あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全米OP2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

バドミントン  3/11~女子単バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  3/11~女子複バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

テニス     3/6~デビスカップ2020 日本VSエクアドル 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送(ファイナル予選)

卓球      3/3~カタール・オープン2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      3/3~カタール・オープン2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

速報6月28日5:00~女子W杯2015日本VSオーストラリア 決勝トーナメント準々決勝

日本1VS0オーストラリア

放送日時:6月28日4:45~(NHK・BS1)

グループリーグでは全勝も、試合内容は決して良くはなかった日本代表、なでしこジャパン。しかし、決勝トーナメントの初戦、オランダ戦では得意のコンビネーションから得点を決め、手ごたえある勝利をつかみました。

一方のオーストラリア代表(10位)は決勝トーナメントで優勝候補の一角、ブラジルを撃破。勢いもあり、警戒が必要な相手です。この試合に勝つと、準決勝に進出となり、優勝の可能性が見えてきます!!

スタメン

☆他国の成績、速報、放送日時などは→こちら
☆決勝トーナメント表→こちら 
☆オーストラリア代表について…→こちら

   

速報

入場、国家が流れ、間もなく試合開始です…

0分:日本のキックオフです…

両者、前線まで運ぶも、シュートまではいかない中、中盤での攻防が続いています…

日本はオーストラリアの陣地、センターラインを超えたあたりで、プレッシャーをかけています…

5分経過

7分:日本がセンターラインから、ロングボール…DFの裏に抜けた大野がボールを受けて、ループシュートを放つも、ゴールをとらえませんでした…

オーストラリアは守備を固めて、カウンター狙いという感じです…

10分経過

11分:オーストラリアのエグモンドから、前にスルーパス…サイモンがゴール前でフリーになりかけるも、石清水が競ってスライディング…危ない場面を防ぎました…

オーストラリアは、日本のDFから中盤へのパスを積極的に狙っています…

15分経過

オーストラリアは前線のFWがスピードがあるため、ロングボールで裏を狙っています…

宮間のミスが目立ちます…

19分:鮫島が左サイド深くフリーでボールを受けて、マイナスのボールを入れるも、パスの精度がなくオーストラリアのDFにカットされました…

20分経過

21分:右サイドから川澄がフリーで抜けて、中央にクロス…大野がフリー気味で合わせるも、枠に飛びませんでした…

ここまでシュートは日本が3本、オーストラリアが1本です…

25分経過

26分:石清水がパスをカットされ、1対1の場面に…ファウルで止めると、イエローカードが出されました…ペナルティエリア前で、オーストラリアがFK→直接狙うも、低い弾道のボールは左に外れました…

28分:大儀見が左に流れて、ボールを受けてセンタリング…オーストラリアがクリアして、日本のCKに…→大儀見が低いボールに合わせるも、オーストラリアDFがブロック

30分経過

31分:有吉がかわされ、スピードあるデバナが左サイドに抜けます…オーストラリアの選手が上がってきて、ゴール前で攻防となるも、最後は日本がクリアしました…

32分:坂口から大野にパス…大野が後ろに戻すと、走りこんだ宮間がミドルシュート…ゴールは枠に飛び、オーストラリアGKがセービング…ゴールはラインを割って、CKに→石清水が走りこんで強烈なヘディング…しかし、オーストラリアの選手がブロックしました…

ここまで、オーストラリアがラインを低くしています。日本がアクションを起こし、オーストラリアがリアクションという展開です…日本は、ゴール前まで何度か運んで形を作るも、決定機まではいけていません…

35分経過

オーストラリアは中盤でボールを奪っても、押上げが遅いので、なかなか、攻撃の形を作れません…

40分経過

40分:中央から宮間が左サイドにパス…鮫島がフリーでクロスを上げるも、中の選手に合いません…

42分:日本のCK→中に合わずに、サイドラインを割りました…

43分:オーストラリアがカウンター攻撃…サイモンがロングシュートを放つも、海堀がキャッチしました

45分経過

前半終了

ほぼオーストラリアの陣地で試合が展開するも、ミスなども出て、決定的な崩しまではいかず、オーストラリアもしっかり守備をした前半でした。オーストラリアは、完全にカウンター狙いです…。

後半

0分:オーストラリアのキックオフです…

0分:大野から、DFの裏に抜けた大儀見にパス…フリーになるも、シュートまでいけませんでした…

オーストラリアは前線から、積極的なプレッシャーをかけてきています…

3分:左サイド、裏に抜けた宇津木がアーリークロスを入れるも、精度なくミスになりました…

5分経過

6分:左サイドカーが抜け出し、中にセンタリング…しかし、海堀がキャッチしました

8分:坂口がミスすると、オーストラリアに奪われて、最後はカーがシュートも、海堀がキャッチ。2対2になりかけました…。

10分経過

11分:右サイドから坂口がセンタリング…大野がフリーでヘディングを狙うも、わずかにボールに合わせられませんでした…チャンスでしたが、活かせませでした…

13分:ペナルティエリア内右で川澄がボールをキープ…ヒールで走りこんだ有吉にパス…有吉が低いボールで中に入れると、走りこんだ宮間がヒールでシュートを放つも、ゴール枠にいきませんでした…
オーストラリアがラインを上げて、攻めているので、日本もチャンスを作れるようになっています・・

15分:日本のCK→中に合わず、サイドラインを割りました…

15分:大儀見のミドルシュートは、枠に飛びません…

18分:川澄から有吉にパス…ペナルティエリアで受けた有吉が中に入れるも、相手DFにカットされます…

20分経過

23分:鮫島からアーリークロス…中に3人がいるも、ボールが長くなりました…

24分:代ったクラマーがミドルシュートを放つも、日本のDFがブロック

25分経過

26分:大野アウト→岩渕イン

28分:左サイドから鮫島がクロス…しかし、オーストラリアのDFがクリア…

28分:日本のCK→GKが直接キャッチ

オーストラリアは足が止まっています…

30分経過

32分:日本のFK→長くなって、GKがキャッチ

34分:右サイドから有吉が、川澄とワンツーして、中央に入ってミドルシュート…しかし、オーストラリアがブロック

35分経過

36分:日本の7本目のCK→オーストラリアがクリア

39分:右サイドから川澄がセンタリング…大儀見がボレーで合わせるも、枠の外でした…
40分経過
40分:岩淵がペナルティエリアで、シュートもオーストラリアのDFがブロックして、日本のCK→熊谷が競ると、こぼれ球に…宇津木がミドルを放ち、石清水が合わせるもCKがブロック…そのこぼれ球に反応した岩渕がボールを押し込みました!

44分:右サイドからオーストラリアがセンタリング…しかし、海堀が直接キャッチ

44分:坂口アウト→澤イン

45分経過

オーストラリアは前線に人数をかけて、パワープレイを狙います…

48分:エグモンドがロングシュート…海堀がしっかりキャッチ…この瞬間に、審判の笛が鳴りました!

日本、ベスト4進出です!

前半から日本がボールを保持し、主導権を握る…しかし、なかなかゴールを割れずに、後半に…後半はオーストラリアも攻撃的にきて、裏にスペースができる。日本も攻撃に人数をかけるも、オーストラリアの堅い守備にはばまれる。0-0が続く中、岩渕が交代出場。すると、CKを得た日本が、ついに均衡を破って終盤に先制。オーストラリアは前線に人数をかけるも、終始日本のDFが安定し、堅い守備でシャットアウト、勝利をおさめた。

   

f:id:akatsuki_18:20150624131747g:plain

f:id:akatsuki_18:20150624101157g:plain