あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


10/4~卓球・ポーランドOP2017

GO Kei! 10/8~上海マスターズ2017

10/6~世界ミックスカーリング選手権2017

akatsuki18.comにブログを移転しました。
スイス・インドア20172017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     10/23~スイス・インドア2017 ドロー、組み合わせ、試合結果

速報      10/6楽天ジャパンオープン2017 準々決勝 杉田祐一VSアドリアン・マナリノ

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 試合結果、出場選手 伊藤美誠が参戦!

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 組み合わせ

カーリング   10/6~世界ミックスカーリング選手権2017 試合結果、日程 高校生が世界に挑む!

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

速報11/28 江藤光喜VSカルロス・クアドラス(WBC世界S・フライ級タイトルマッチ)

具志堅の愛弟子・江藤光喜が、無敗の強豪カルロス・クアドラスに挑むWBC世界S・フライ級タイトルマッチ。共に高いKO率を誇り、好戦的なファイトスタイルなため、熱戦が期待されます。はたして、勝者はどちらになるんでしょうか!?

☆11/28具志堅の弟子・江藤光喜が、無敗の王者クアドラスに挑む! 選手名鑑
☆ボクシング情報→トップページ

スポンサーリンク

   

速報

34戦無敗の王者クアドラスに、江藤が挑みます。江藤が勝つと、23年ぶりの沖縄の王者になります。

第1R:ゴングがなります…クアドラスが手数を出しています。クアドラスがガードの上から、強いパンチを放ってきます。江藤は距離を置きながら、左ジャブを見せています。終盤、クアドラスがパンチのコンビネーションを見せました。

第2R:このラウンドも手数はクアドラスがかなり上回っています。江藤がクアドラスをコーナーに詰めるも、うまく入れ替わります。クアドラスが右あストレートを当て、江藤を止めると、さらに猛ラッシュを見せました。江藤、やや不用意でした。

第3R:江藤も強いパンチを出し始めています。クアドラスは下から、集中打を積極的に出していきます。江藤の左フックがカウンターで当たりました。両者、アグレッシブさが出てきています。

第4R:江藤がじりじり前に出るも、クアドラスがフットワークを使っています。1分過ぎ、互いに打ち合いになります。クアドラスは距離感をうまく使い、接近、離れた距離をうまく使い分けています。終盤、クアドラスのフックが当たりました。

この時点で、三者40-36でクアドラス優勢。

第5R:江藤のボディが、クアドラスに効きました。クアドラスはアウトボクシングです。江藤は前に出て、プレッシャーをかけています。

第6R:序盤、江藤の右カウンターのストレート。クアドラスが連打を放つも、江藤が顔にパンチを合わせます。江藤の右ボディ。江藤のパンチも当たるようになっています。接近からの打ち合いが増えています。

第7R:江藤の右がテンプルをとらえます。試合の展開は江藤が距離を詰め、クアドラスが足を使う展開です。さらに、クアドラスがガードの上からでも、集中打を見せてきます。江藤の右ストレートが伸びます。

第8R:江藤がじりじりと距離を詰め、パンチを出すも、空を切ることも多くなっています。クアドラスは下がりながら、手数を出してきます。クアドラスがリズミカルなフットワークを見せます。終盤、クアドラスがガードの上から、集中打で手数を稼ぎます。

この時点の判定は78-74、79-73、79-73でクアドラス優勢。

第9R:この時点で、江藤はKO勝利を狙う必要がでました。江藤が前に出て、攻勢。強いパンチを放っていきます。しかし、クアドラスも下がりながら、有効打を当ててきます。江藤がロープに詰めるも、右フックカウンター。江藤の動きが止まり、クアドラスの驚異的な連打。しかし、江藤が何とかしのぎました。

第10R:江藤の左強打。クアドラスの出鼻の右フック。江藤のボディに、クアドラスが嫌がっています。激しい打ち合いが、しばしば演じられます。江藤の右カウンター。江藤のパンチもヒットしています。クアドラスは手数からの攻め、江藤は強打狙いです。

第11R:ロープ際、クアドラスはクリンチ。ポイントで優位のクアドラスは、完全なアウトボクシングです。江藤が追うも、距離が遠い展開です。なかなか、江藤がパンチが出せません。隙を見てクアドラスが連打を見せるも、江藤のボディで動きを止めます

第12R:クアドラスのアシの動きは止まりません…完全に逃げ切りの体制です。江藤がなかなか強いパンチが放てません。終盤、近づいた江藤に、クアドラスがカウンターを当てました。江藤のパンチは空を切りました。

117-111、117-111、116-112でクアドラスの判定勝利です。

 スポンサーリンク

   

f:id:akatsuki_18:20151126181344g:plain

f:id:akatsuki_18:20151126181358g:plain