あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

激闘王・八重樫東が5月1日に、再起戦に挑む! 対戦相手はソンセーンレック・ポスワンジム!

5月1日(金)にフジテレビ系列で21時~22時52分、八重樫東の再起戦、三浦隆司の4度目のフェザー級王者防衛戦、金メダリスト・村田諒太の世界ランカーとの初対戦が放送されます。このページでは、激闘王と呼ばれ、スーパーフライ級に初挑戦となる八重樫東について書いています。

☆ロンドン五輪金メダリスト・ 村田諒太の初の世界ランカー戦→こちら
☆王者・三浦隆司が4度目の防衛戦。相手はナイスガイの元王者ビリー・ディブ→こちら

   

八重樫東(やえがし あきら)

ay20140416.JPG

出典:http://boxing-onepunch.blog.so-net.ne.jp/ 

岩手県出身 

1983年2月25日生まれ 

第20代WBA世界ミニマム級王者 

第40代WBC世界フライ級王者 

プロ戦績:25戦20勝(10KO)5敗 

所属:大橋ボクシングジム 

162㎝

リーチは161cm 

アマチュア戦績:70戦(15KO)14敗 

ニックネーム:激闘王・音速の拳 

2005年にプロデビュー 

2011年に ポンサワン・ポープラムック(タイ)に10回TKO勝利。WBA世界ミニマム級王者を獲得。試合内容は序盤から激しく打ち合う展開だった。八重樫は「試合が終わるまでは怖かったが、子供たちのおかげでがんばれた」と語った。この試合は、WBAの年間賞「最も劇的な試合」に選出されたのをはじめ、多くの記者がその年の最高の試合だと評価している名勝負となった。 

2012年に世界ミニマム級WBA・WBCの団体統一王座戦を、井岡一翔と行うも、0-3の判定負けを喫した。 

2013年には階級を上げて、WBC世界フライ級王者五十嵐俊幸と対戦。判定勝ちをおさめ、王座を獲得した。 

2014年には元2階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)と対戦。9回TKO負けとなり、4度目の王座防衛に失敗した。 

2010年に大橋会長から引退勧告を受けたのをきっかけに、アウトボクシングから極端なインファイターに転向した。 

最大酸素摂取量がきわめて高く、全身持久力に優れる反面、乳酸値がたまりやすく疲労のピークがきやすいという弱点がある。そのため、肉体改造に取り組んでいる。 

2010年に結婚した。

ソンセーンレック・ポスワンジム

タイ出身 

29戦18勝(5KO)11敗 

2013年に来日し、カルロス・クアドラスと大田区総合体育館で対戦、2回TKO負けを喫している。