あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全米OP2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

バドミントン  3/11~女子単バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  3/11~女子複バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

テニス     3/6~デビスカップ2020 日本VSエクアドル 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送(ファイナル予選)

卓球      3/3~カタール・オープン2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      3/3~カタール・オープン2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

速報12/13クイーンズ駅伝2015 女子実業団ナンバー1は!?

放送日時:12月13日(日)11:50~(TBS)

連覇を狙うダイソー、前田彩里、木崎良子の二大エースを擁するダイハツ、西良、森など有力選手を抱えるヤマダ電機など、注目チームが多数参戦するクイーンズ駅伝2015。はたして、2015年の最強女王となるのはどのチームなのでしょうか!?

結果

f:id:akatsuki_18:20151213144952g:plain

※以上が来年のシードチーム

f:id:akatsuki_18:20151213150140g:plain

f:id:akatsuki_18:20151213150150g:plain

☆12/13クイーンズ駅伝2015 出場チーム、放送、コースなどを掲載!→こちら

スポンサーリンク 

   

速報

間もなくスタートになります。スタート地点では、力強い和太鼓が鳴り響いています。ダイハツは前田彩里が欠場です。

注目チームのラインナップ

デンソー:光延・小泉・高島・ワイリム・水口・橋本

ダイハツ:坂井田・竹本・松田・樋口・木崎・中島

ヤマダ電機:竹地・渋谷・西原・筒井・石井・森

ユニバーサル:後藤・木村・永尾・ワンジュグ・和久・中村

1区

第1区は7㎞です。2㎞過ぎからアップダウンが始まります。

スタートしました。各ランナーが勢いよく飛び出していきます。

選手達は横一線で走っています。

1㎞を3分11秒で集団が走っています。

2㎞過ぎで登りこう配にさしかかっています。ホクレンの宮内が先頭で走っています。

現在22チーム一丸となっていますが、集団がやや縦長になり始めました。3㎞を過ぎています。

4㎞手前で、4チームが遅れています。日本郵政、ワコール、シスメックス、シードチームのユニクロが先頭集団についていけません。

再び前の18チームの集団は、横一線となっています。

さらに5㎞過ぎ、ルートインホテルズなど3チームが先頭から遅れ始めました。

有力チームのデンソー、ヤマダ電機、ユニバーサルなどは先頭集団で走っています。
デンソーの光延が5,5㎞でスパートをかけました!

デンソーの光延に対して、ユニバーサルの後藤が追走しています。さらに3位集団は10チームほどです。

デンソーの光延が素晴らしいスパートをかけてます。2位争いはダイハツの坂井田になり、3位がユニバーサルの後藤です。

ゴール前で坂井田がまくりました!

1位:ダイハツ(22:10)

2位:デンソー(1秒差)

3位:ユニバーサル(2秒差)

4位:積水化学(8秒差)

5位:ヤマダ電機

6位:三井住友

7位:パナソニック

8位:天満屋

9位:しまむら

10位:ノーリツ

2区

2区は3,9㎞。スピード勝負になり、エースが集まる3区につなぎます。

先頭は3強、デンソー、ユニバーサル、ダイハツの3選手で争っています。

4位集団は豊田自動織機、三井住友、ヤマダ電機など5チームです。豊田自動織機の福田は早くも9人抜きです。

九電工、第一生命などシードチームが遅れています。

ユニバーサルの木村、ダイハツの竹本、デンソーの小泉の三つ巴の争いです。前評判の高かった3強の争いになっています。

2㎞過ぎで小泉が力走、ユニバーサルの木村が続くも、ダイハツの竹本が少し遅れています。

デンソーの小泉がスピードを上げ、2位のユニバーサル、3位の竹本と差をつけています。

デンソーの小泉が見事な快走を見せました!

1位:デンソー(34:11)

2位:ユニバーサル(14秒差)

3位:ダイハツ(17秒差)

4位:ヤマダ電機(21秒差)

5位:パナソニック

6位:積水化学

7位:豊田自動織機

8位:しまむら

3区

3区はエース区間、10,9㎞です。

1位はデンソーの高島が順調に走っています。2位争いでユニバーサル、ダイハツになっています。

注目の17位のワコールは福士、21位で日本郵政の鈴木がたすきを受けています。

高島が3㎞を9分20秒ほどで通過。安定感のある走りです。

2位はダイハツの松田、ユニバーサルの永尾が争っています。

先頭のデンソー高島は、2位との差を広げています。

4位集団は豊田自動織機、積水化学、パナソニック、ヤマダ電機です。

先頭のデンソー高島が5kmを通過しています。

2位グループはダイハツ、ユニバーサルの争いが続いています。しかし、ダイハツの松田がややリードを広げました。そして、4位集団の6チームが3位のユニバーサルに迫っています。

デンソーが独走状態に入りつつあります。

2位争いはヤマダ電機の西原が抜け出しました。3位はダイハツ、4位は第一生命となっています。5位が積水化学、ユニバーサルの永尾は10位まで落ちしまいました。

残り2㎞で高島がギアをあげてスパートしています。
1位:デンソー(1:08:41)

2位:ヤマダ電機(58秒差)

3位:第一生命(1分2秒差)11人抜き

4位:九電工

5位:積水化学

6位:ホクレン

7位:ダイハツ

8位:豊田自動織機

11位:ユニバーサル(1分31位秒差)

4区

4区は3,6㎞。最短区間です。また外国人選手が走れる区間です。

1位のデンソーはワイリムです。

2位は九電工のチェピエゴ、3位は豊田自動織機のカリンジとなっています。

1位:デンソー(1:20:01)

2位:九電工(41秒差)

3位:積水化学(1分14秒差)

4位:豊田自動織機(1分18秒差)

5位:ユニバーサル(1分20秒差)

6位:第一生命

7位:ホクレン

8位:ヤマダ電機

10位:ダイハツ(1分45秒差)

5区

5区は10㎞。勝負の準エース区間です。

1位のデンソーの水口は、やや抑え気味で序盤を走っています。

2位の九電工は宮崎が落ち着いて走っています。

3位集団は4チーム、ユニバーサルの和久、豊田自動織機、積水化学、第一生命となっています。

5㎞を通過も、デンソーの独走が続きます。ただ、水口のスピードが上がらない状況です。

7㎞地点で豊田自動織機の横江が、2位の九電工の宮崎をかわしました。

8㎞過ぎ、デンソーの水口がのぼりでスピードを上げました。2位の50秒ほどの差をつけています。

1位:デンソー(1:52:56)

2位:豊田自動織機(38秒差)

3位:九電工(55秒差)

4位:ユニバーサル(1分1秒差)

5位:ヤマダ電機(1分19秒差)

6位:第一生命

7位:積水化学

8位:天満屋

6区

6区はアンカー区間、6,795㎞です。

1位はデンソーの橋本、2位は豊田自動織機の林田、3位は九電工足達とユニバーサル中村の争いです。

5位集団は積水化学、第一生命、ヤマダ電機、天満屋となっています。

デンソーのアンカー・橋本が力走。強いデンソーの走りを見せています。3連覇が近づいてます。

先頭のデンソー・橋本は危なげない走りです。5区までの貯金を活かし、さらに差を広げました。

2位の豊田自動織機に、3位のユニバーサルの中村が追い上げています。

残り1㎞で橋本が帽子を投げ捨てました。大会記録を狙える状況です。

1位のデンソー・橋本が競技場のトラックに入ってきました。大幅に大会記録を更新して、デンソーが3連覇達成です!

2位は豊田自動織機

3位はユニバーサル

区間賞

f:id:akatsuki_18:20151213150844g:plain

スポンサーリンク

   

f:id:akatsuki_18:20151208202604g:plain

f:id:akatsuki_18:20151208202617g:plain