あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


10/4~卓球・ポーランドOP2017

GO Kei! 10/8~上海マスターズ2017

10/6~世界ミックスカーリング選手権2017

akatsuki18.comにブログを移転しました。
スイス・インドア20172017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     10/23~スイス・インドア2017 ドロー、組み合わせ、試合結果

速報      10/6楽天ジャパンオープン2017 準々決勝 杉田祐一VSアドリアン・マナリノ

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 試合結果、出場選手 伊藤美誠が参戦!

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 組み合わせ

カーリング   10/6~世界ミックスカーリング選手権2017 試合結果、日程 高校生が世界に挑む!

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

10/26~スイス・インドア2015 錦織、フェデラーら参戦! 放送、出場選手、見どころなどを掲載!

フェデラーが6度優勝のこの大会。ATP500ながら、フェデラー、ワウリンカ、錦織、ラオニッチなどトップ選手が多く参加し、見どころが多い大会になりそうです。フェデラーの連覇、7度目の優勝なるか、錦織の活躍はどうか……など、注目の大会となります!

※上海マスターズ後に、右肩負傷のため錦織の欠場が決定しています。

※組み合わせ表のリンクが一番下にあります。

スイス・インドア2015(Swiss Indoors Basel)

f:id:akatsuki_18:20151016155804g:plain

期間:10月26日~11月1日

コート:ハード(室内)

グレード:ATP500

開催地:バーゼル

放送:ガオラ・BS朝日

※時差は7時間あるため、日本では夕方から深夜の放送となります。BS朝日は、錦織の試合の生中継が中心です。

日程

1回戦:10月26日・27日

2回戦:10月28日・29日

準々決勝:10月30日

準決勝:10月31日

決勝:11月1日

優勝者

2014年:フェデラー

2013年:デル・ポトロ

2012年:デル・ポトロ

2011年:フェデラー

2010年:フェデラー

☆錦織、テニス情報が満載→トップページ

スポンサーリンク

   

出場する主なトップ選手

ロジャー・フェデラー(スイス・3位)

f:id:akatsuki_18:20151005184551g:plain

今季は四大大会では未勝利ながら、ライバルであるジョコビッチを制してウェスタン・サザンOPで優勝して、マスターズでの勝利を飾っている。今季は驚異の新戦法・セイバーを生み出し、ベテランの域に達しながらも、テニスへのあくなき情熱を示している。

スタン・ワウリンカ(スイス・4位)

f:id:akatsuki_18:20151006161608g:plain

テニス史上最高のプレーヤーと呼ばれるフェデラーの影に隠れ、スイス第2の男と呼ばれた時期もあった。しかし、全豪OP、さらには2015年の全仏OPで優勝し、トッププレイヤーとして認められる存在となった。特に絶好調だったジョコビッチの生涯グランドスラムを阻止した全仏OP決勝は、強烈な印象を残した。

錦織圭(日本・6位)

f:id:akatsuki_18:20151010181125g:plain

ここ最近はブノワ・ペールに2連敗、上海OPでは3回戦でアンダーソンに敗退するなど、調子を落としている。今季は残すところあとわずかだが、終盤で再びギアを上げて、踏ん張れることができるか、これからにつなげるためにも大切な大会となる。

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ・9位)

f:id:akatsuki_18:20151016160217g:plain

錦織と同世代のビックサーバーで、今季はナダルを破っている。今季は怪我などの影響もあり、トップ10から一時的に陥落するなど、やや元気がない状況だ。終盤の巻き返しに期待がかかる。

R・ガスケ(フランス・11位)

若い時は天才、神童と呼ばれた選手で、センスある多彩なショットが武器である。近頃は再び頭角を現し、ウィンブルドンではベスト4に残った。

K・アンダーソン(南アフリカ・10位)

f:id:akatsuki_18:20151014190059g:plain

強力なビックサーブを武器にする選手。アメリカの大学出身で、勝つテニスができるオールダウンながら、メンタル面が弱点だった。しかし、今季は29歳にして初のトップ10入りを10月に達成。ストロークにも磨きがかかり、選手として脂がのった時期にきている。

M・チリッチ(クロアチア・12位)

f:id:akatsuki_18:20151008155400g:plain

錦織と同世代で、互いにリスペクトし合うライバル。2014年の全米では錦織を破って、初の4大大会優勝をはたした。しかし、2015年は錦織がシティ・オープン、ジャパンOPで連勝を飾り、雪辱をしている。

J・イズナー(アメリカ・13位)

ビックサーバーであり、1試合の最長記録を作ったことで「マラソンマン」というあだなもある選手。2015年は着実にランクアップし、トップ10も目の前まできており、実力を伸ばしている選手。今季、錦織はマイアミで好調だったイズナーに敗れている。

D・ゴファン(ベルギー・16位)

ベルギーのテニス界を背負うと言われる若手選手である。線は細いが、サーブも威力があり、何よりストローク力では錦織とも互角で戦う場面もあるほどである。今季は錦織に2連敗。

D・ティエム(オーストリア・18位)

錦織とは今季、ゲリー・ウェバーOPで対戦するも、敗れている。伸び盛りの若手選手の一人で、オールラウンドに能力が高い選手。

I・カルロビッチ(クロアチア・21位)

ビックサーバーと言えば、この人、カルロビッチ。彼の試合は展開が速いことが多い。今季はジョコビッチに土をつけている数少ない一人。

G・ディミトロフ(ブルガリア・22位)

トップ10から陥落し、調子を落としており、コーチも変更するなどうまくいっていない様子である。シャラポワの彼氏としても有名だった。

A・セッピ(イタリア・27位)

ストローク力の展開に強みがある選手。今季は錦織がゲリー・ウェバーOPで対戦したが、ふくらはぎ筋膜炎の影響で、途中棄権となった。

☆スイス・インドア2015ドロー・組み合わせ→こちら

スポンサーリンク