あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


1/13~ジャンプ女子・第8戦

GO Kei! 2018スケジュール掲載!

1/15~全日本卓球2018

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
全豪OP2018→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     1/22~ニューポート・ビーチ2018 ドロー、組み合わせ、試合結果、出場選手

速報      1/13ジャンプ女子W杯2017 第8戦

バドミントン  1/16~マレーシア2018・女子シングルス 試合結果、出場選手

バドミントン  1/16~マレーシア2018・女子ダブルス 試合結果、出場選手

卓球      1/15-全日本卓球2018 女子シングルス

卓球      1/15-全日本卓球2018 男子シングルス

卓球      1/15-全日本卓球2018 ダブルス

カーリング   11/2~女子 パシフィック・アジア2017 LS北見が出場!

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

ゲリー・ウェバーOP2015 錦織の決勝は、進撃の大巨人カルロビッチVS昨年、優勝のフェデラーとの勝者と対戦!

ゲリー・ウェバー・オープン2015は4強が出そろいました! 錦織の反対の山では、前大会のチャンピオン、ロジャー・フェデラーが名を連ねています。そして、そのフェデラーと対するは2m11㎝の長身、真のビックサーバーであるイボ・カルロビッチとなります。このページでは選手名鑑を掲載しています!。

2016年9月カルロビッチの記事を更新

スポンサーリンク

 

イボ・カルロビッチ

f:id:akatsuki_18:20160904131138g:plain

 si.robi

クロアチア出身 

1979年2月28日生まれ 

211㎝/104㎏ 

右利き・片手打ち 

現在、ランキングは23位(最高は14位) 

今季の成績は24勝16敗 

ツアーシングルス8勝(すべて250) 

父親は気象予報士、母親は農業を営んでおり、6歳からテニスを始めた。 

2000年にプロ転向 

203位だったカルロビッチは、2003年のウィンブルドンでは予選から勝ち上がり、第1シードで前年度優勝者のヒューイットと対戦。見事に勝利して、大金星を挙げ、世間を驚かせた。

210㎝を超す長身から放たれるサーブは、最速で251キロを記録したこともあり、一時は世界最速だった。このスピードに、角度が加わることで、最強のサービス力を保持していた時期もある。現在も、強力なビックサーバーの一人である。 

現在のエース数は10000本を超えている(史上3人目)。 

ストローク力もないわけではなく、上から押し込むフォア、滑るスライスは長身と相まって、角度がついたくせ球となる。 

長身で体重もあるため、近年は故障も多い。

37歳5ヶ月で優勝しており、歴代2位の最年長記録を持っている。

2014年はツアー1位となるサービスエース数1185本、ファーストサービスポイント率84%を達成。サービスゲーム勝率93%、ブレークポイントセーブ率72%は2位など、サービス関連で上位に名を連ねた。

2015年はデルレイビーチ国際テニスで優勝している。 ゲリー・ウェバー・オープンでは、準々決勝で世界ランク6位のトマシュ・ベルディヒを撃破した。また、2015年は、ノバク・ジョコビッチを破っている4人のうちの1人となった。

2016年は、チリッチ、トミックなどの強豪を破っている。全米OP2016では、4回戦で錦織と対戦する。1回戦では、(記録が残る)1991年以降最多となる61本のサービスエースを記録した。

対戦成績は、錦織の1勝2敗。 

スポンサーリンク

 

ロジャー・フェデラー

スイス出身 

現在ランキングは2位 

今季の成績:31勝6敗

2015年、33歳のフェデラーは、試合数をセーブしながら安定した成績を残している。

グランドスラム17勝、全米、ウィンブルドンは5連覇、生涯グランドスラムも達成している。まさに、名実共に最強の時代を築いたフェデラーだが、今季はジョコビッチの後塵に拝している。

ゲリー・ウェバー・オープンに限って言えば、4連覇を含む、7勝を挙げている。また、大会主催者と生涯出場確約を結んでいるとされている。

2015年の6月現在、すでにツアー3勝を挙げている。 

その中の勝利にはジョコビッチに勝った試合もあるが、マスターズの大会では2度決勝で敗れている。

☆フェデラーをもっと知りたい方は「フェデラーの若かりし頃の言葉」→こちら
☆トップ10選手名鑑→こちら