あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

11/28具志堅の弟子・江藤光喜が、無敗の王者クアドラスに挑む! 選手名鑑

11月28日にWBC世界S・フライ級タイトルマッチに挑む江藤光喜。具志堅ジム所属とあって、注目も集まっています。対するは無敗、KO率70%を超えるカルロス・クアドラスになります。→試合速報

江藤光喜(えとう こうき)

f:id:akatsuki_18:20151126164046g:plain

沖縄県国頭郡出身 

172㎝

1988年2月8日生まれ 

右ボクサースタイル(オーソドックス) 

通算成績:21試合17勝3敗1分(13KO) 

所属:白井・具志堅スポーツジム 

江藤三兄弟の長男(弟2人もボクサー) 

弟と共にラーメン屋で働きながら、ボクシングをやっている。

最初にボクシングを始めたのは弟だった。その活躍を見て、高校からボクシングを始めた。 

2008年のプロデビュー戦は、1回KO勝ちで飾っている。 

その後、メキシコ、タイなどの遠征を経験。

2013年8月のタイで、WBA世界フライ級暫定王者ポープラムックに挑戦。アウェーかつ、熱中症の症状もあり苦戦を強いられた江藤だった。しかし、残り時間20秒で勝負をかけて、左右のフックでダウンを奪い、判定で勝利をおさめて王者となった。 

1994年のジム創設初の王者に具志堅会長も「こんなにうれしいことはない、涙がでそう」と喜んだ。 

また、Asian Boxingというウェブサイトでは、真の年間最高試合候補と評価されるなど、高い評価を受けた。 

しかし、日本では亀田和毅の世界初挑戦の影響などもあり、注目度は低かった(出発時には報道陣は1人だけたった)。

ちなみに、日本人のタイでの世界戦は、過去17敗1分となっており、大きな1勝と言える。

2013年11月にWBA世界フライ級12位のセンテープと対戦。江藤は初回に眼窩底骨折を喫するなど苦戦を強いられ、12回TKO負けとなり、王者陥落となった。 

2014年にOPBF東洋太平洋フライ級王座決定戦で、再起戦となる。対戦相手はフィリピン・ディアレ。江藤は序盤から劣勢で、7回までに4度のダウンを喫している。江藤陣営はタオル投入も考えるが、8回に反撃に打って出て、逆に3回のダウンを奪ってKO勝利を飾った。しかし、江藤のダメージは大きく、病院直行となった。その後、このタイトルで2度の防衛に成功している。

今回の世界戦では、江藤はフライ級から1階級を上げての挑戦となる。

長身を活かした右ストレートが武器だが、返しの左フックも得意である。

共に好戦的なスタイルだけに、序盤から激戦になる可能性もあるが……どのような入りとなるか、注目となる。

江藤としては、リーチを活かし、有利な距離で戦うことが重要となるだろう。

スポンサーリンク

   

カルロス・クアドラス

f:id:akatsuki_18:20151126164544g:plain

メキシコ出身 

164㎝/リーチは167㎝ 

スタイル:ボクサーファイター 

プロ成績:34戦33勝0敗1分(26KO) 

アマチュア戦績:160戦140勝20敗 

第25代WBC世界スーパーフライ級王座 

帝拳ジムが、マッチメイクで一部関わっている。 

日本での対戦も豊富なボクサーである。 

2014年にシーサケット・ソー・ルンヴィサイに判定勝利して、王座獲得に成功した。その後、4度の防衛をはたしている。

万能型のファイターで、攻守に優れ、反応も良く、堅実な試合運びも得意。それでいて、隙があれば、一気に畳み掛ける力強さも持つ。 

ボディ打ちもうまいので、接近戦でも注意が必要。 

軽量級ながら、KO率は70%を超える。 

クアドラスの姉の名前は、「グシケン」と名付けられている。父親が、具志堅の大ファンだった。 

☆ボクシング情報→トップページ

スポンサーリンク