あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全仏OP2020→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

卓球      卓球女子Tリーグ日程2020-2021

テニス     9/27~全仏OP2020ドロー、試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     速報9/27全仏OP2020・1回戦 錦織VSエバンズ

テニス     10/12~サンクトペテルブルク・オープン2020 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     10/19~アントワープ ヨーロピアン・オープン2020 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     9/21~ハンブルクOP2020ドロー、試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     速報9/21ハンブルクOP2020・1回戦 錦織VSガリン

テニス     9/14~イタリア国際2020ドロー、試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

バドミントン  3/11~女子単バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  3/11~女子複バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

卓球      9/14卓球2020 JAPAN オールスタードリームマッチ 出場選手、試合結果、対戦カード、放送

卓球      11/8~ワールドカップ2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      11/13~ワールドカップ2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

パリ・マスターズ2015 錦織など出場選手、見どころ、放送予定を掲載! 最終戦を制するのは!?

2015年のATPツアーも佳境を迎え、マスターズは最終戦を残すのみとなりました。今季は絶対的な強さを見せるジョコビッチが、出場した7大会中、5大会で優勝を達成している状況にあります。最終戦となるパリでトロフィーを掲げるのはジョコビッチになるのか、あるいは別の選手になるのか、注目のパリ決戦となります!

☆パリ・マスターズ2015ドロー・組み合わせ表
パリ・マスターズ2015(BNPパリバ・マスターズ)

f:id:akatsuki_18:20151024203239g:plain

日程:11月2日~11月8日

1986年に第1回大会が開催

サーフェス:室内ハード

会場:ベルシー・アリーナ

優勝者

2014年:ジョコビッチ

2013年:ジョコビッチ

2012年:フェレール

2011年:フェデラー

放送(NHK・BS1/ガオラ)

日程

11/2(月)1回戦

11/3(火)1、2回戦

11/4(水)2回戦

 11/5(木)3回戦

11/6(金)準々決勝

11/7(土)準決勝

11/8(日)決勝

スポンサーリンク

   

今季のマスターズ優勝者

BNPバリパ:ジョコビッチ

マイアミ:ジョコビッチ

モンテカルロ:ジョコビッチ

マドリード:マレー

ローマ:ジョコビッチ

カナダ:マレー

シンシナティ:フェデラー

上海:ジョコビッチ

出場予定選手

ノバク・ジョコビッチ(1位)

f:id:akatsuki_18:20151017171308g:plain

今季は出場したすべてのマスターズで決勝に進出、5勝をあげている。すべてのプレーがトップレベルであり、攻守一体のストローク力は最大の脅威。絶対的な強さをみせるジョコビッチを破るのは容易ではないが、破る選手は現れるのか!?

アンディ・マレー(2位)

f:id:akatsuki_18:20151017171322g:plain

今季のマスターズはロジャーズ・ラップで、ジョコビッチを破って優勝している。それまで、実に対ジョコビッチ8連敗だった。直近の対戦である上海マスターズでは、ジョコビッチ相手に完敗している。 全てのプレーでレベルが高いが、特にその高いリターン力から、流れを作る。

ロジャー・フェデラー(3位)

f:id:akatsuki_18:20151016155804g:plain

今季は新戦法・セイバーをあみだし、あくなきテニスへの情熱を見せる。今季ジョコビッチに対して、唯一2勝を挙げている選手でもある。

スタン・ワウリンカ(4位)

全仏OP決勝でジョコビッチを破り、生涯グランドスラムの夢を打ち砕いた試合は、鮮烈に記憶に残る。最近では楽天ジャパンOPでも見事に優勝して、トップ選手としての貫録を見せた。

トマシュ・ベルディヒ(5位)

今季序盤はロレックス・マスターズで決勝に進むなど存在感を見せていた。しかし、その後はやや存在感が薄かったが、終盤で巻き返せるか!?

錦織圭(6位)

序盤から中盤にかけて勝ち星を積み上げ、好調を維持していた。しかし、ここ最近は大会の序盤に敗退するなど、やや不調が目立つ。特に不安定な1stサーブが入らず、2ndサーブを狙われるケースが…。今季最後のマスターズは、来季につなげる上でも重要な大会となる。また、スイス・インドアを欠場し、怪我あけからの復帰戦となる。

ラファエル・ナダル(7位)

f:id:akatsuki_18:20151017011012g:plain

今季は四大大会・マスターズの優勝なし、さらにトップ4から陥落するなど、衰えを指摘する声も…。しかし、500の大会では優勝するなど、安定感には欠けるものの、存在感を見せている。マスターズ最終戦での活躍に期待がかかる!

ダビド・フェレール(8位)

今季は目立った活躍はないが、その闘争心あふれるプレー、粘り強いストロークの展開から、ファンが多い選手である。1000以上の大会では優勝はないが、今季は4度の優勝を達成している。

ミロシュ・ラオニッチ(9位)

f:id:akatsuki_18:20151016160217g:plain

錦織と同世代であり、カナダを代表するビックサーバーである。今季は怪我などもあり、やや元気がない印象だが、錦織と共にトップ3超えを狙ってほしい選手である。

ジョー ウィルフリード ツォンガ(10位)

f:id:akatsuki_18:20151018170415g:plain

今季のランキングは20位台から10位台を行き来してきたが、終盤にきてトップ10入りをはたす活躍を見せている。強力なフォアとサーブは健在であり、錦織は全仏OPの準々決勝で敗れている。

※左は恋人兼サポート役

ケビン・アンダーソン(11位)

進撃の大巨人こと、アンダーソンは、今季29歳にしてトップ10入りもはたしている。その強力なサーブに加え、ストローク力でも着実にレベルアップしている。

リシャール・ガスケ(12位)

ジョン・イズナー(13位)

マリン・チリッチ(14位)

ジル・シモン(15位)

ダビド・ゴファン(16位)

フェリシアーノ・ロペス(17位)

バーナード・トミッチ(18位)

ドミニク・ティエム(19位)

イボ・カルロビッチ(20位)

※この他、トップ38選手は本戦出場が確定

☆錦織、テニス情報が満載→トップページ  

スポンサーリンク