あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

ガエル・モンフィス 「スライダーマン」の異名を持つ、身体能力に優れた実力者 選手名鑑

錦織とモンフィス……共に実力あるプレイヤーですが、意外なことに、過去の対戦は1試合止まりとなっています。マイアミ・オープン2016では、4強をかけて対戦するモンフィスの選手名鑑を掲載しています!

※2016年3月更新

スポンサーリンク

 

ガエル・セバスチャン・モンフィス

f:id:akatsuki_18:20160330190144g:plain

Gaël Monfils / Passion Leica

フランス出身

西インド諸島にルーツを持つ 

1986年9月1日生まれ 

193cm/80kg 

右利き・両手打ち 

現在、ランキングは16位(最高は7位)

ツアー5勝 

ここまでの成績:14勝4敗

「スライダーマン」の異名を持つのは、テニス界で最も身体能力が高いと言われ、長い手足と柔軟な身体、スピードを生かして、広大な範囲をカバーできるからだ。縦横無尽に全速力で走りまわり、時に何度も試合で転ぶことも。しかし、彼ほど、見ていて楽しい選手はいないという意見も聞かれるほどのエンターティナーでもある。 

問題はハードでさえ、クレーのように滑るスライドフットワークを行ってきたため、深刻なダメージを両ひざにかかえていることだ。そのため、長期離脱を余儀なくされることもしばしばあった。 

しかし、体調さえ万全ならば、4強に並ぶ実力を持っていると言われている 

20代後半になり、その実力を再びコートで示したいところだ。 

意外だが繊細なテクニックを持ち、ベースライン上からでもウィナーを狙える実力を兼ね備えている。また、高い守備力を誇る攻守を兼ね備えた選手だ。 

さらに彼の人気の理由には、意外性のあるプレーができる点にもある。ヘッドダイビング、左手でプレー、クラッチショット、ジャックナイフ、一回転グランドスマッシュなど、魅せるプレーもまた、彼の魅力の一つである。

短所は気分屋で、乗らない時には並以下と評されるプレーに陥る時がある。

バスケットボールやブレイクダンスも得意である。

2015年はロレックス・マスターズの3回戦でフェデラーを破っていることからわかる通り、トップ選手を破る実力を持つ。

2016年は全豪OP、BNPパリバ・オープンに次ぎ、マイアミ・オープンでも8強に進むなど、安定感ある成績を残している。

対戦成績は、錦織の1勝0敗である。

マスターズでは2度の準優勝がある。

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ

スポンサーリンク