あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2019スケジュール
全豪OP2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     1/14~全豪OP2019 ドロー、組み合わせ、試合結果、テレビ放送 錦織の新シーズンが開幕!

カーリング   2018-2019 LS北見の大会スケジュール・日程

速報      1/20全日本卓球2019・女子シングルス 準決勝 伊藤美誠VS早田ひな

速報      1/20マレーシア2019・決勝 福島由紀・廣田彩花VSポリイ・ラハユ(バドミントン・女子ダブルス)

カーリング   1/8~女子カーリング カナダOP 試合結果、日程 日本からLS北見参戦

カーリング   12/11~女子カーリング ブースト・ナショナル2018 結果、日程 LS北見、北海道銀行が出場(Boost National)

バトミントン  2018年度の大会スケジュール・日程

速報      1/19全日本卓球2019・女子複 準決勝 伊藤美誠,早田ひなVS佐藤瞳,橋本帆乃香(ダブルス)

速報      速報1/19全日本卓球2019・男子複 準決勝 水谷隼,大島祐哉VS張本智和,木造勇人(ダブルス)

卓球      1/14~全日本卓球2019・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      1/14~全日本卓球2019・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      1/14~全日本卓球2019・ダブルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  1/22~男子単バドミントン インドネシア・マスターズ2019 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  1/22~女子単バドミントン インドネシア・マスターズ2019 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  1/22~女子複バドミントン インドネシア・マスターズ2019 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  1/15~バドミントン・マレーシア2019 女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  1/15~バドミントン・マレーシア2019 女子ダブルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  1/15~バドミントン・マレーシア2019 男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

NBAファイナル2015をレポート! カリー、グリーン、トンプソン、生え抜き中心で制した素晴らしい勝利! ウォーリアーズVSキャバリアーズ

NBAファイナルの第6戦が行われ、ウォーリアーズが勝利。この結果、4勝2敗で見事に優勝をはたしました。 ファイナル第6戦のスターターを見ると、イグドラ以外の実に4人が、ウォーリアーズ生え抜きの選手達でした。そして、ウォーリアーズを率いたスティーブ・カーの積極的にシュートを放つというチームスピリッツを貫いた勝利でもありました!

※第1戦から第6戦までの速報のページは、一番下から移動できます。

   

f:id:akatsuki_18:20150618073524g:plain

第1戦キャバリーアズ100-108ウォーリアーズ

第1戦は地元の利を生かし、伏兵、スペイツなども活躍。OTにもつれるも、カリーの活躍もあって見事な勝利となります。

第2戦キャバリーアズ95-93ウォーリアーズ

第2戦は、キャバリアーズがディレイゲーム(遅い攻撃)でウォーリーアズのアップテンポな攻撃を封じます。リバウンド力で勝るキャバリアーズはその強みを生かしました。さらに、レブロンは素晴らしい活躍。デラベドバはハッスルプレーに加え、カリーを完ぺきに抑え込みます。カリーは3Pをほとんどはずし、パスのチョイスが増えて、積極性を失いました。雲行きが怪しい敗戦となりました。

第3戦キャバリーアズ96-91ウォーリアーズ

第3戦も試合の流れはキャバリアーズ。カリーの不調は続き、一方のレブロンは大爆発。一方的な展開になるも、終盤にカリーが復調。開き直って3Pを放って得点を重ね、希望の光が見えました。

第4戦キャバリーアズ82-103ウォーリアーズ

第4戦は、ファイナルを決めた1戦だと個人的には思っています。連戦からの疲れか、第3戦の最後に足を痛めたそぶりもあったのが気になりましたが、レブロンの勢いがストップ。20得点に終わり、ウォーリアーズはカリーが復調。イグドラ、グリーンも得点を重ね、まさに総合力の勝利となります。アップテンポのウォーリアーズの試合が復活できたのも大きい勝利となりました。

第5戦キャバリーアズ91-104ウォーリアーズ

2勝2敗の5部となった第5戦。途中までは互角の展開も、ウォーリアーズは第3Q終盤から得意の3P攻勢。カリーが37得点をあげ、MVPのプレーを見せました。一方のレブロンも40得点を含むトリプルダブルで孤軍奮闘も、ウォーリアーズのチーム力の前に敗れました。

第6戦キャバリーアズ97-105ウォーリアーズ

第6戦は、もうウォーリアーズの流れを止めることができませんでした。レブロンは相変わらず大活躍の32得点、18リバウンド、9アシストも、ウォーリアーズはカリー、イグドラが25得点、グリーンは16得点を含むトリプルダブルを記録。まさに、選手層の差が勝敗を分けたファイナルとなりました。カリーは見事にチャンピオンと年間MVPを獲得。イグドラはファイナル初の、レギュラーシーズン完全控えから、MVPに選ばれる快挙。まさに、チーム の名の通り、ゴールデンステイト・ウォーリアーズが黄金時代を迎えました。

カーの手腕が光り、選手層の厚さが勝敗を分け、カリーの不調からの復活があり……まさに、ウォーリアーズのファイナルになりました。

一方のレブロンは、第4戦以外、ほとんどの試合で30得点以上を決めて、トリプルダブル級の活躍。誰も、彼を攻める人はいないでしょう。ラブ、アービングという中心選手が欠けた中、勝利を目指して、責任感あるプレーを見せた彼の姿は、感動的でした。来シーズン、3人そろってプレーオフを迎えてほしいものです。

ファイナルの速報 第6戦