あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

なでしこジャパン 輝きの時 W杯2015を振り返る 後編(決勝トーナメント)

決勝トーナメントに入ると、なでしこジャパンは、それまでとは違い、高い集中力とチーム力を向上させ、勝利をおさめていきます。このページでも引き続き、なでしこジャパンのW杯の軌跡をまとめています。

f:id:akatsuki_18:20150706232932g:plain

 

彼女たちはただ単に苦しみに耐えているのではない。彼女たちがひたむきなのは、つらい境遇を我慢しているわけでもなければ、誰かの命令にただ従っているからでもない。なでしこジャパンのひたむきさの源は、「私にはできる」と、自分を信じる心なのだ。

引用:なでしこ力(佐々木則夫)

なでしこ力 さあ、一緒に世界一になろう! (講談社文庫)

新品価格
¥514から
(2015/7/6 23:34時点)

   

決勝トーナメント

1回戦オランダ戦(2-1で勝利)→速報

f:id:akatsuki_18:20150706235308j:plain

この試合は、久々に見るなでしこジャパンの会心の試合となりました。前半に今大会、右サイドバックに抜擢された有吉がミドルシュートで先制。後半にはW杯に間に合った岩渕が出場して、流れを引き寄せる活躍を見せます。岩渕がスルーして、阪口が決めたミドルシュートは、開催国のカナダが選ぶベストゴールとなっています。

前半の先制点に、連動からうまれた美しい後半の追加点と、理想的な展開を作ることができました。結局、この試合で採用した布陣が、なでしこのベスト布陣になります。

準々決勝オーストラリア戦(1-0で勝利)→速報

f:id:akatsuki_18:20150706235329g:plain

準々決勝の相手は、1回戦で優勝候補のブラジルを破って勢いに乗るオーストラリアになりました。この試合で輝きを見せたのは、岩渕真奈でした。

U-17女子ワールドカップでは、世界大会において日本人初のMVPに選出されたのが岩渕真奈でした(当時)。この時、FIFAの公式サイトでは、「天国から舞い降りた日本のマナ」と称された岩渕は、後半に投入されると、得意のドリブルでたびたびチャンスメーク。ついには、終盤でのCKからの決勝ゴールを決めて見せたのです。若い時からその才能は異彩を放っていましたが、日本代表で大きな結果を出した瞬間となりました。

準決勝イングランド戦(1-0で勝利)→速報

f:id:akatsuki_18:20150707000033g:plain

この試合は、連戦からの疲れもあって、なでしこジャパンは劣勢でした。そんな中でも、粘り強く守り、イングランドの得意のロングボールからのカウンターを、日本の守備陣は守り切りました。すると、最後のロスタイム、今大会で有名になったローラ・バセットのオウンゴールで日本が勝利します。

運が大きな要素と語られるゴールですが、後半の最後でもスタミナを持続できる川澄からの的確なクロス、大儀見の走りなどがもたらしたゴールでもあったのです。

安藤が再びカナダへ

f:id:akatsuki_18:20150707000334g:plain

f:id:akatsuki_18:20150707000343g:plain

決勝アメリカ戦(2-5で敗退)→速報

f:id:akatsuki_18:20150707000739g:plain

決勝戦のなでしこジャパンは、残念ながら力尽きたという表現が的確なのでしょうか? 確かに前半のうちに4失点を喫し、試合が決まったのは事実です。そのうち、最初の2点はセットプレー、続く2点はミスからの失点であり、悔やまれる点も多かったです。

しかし、そこから1点を返し、さらに2点目を返したなでしこジャパンは、最後まで諦めなかったのです。 思い返せばグループリーグの安藤の骨折で得たPKで始まったW杯。けがをした安藤は早々に、日本に帰国。しかし、決勝には再び安藤が呼び寄せられました。安藤を再び決勝でカナダに呼びたい…その思いが、チームのモチベーションとなり、彼女の代役である白い熊は象徴的なマスコットになりました。

アメリカ戦では、安藤が180㎝を超えるGK山根に少し照れながら、背負われて登場したシーンは、心温まるシーンでもありました。

最後は23人で……という、マスコミ受けするシチュエーションではありますが、そういったことは関係なく、感動的だったと思います。

試合は残念な結果に終わり、なでしこジャパンは最後の敗者となって、W杯を去ることになりました。しかし、彼女たちが見せた輝く姿は、多くの人に記憶され、語り継がれていくのではないかと思います。

☆なでしこジャパン 輝きの時 前編→こちら