのです。

しかし、そんな中で岩渕は、合宿早々に膝を負傷してしまいました。次に同じところを怪我をすれば、W杯は終わってしまう…このように、悲壮な覚悟の中で、岩渕はリハビリをする必要があったのです。そんな、岩渕の元には毎日、キャプテンの宮間、澤、安藤が状況を心配して尋ねました。岩渕にとっては、心強い仲間の励ましは、大きな力になったのではないでしょうか。

☆なでしこのW杯直前合宿をレポート→こちら

   

グループリーグ開幕

スイス戦(1-0で勝利)→速報

f:id:akatsuki_18:20150706224907g:plain

日本代表のいるグループは最も恵まれたグループの一つでした。スイス、カメルーン、エクアドル、すべてのチームがW杯初出場の国だったのです。そのような中にあって、警戒すべきは、初戦のスイス代表でした。

スイスは攻撃陣にバッハマンを擁し、守備では堅守を誇ります。日本はデンマークに負けていますし、親善試合でもイタリアに苦戦しています。ヨーロッパの国々のレベルが上がっていることを肌で感じる中、ベスト布陣も定まらない中での不安な初戦となったのです。試合の方は、1-0で勝利します。その1点は安藤が骨折して得たPKを、宮間が決めたものでした。結局、この1点が決勝点となり、難しいW杯の初戦に勝利することができたのです。安藤は残念がら、帰国を余儀なくされました。

カメルーン戦(2-1で勝利)→速報

f:id:akatsuki_18:20150706225136g:plain

2戦目のカメルーン戦では鮫島、菅澤が得点を決めました。しかし、身体能力の高いカメルーンに攻められることもしばしばで、1失点を喫します。特に2得点を取ってからは、受け身になりミスも目立ちました。攻守において、不安を感じさせる内容となりました。

エクアドル戦(1-0で勝利)→速報

f:id:akatsuki_18:20150706225530g:plain

最終戦を前に決勝トーナメント出場を決めていたなでしこジャパン。エクアドル戦は選手を変えてのぞんだこともあり、結局、大儀見の1得点だけと、攻撃においてうまくいっていない印象は、アルガルベ杯以降から変わりませんでした。

しかし、佐々木監督はこの試合で、グループリーグ3試合でGKを含め、23人の選手を全員出場させるという采配を行います。この結果…というわけでもありませんが、なでしこはチームとして、この後に結束が深まっていきます。 

☆佐々木監督が見せた異色の采配→こちら
☆日本代表、宮間、川澄、大儀見、岩清水、大野らを紹介→こちら 
☆なでしこジャパン 輝きの時 後編→こちら