あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

10/3~楽天ジャパンOP(オープン)2016 テレビ放送、出場選手 錦織、ワウリンカ、デルポトロら、海外の強豪が日本に多数集結!

錦織の試合時間

10/3

錦織の1回戦センターコート・第4試合・16:00以降~(放送はWOWOW)

10/5

錦織の2回戦:センターコート・第3試合15:00頃〜、第1試合は11時開始(放送はWOWOW)

 ☆楽天ジャパンOP2016→ドロー・組み合わせ

スポンサーリンク

 

今年も日本で行われる男子で最もカテゴリーの高い大会、楽天ジャパン・オープンの季節がやってきました。
錦織、ワウリンカの他に、ベルディヒ、チリッチ、モンフィスなど実力ある選手が多数参戦。2015年はベスト4でB・ペールに敗れた錦織の活躍に期待がかかります!

楽天ジャパンOP2016

メモ:近年の優勝者は、ワウリンカ(2015)、錦織(2014)、デルポトロ(2013)、錦織(2012)、マレー(2011)、ナダル(2010)

カテゴリー:ATP500

コート:屋外ハード

場所:有明コロシアム+有明テニスの森(江東区)→アクセス(公式)

日程:10/3(月)~10/9(日)(10/1~10/2は予選)

ドロー数:32(ダブルスは16)

日本の出場選手:錦織圭(5位)、杉田祐一(88位)、ダニエル太郎(89位)、西岡良仁(96位)

日程

1回戦(10/3・10/4)

2回戦(10/5・10/6)

準々決勝(10/7)

準決勝(10/8)

決勝(10/9)

テレビ放送:WOWOWが独占放送

スポンサーリンク

 

注目の選手

錦織圭(5位)

f:id:akatsuki_18:20160916145657g:plain

angelicalbite

国籍:日本 今季成績:45勝13敗

2016年は、リオ五輪で96年ぶりに日本にメダルをもたらした錦織圭。さらに、全米OPでは、苦手としているA・マレーを準々決勝で破るなど、勝負強さが、さらに増している。
地元日本での凱旋試合となるが、多くのトップ選手が集う今大会は、大きな注目と期待がかかることだろう。

決勝に進めば、全米OP2016の覇者となったワウリンカとの対戦の可能性もあるが、はたして…!?

S・ワウリンカ(3位)

f:id:akatsuki_18:20160916151032g:plain

Carine06

国籍:スイス 今季成績:39勝12敗

かつてフェデラーの影に隠れて「スイス第2の男」と呼ばれたワウリンカ。しかし、2014年は全豪OPで優勝、2015年は絶好調のジョコビッチを破って全仏OPを制覇、2016年は再びジョコを破り全米OPで優勝をはたした。

今では「Stan the Man(=男の中の男)」と呼ぶにふさわしい勇猛な選手へと成長を遂げている。

特に全米OP2016の決勝では、究極的なプレーで、ジョコビッチを撃破。試合後には「あなたのおかげで、私も成長できました」とジョコビッチを称えるなど、素晴らしい勝利者としての姿を見せた。

強力なサーブ、現役随一の片手バックハンドに加え、プレッシャーがかかる場面でも動じないメンタリティーの強さを持つ。
一方で大会によってアップダウンが大きく、早々と姿を消すこともある。

とはいえ、生涯グランドスラムに王手をかけたワウリンカは、今大会でも優勝候補の筆頭と言えるだろう。

デルポトロ(64位)

f:id:akatsuki_18:20160916145851g:plain

si.robi

国籍:アルゼンチン 今季成績:17勝9敗

若干20歳、2009年にフェデラーを破り、全米OPを制した男こそフアンマルティン・デルポトロである。体格にも恵まれ、強力なサーブ、パワーあふれるフォア強打は、勢いに乗ればBIG4をも打ち破るほど力強い武器である。加えて、左右に振られても崩れない粘り強さと守備力の高さも持つ。

しかし、恵まれた才能ゆえか、身体に負担がかかり、手首による怪我で、何度も戦線から離脱。
最高4位のランキングは、一時期、500位台まで下げるなど、引退も考えたこともあったようだ。

しかし、2016年になると劇的なカムバックをとげるリオ五輪・銀メダルという成果を手にした(ロンドンでは銅メダル)。

この時は、ギャリア・ゴールデンスラムを狙うジョコビッチを1回戦で撃破、世界に衝撃を与える勝利もおさめている。

ダニエル太郎(88位)

国籍:日本 今季成績:6勝13敗

リオ五輪では、第14シードのJソックなどを破り3回戦進出、全仏OP2016では、2セットダウンから31位のM・クリザンに逆転勝利をおさめるなど、気持ちの強さが見えるプレイヤーだ。

スペイン育ちらしい粘り強さを身上とする守備的なプレイヤー。

2015年よりデビス杯の日本代表に抜てき、大舞台で持ち味であるしぶとさを大いに発揮している。

ちなみに、デビス杯歴代の日本代表選手で、最も高身長の選手で190㎝ある。

西岡良仁(96位)

f:id:akatsuki_18:20160916145249g:plain

Kulitat

国籍:日本 今季成績:8勝10敗

2015年にトップ100を切った日本人の3人のうちの1人が西岡良仁だ。

テニスでは不利となる170㎝と小柄ながら、強いメンタリティー、粘り強さ、フットワークなどでカバーして、強豪たちに挑む選手である。

今季はメンフィスOPでベスト8、マイアミOPでは21シードのロペスを破り3回戦進出、アトランタOPではベスト4など、実績を積み重ねている。

ちなみに、ATPが選ぶ期待の若手10人の1人にも選ばれており、将来への期待が高いプレイヤーでもある(他はキリオス、ズべレフ、フリッツ、カチャノフ、チョリッチなど、実力が高いメンバーが名を連ねている)。

出場選手

G・モンフィス(8位)フランス、36勝11敗

T・ベルディヒ(9位)チェコ、30勝14敗

M・チリッチ(11位)クロアチア、30勝15敗

D・ゴファン(14位)ベルギー、31勝16敗

N・キリオス(15位)オーストラリア、33勝13敗

I・カルロビッチ(20位)クロアチア、25勝17敗

F・ロペス(26位)スペイン

G・シモン(28位)フランス

P・コールシュライバー(30位)ドイツ

M・クリザン(31位)スロバキア

J・ソウザ(34位)ポルトガル

B・ペール(38位)フランス

K・アンダーソン(46位)南アフリカ

※ランキング、成績は9月12日付

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ