あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

杉田祐一 ボールさばきとリターン力が光る 選手名鑑

2014年にウィンブルドンに初出場すると、2015年も本戦出場を決めたのが杉田祐一です。

小柄ながら、ボールのさばきや、攻撃的なリターン力は、日本でもトップクラスという定評を得ています。このページでは、テニス選手の杉田祐一について掲載しています。

※2017年4月更新

スポンサーリンク

   

杉田祐一

宮城県仙台市出身 

173cm/66kg 

1988年9月18日生まれ 

右利き・両手打ち 

現在、ランキングは91位

今季成績:2勝0敗 

プロ転向:2006年 

所属:三菱電機  

7歳からテニスを始め、吉田記念テニス研修センターなどで学ぶ。

2006年の世界スーパージュニアテニス選手権大会では、鈴木貴男以来、12年ぶりに日本人として優勝した。 

2007年に早稲田大学に入学(同期は福原愛、斎藤祐樹ら)。 

大学入学後、一時期ランキングを1000位台に落とす。しかし、2008年の6月のフューチャーズ大会で優勝すると、4大会連続で優勝をはたし、ランキングを341位まで上昇させた。 

2010年に全日本で鈴木貴男を破って初優勝。 

2011年にはチェンナイ・オープンで、D・ブラウンを破って、ATPワールドツアー初勝利を挙げた。 

2014年のウィンブルドン1回戦では、フェリシアーノ・ロペスにストレート負けを喫している。 

2014年のウィンブルドンで、グランドスラム初の本戦入りをはたし、2015年も連続で本戦の切符を手にした。

2015年はバルセロナOPの1回戦で、トマス・ベルッチに敗れている。

2016年は、予選を勝ち上がって、全豪OPの本戦に出場。1回戦でG・モンフィス(フランス・17位)に敗れている。また、2月の京都チャレンジャーでは、チャレンジャー通算6回目の優勝をはたした。また、キャリア初の100位突破もはたしている。 

ゲリー・ウェバーOP2016では、予選から勝ち上がり、1回戦でT・フリッツ(65位)と対戦。フルセットの末、2016年ツアー初勝利をあげた。

ウェスタン&サザンOP2016では、ドイツの若手成長株A・ズべレフ(27位)を破って、マスターズ初勝利。さらに、2回戦では、ウィンブルドン・ダブルス覇者のニコラ・マユ(42位)にも勝利。3回戦まで進んでいる。

デビス杯2016・プレーオフでは、錦織と組んだダブルスで出場、ウクライナチームに勝利して、日本代表に貢献した。

上海マスターズ2016では予選を突破して、日本人として唯一、本戦出場を決めた。

バルセロナOP2017では、予選で敗退もラッキールーザーとして本戦出場。第9シードのガスケを破り16強進出。

速いテンポでのボールさばき、リターンの対応力では、日本の中でもトップクラス。特にリターンは、超攻撃的である。 

また、軽快なフットワークを生かしたストロークも武器としている。

伊藤竜馬とは同世代で、ライバル関係にある。

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ

スポンサーリンク

   

f:id:akatsuki_18:20160229171106j:plain