あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 4/23-バルセロナ ドロー決定!

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
バルセロナOP2018→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     4/15~モンテカルロ・マスターズ2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送

速報      4/22ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018 決勝 錦織圭VSナダル

速報      4/20ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018 準々決勝 錦織圭VSチリッチ

速報      4/21ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018 準決勝 錦織圭VSズべレフ

テニス     4/23~バルセロナ・オープン2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送

バトミントン  2018年度の大会スケジュール・日程

カーリング   4/21~世界ミックスダブルス・カーリング選手権2018 試合結果、テレビ放送、日程

カーリング   4/24~ハンプティーズ・チャンピオンズ・カップ2018 試合結果、出場チーム、日程 LS北見が参戦 藤澤は欠場

カーリング   5/18~女子パシフィックアジア・カーリング 日本代表決定戦2018 結果、テレビ放送 LS北見VS富士急

卓球      4/29~女子・世界卓球2018 試合結果、組み合わせ、出場選手、テレビ放送

卓球      4/29~男子・世界卓球2018 試合結果、組み合わせ、出場選手、テレビ放送

サッカー    4/6~AFC女子アジアカップ2018 日本代表の組み合わせ、試合結果、テレビ放送

バドミントン  女子単3/14~全英・オープン2018 試合結果、組み合わせ

バドミントン  女子複3/14~全英・オープン2018 試合結果、組み合わせ

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

萩原麻由子 自転車ロードレース選手 日本人初の快挙達成! ジロローザでステージ優勝をはたす!

萩原麻由子が2015年のジロローザ・第6ステージで、見事に優勝をはたしました。かつては、社員として働きながらレースに参加。ついには、ヨーロッパチームに移籍をはたし、日本人としてロードレースで世界に認められる存在にまでなりました。このページでは、萩原麻由子についての情報を掲載しています。

萩原麻由子(はぎわら まゆこ)

f:id:akatsuki_18:20150711042749g:plain

群馬県出身 

168㎝/52kg 

1986年10月16日生まれ 

高等学校時の2004年に、アジア自転車競技選手権大会ジュニア部門で優勝をはたす。  

2006年はジャパンカップサイクルロードレース2006、ドーハアジア大会で優勝をはたす。 

2008年は全日本で優勝 

2009年からは、株式会社あさひに所属して社員として販売、自転車組み立てを行いながら、レースにも参加を続ける。 

6月には全日本の個人タイムトライアルで連覇。 

10月のジャパンカップでは、2度目の優勝をはたす。 

2010年は全日本選手権ロードレス優勝など国内2冠。 

2011年には全日本4連覇と国内では無類の強さを発揮。 

2012年は全日本選手権5連覇。 

11月にはイギリスのプロチームWiggle-Honda Pro Cyclingに移籍をはたす。

2012年ロンドン五輪には日本代表として、女子ロードマススタートに参戦。決勝で棄権となった。 

2013年のベルギーのChampionnat de Wallonieで優勝。 

   

2015年にジロローザ優勝

ウィグル・ホンダに所属し、女性版ジロ・デ・イタリアとも言われるジロローザ第6ステージで単独優勝の快挙を達成した。 第6ステージは最も厳しいステージの一つで、トレシビオからモルベーニョまで102キロの距離で構成されている。

2級、1級、2級のカテゴリー山岳が設定されており、30度を超える日差しの中でのレースとなった。

荻原の仕事は、エースであるアボット(アメリカ)と、エリサ・ロンゴ・ボルギーニ(イタリア)の総合優勝をサポートすることである。しかし、調子が良い荻原に対して、ケッセル監督はチャンスがあればトライするようにと指示を出した。

荻原は集団から抜け出し、6人(のちに7人で)で逃げだした。この逃げた6人は追いつかれるものの、残り25キロで荻原が再び単独アタックを仕掛ける。

すると、集団と2分の差が付き、残り1キロとなっても、追いつかれることもなく、勝利を確信。向かい風の中でのきついレースだったが、24秒の差をつけて、優勝をはたした。

この優勝により、荻原は総合で7位につけた。

チームメイトからは、「新しい歴史を作った」「素晴らしいチャンピオン」と称賛の声があがった。

女子ロード界のグランツールであるジロ・ローザで、優勝した初めての日本人となった荻原。監督もまた、彼女の素晴らしいレースを賞賛。

「厳しいステージで序盤から逃げ続けることは非常に困難だが、世界に数人だけそれができる選手がいて、荻原もその一人だ」と絶賛したのである。

自転車レースはヨーロッパではメジャースポーツであり、快挙と言える勝利となった。 

参考:cyclist

 ※ジロローザ公式