あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全米OP2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

バドミントン  3/11~女子単バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  3/11~女子複バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

テニス     3/6~デビスカップ2020 日本VSエクアドル 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送(ファイナル予選)

卓球      3/3~カタール・オープン2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      3/3~カタール・オープン2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ゲリー・ウェバーOP2015 錦織の準々決勝は、昨年、準優勝のファリャ、実力者ヤノウィッツのどちらかと対戦!

ゲリー・ウェバーOP2015の初戦では、接戦ながらもストレート勝ちと見事な試合をみせた錦織。2回戦は、ジャマイカ育ちのD・ブラウンと対戦します。ランキング的には、かなり下の選手との対戦が続く錦織の組み合わせ。準々決勝に勝ち上がると、ヤノウィッツVSファリャの勝者と対戦となります!

☆錦織圭、テニスの情報満載→トップページ

イェルジ・ヤノウィッツ

f:id:akatsuki_18:20150618025719g:plain

ポーランド出身 

1990年11月13日生まれ 

203㎝/91kg 

右利き・両手打ち 

現在、ランキング51位 

今季の成績:12勝11敗

ツアー未勝利 

両親がバレーボール選手で、5歳からテニスを始める。

プロ転向は2007年 

2012年、マスターズのパリ室内では、チリッチ、マレーなどを破って準優勝という成績をおさめ、一躍注目選手となった。 

2013年のウィンブルドンでは、ベスト4に進出している。 

大型選手らしいビックサーバーだが、クレーコートで練習を積んでおり、ストローク力も高い。熱くなりやすい性格なので、成績の波が激しいが、地力は高い選手であり、油断してはいけない相手だ。 

近年はランキングを20位台から下げており、やや、成績も芳しくない。 

今季は500以上の大会では、1回戦負けが多いが、全豪OPでは、守屋、モンフィスを破って3回戦まで進出している。 

   

アレハンドロ・ファリャ

f:id:akatsuki_18:20150618025703g:plain

コロンビア出身 

1983年11月14日生まれ 

185㎝/76kg 

左利き・両手打ち  

現在のランキングは147位(最高位は48位) 

今季の成績は6勝7敗 

父親がテニスコーチということがあり、6歳からテニスを始めた。 

プロ転向は2000年。 

2004年に全仏OPに出場し、初めての四大大会を経験している。 

2006年以降は4大大会にコンスタントに出場しており、2011年の全仏OP4回戦が最高の成績となっている。 

芝の大会であるウィンブルドンでは、1度だけ3回戦の経験があるが、あとは1回戦か2回戦で敗れている。 

今シーズンも目立った成績は残していないが、イボ・カルロビッチやホアオ・ソウサといった実力者に勝っている。 

2014年にはゲリー・ウェバーOPの決勝まで進出し、フェデラーに敗れている。