あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 8/28~全米オープン2017

8/21~世界バドミントン選手権2017

ウエスタン&サザンOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     8/28~全米オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      8/19ウエスタン&サザンOP2017 準々決勝 杉田祐一VSグリゴール・ディミトロフ

速報      8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田祐一VSカレン・カチャノフ

テニス     ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果

テニス     8/13~ウエスタン&サザン・オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      甲子園・夏2017 組み合わせ・抽選会 トーナメント表、試合結果(高校野球)

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

11/28 商社マン・木村悠が、弁護士資格を持つ王者ペドロ・ゲバラに挑む! 選手名鑑

11月28日17:15からWOWOWにて、ダブル世界タイトルマッチが中継されます。このページでは、自らを鍛えなおすため商社に入り、プロボクサー生活を続けている木村悠と、弁護士の資格を持つ対戦相手、ペドロ・ゲバラの選手名鑑を掲載しています。→試合速報

木村悠

f:id:akatsuki_18:20151126175802g:plain

千葉県出身 

161㎝ 

1983年11月23日生まれ 

所属:帝拳ボクシングジム 

スタイル:右ボクサーファイター 

第37代日本ライトフライ級王者 

プロ成績:20試合18勝2敗1分(3KO) 

アマチュア戦績:80戦65勝15敗(8KO)

中学時代にドキュメンタリーを見て、フィットネスジムでボクシングを始める。  

習志野高校時代には、インターハイ3位、国体2位。ちなみに、1年後輩には粟生隆寛がいた。 

法政大学時代には、全日本選手権ライトフライ級で優勝経験がある。 

2006年にプロデビュー。 

2008年の6戦目でプロ初黒星。その後、「自分を変える」「社会で自分を鍛えなおす」ために、電機関連の商社「植松エンジニアリング」に入社。 

朝9時から5時まで営業部で働き、仕事後にジムでトレーニングをする生活を7年間続けている。

2014年に堀川謙一に判定で勝利して、日本ライトフライ級王者となった。その後、3度防衛に成功して、王者を返上した。 

2015年11月、世界戦に初挑戦。

憧れのボクサーは、リカルド・ロペス、徳山昌守 

打たせずに打つスタイルが身上

上体の柔らかさ、ブロック技術、動きなどディフェンスで流れをつかみ、ワンツー、フック、近距離でアッパーなどで攻める。

世界戦については「先手をとって自分の流れをつくりたい」と語っている。どちらが、先に主導権を握るかが、試合のカギを握りそうだ。

スポンサーリンク

   

ペドロ・ゲバラ

f:id:akatsuki_18:20151126175958g:plain

メキシコ出身 

163㎝/リーチは172㎝ 

1989年6月7日生まれ

第34代WBC世界ライトフライ級王者 

プロ戦績:28試合26勝1敗1分(17KO) 

スタイル:右ボクサーファイター  

2008年にプロデビュー 

2014年にWBC世界ライトフライ級王者決定戦で、八重樫と対戦。左ボディで7回KO勝利。八重樫は3階級制覇を失敗した。 

その後、ゲバラは2度の防衛に成功している。

強打者だが、繊細な戦術、堅実な試合運びでKOを狙うクレバーさを持つ。

ワンツーのキレ、左フック、左ボディブローを得意としている。

木村に対しては、スピードに警戒していると語っている。

弁護士資格を持つ。 

☆ボクシング情報→トップページ

スポンサーリンク