あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
アントワープ2020→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

卓球      卓球女子Tリーグ日程2020-2021

テニス     10/12~サンクトペテルブルク・オープン2020 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     10/19~アントワープ ヨーロピアン・オープン2020 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     速報 アントワープ ヨーロピアン・オープン2020・1回戦 錦織圭VSアンドゥハル

テニス     10/26~エルステバンク・オープン 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     11/2~パリ・マスターズ2020 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     11/9~ソフィア・オープン2020 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

バドミントン  速報10/18女子単バドミントン・デンマーク・オープン2020 決勝 奥原VSマリン

バドミントン  速報10/18女子複バドミントン・デンマーク・オープン2020 決勝 福島廣田VS松本永原

バドミントン  10/13~男子単バドミントン・デンマーク・オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  10/13~女子単バドミントン・デンマーク・オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  10/13~女子複バドミントン・デンマーク・オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  10/13~男子複バドミントン・デンマーク・オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  10/13~混合複バドミントン・デンマーク・オープン2020 試合結果、組み合わせ

卓球      10/18明治大学卓球部90周年記念事業 ドリームゲーム OBオールスターVS現役大学生 試合結果、出場選手

卓球      Tリーグ選抜VS高校3年生 卓球ドリームマッチ 試合結果、出場選手、テレビ放送(未来応援プロジェクト)

卓球      速報 日本生命レッドエルフVS木下アビエル神奈川(2020-2021)

卓球      11/8~ワールドカップ2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      11/13~ワールドカップ2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      11/19~卓球ワールドツアーグランドファイナル2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、出場選手

卓球      11/19~卓球ワールドツアーグランドファイナル2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

12月29日世界最速2階級制覇の井上尚弥が、パレナスと初防衛戦!(放送日時・WBO世界スーパーフライ級)

将来、日本のボクシング界に、最強王者として名を刻む可能性を秘めている井上尚弥。世界最速での2階級制覇を達成している井上ですが、12月29日には初防衛戦を行います。このページでは、井上、パレナスの選手名鑑を掲載しています!

井上尚弥

f:id:akatsuki_18:20151223142632g:plain

放送日時:12月29日(火) 19:00~20:57 (フジテレビ)

神奈川県座間市出身 

163cm/リーチは170cm

1993年4月10日(2015年時で22歳)

所属:大橋ボクシングジム 

第33代WBC世界ライトフライ級王者 

第17代WBO世界スーパーフライ級王者

※世界最速での2階級制覇 

スタイル:右ボクサーファイター 

プロ戦績:8戦8勝0敗7KO

アマチュア戦績:81戦75勝6敗48KO

アマチュア時代は、プロボクサーだった父親・真吾が運営していたた井上ボクシングジムで練習を積む。

本職・塗装工の父親との親子鷹・親子二人三脚は有名で、メディアにも取り上げられている。 

弟の拓真もボクサーである。

ボクシングを始めたのは小学校1年時。

中3の時には、第1回全国U-15大会で優秀賞を獲得。

高校時代には、1年生でインターハイ・国体・選抜を制して3冠を達成。

2年生になると、世界ユース選手権ベスト16、全日本アマチュア選手権で準優勝。

3年時には、インドネシア大統領杯で優勝、高校生初のアマチュア7冠を達成している。

2012年にはロンドン五輪出場をかけて、アジア選手権に出場。しかし、決勝で地元のビルジャン・ジャキポフ(カザフスタン)に判定負け(11-16)を喫して、出場を逃している。

2012年には、大橋ジムに入門。契約では「強い選手と戦い、弱い選手とは戦わない」という条件を付けている。 

2012年の10月には、OPBF東洋太平洋ミニマム級7位・クリソン・オマヤオ(フィリピン)と対戦。2度のダウンを奪うなど、4回KO勝利をはたした。

2013年8月には、田口良一(ワタナベ)と対戦。判定勝利をおさめて、日本王座を獲得した。4戦目での獲得は、辰吉以来最短タイ記録だった。

2013年の12月には、ヘルソン・マンシオ(フィリピン)と対戦。5回TKO勝利をおさめ、東洋太平洋王座を獲得した。

2014年には、WBC世界ライトフライ級王者アドリアン・エルナンデス(メキシコ)と対戦した。試合は、井上が6回にTKO勝利。日本人最速、プロ6戦目での世界王座獲得となった。

WBC世界ライトフライ級王者は1度の防衛後、スーパーフライ級に転向するため、返上している。

2014年12月には、WBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)と対戦。ナルバエスは世界王者を27回も防衛している、世界的な王者だった。初回に2回、2回にも2回のダウンを奪い、KO勝利をおさめた。この結果、世界最速での2階級制覇の記録を更新(井上は8戦目で達成・それまでは、ポール・ウェアーの9戦目が最速)。

この試合では、ボクシング・シーン・ドットコムの年間MVPにも選出されている。 なお、井上のあまりの強さに、ナルバエス陣営が井上のグローブに鉛が仕込んであるのではないかと、クレームをつけた。大橋会長がその場で、グローブをはずして見せると、「グレートなニューチャンプだ!」と声が返ってきた。 しかし、井上はこの試合で拳を痛めて、しばらく試合から遠ざかった。

2015年の12月29日は、WBO世界スーパーフライ級1位の指名挑戦者ワーリト・パレナス(フィリピン)との初防衛戦が控えている。  

f:id:akatsuki_18:20151223142950g:plain

2015年に相模原青陵高校の同級生と結婚している。

Wham!の「Freedom」を入場曲にしている。

金メダリスト・村田諒太と合宿で同部屋だったことがあり、弟のようにかわいがられている。

秀でた才能、真面目な人柄が愛されて、多くのボクサーから慕われている。

2歳の時に、補助輪なしで自転車に乗っていた(と言われている)。

父親の真吾は、10代半ばで塗装業をしながら、24歳でアマチュアのボクシングに立っている。井上尚弥に対しては、小学生の頃には、徹底して防御の基礎練習を施した(ダメージを受けないため)。

日本人最強のボクサーとなる可能性も秘めるほど、現在は強さが際立っている。

スポンサーリンク

   

ワーリト・パレナス

フィリピン出身 

168㎝(リーチは165cm)

1983年7月10日生まれ(2015年で32歳)

スタイル:オーソドックス

プロ戦績:31戦24勝6敗1分21KO

本名:ワーリト・グレゴリオ・パレナス・ジュニア

別のリングネーム:ウォーズ・カツマタ

日本では勝又ボクシングジムに所属して活動していた。

2007年にプロデビュー

2011年に来日して、勝又ジムに所属。

2012年にフィリピンに帰国している。

2014年にWBOオリエンタルスーパーフライ級王座を獲得。

2015年には、WBO世界スーパーフライ級暫定王座決定戦を行い、デビッド・カルモナと対戦するも、判定負けを喫している。 

☆ボクシング トップページ
☆2015年12月末(大晦日)のボクシング 井上、内山、井岡らの世界戦の放送予定は!?→こちら

スポンサーリンク