あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


10/4~卓球・ポーランドOP2017

GO Kei! 10/8~上海マスターズ2017

10/6~世界ミックスカーリング選手権2017

akatsuki18.comにブログを移転しました。
スイス・インドア20172017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     10/23~スイス・インドア2017 ドロー、組み合わせ、試合結果

速報      10/6楽天ジャパンオープン2017 準々決勝 杉田祐一VSアドリアン・マナリノ

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 試合結果、出場選手 伊藤美誠が参戦!

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 組み合わせ

カーリング   10/6~世界ミックスカーリング選手権2017 試合結果、日程 高校生が世界に挑む!

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

5月1日世界王者の三浦隆司が4度目の防衛戦! 相手はナイスガイの元王者・ビリー・ディブ!

5月1日(金)21:00~22:52分、フジテレビ系列で試合が放送されます。WBC世界スーパーフェザー級チャンピオンの三浦隆司は、2階級制覇をもくろむビリー・ディブ(オーストラリア)の挑戦を受けます。

一方、八重樫東はスーパーフライ級に階級を上げて、ソンセーンレック・ポスワンジム(タイ) と世界王者に向けた再起戦を行います。このほか、金メダリストの村田諒太は、ダグラス・ダミアオ・アタイデと初の世界ランカー戦に挑みます!

☆村田諒太、ダグラス・ダミアオ・アタイデの詳しい情報は…→こちらです!

三浦隆司

出典:http://yaplog.jp/ksbox/

出典:http://blog.goo.ne.jp/kedamawainu 

秋田県出身 

1984年5月14日生まれ 

プロ戦績:32戦28勝 (21KO) 2敗2分 

169㎝ 

リーチは176㎝ 

所属:帝拳ボクシングジム 

第33代WBC世界スーパーフェザー級王者 

ニックネームはボンバーレフト 

アマチュア戦績は40戦34勝 

2003年にプロに転向 

当時所属していたジムの会長には、サウスポーであり、パワーもあって、プロ向きの選手と評価を受けた 

2009年に日本スーパーフェザー級王者を獲得 

2013年にWBC世界スーパーフェザー級王者ガマリエル・ディアスに挑戦。9回に強烈な左ストレートでKOした。

現在は3回の防衛に成功している。

好戦的なファイトスタイル、左ストレートには絶対的な自信を持つ。

 

 ビリー・ディブ

出典:http://adamsantarossa.blogspot.jp/

Boxer Billy Dibb training for his upcoming bout at Body Punch Gym, Lakemba.

出典:http://www.heraldsun.com.au

オーストラリア出身 

1985年8月17日生まれ 

第25代IBF世界フェザー級王者 

172㎝ 

リーチは172㎝ 

プロ戦績:43戦39勝(23KO)3敗 

2004年にプロデビュー 

2008年の世界初挑戦は黒星 

2011年に第25代IBF世界フェザー級王者となる 

2013年に3度目の防衛に失敗した

打ちだしたら止まらない連打が魅力のボクサー。また、手数が多く、打たれ強いボクサーで、時々トリッキーなことをする。 

体調、精神ともに万全だと語っている。また、三浦については、「良いボクサーだ。左だけではなく、右ジャブだって危険だ。すべてでAクラスだ。それに、チャンピオンになるのは、何か良いものをもっている証拠だ。偶然ではなれない。試合は、打ち合いも望むところだし、距離を持って戦うことだってできる」と語った。また、自身は王座陥落の経験をしているが、そこから「周りの状況も変わったし、色々なことがわかった。敗戦から学ぶことの大きさに気付いた」とも語っている。元世界王者のナジーム・ハメドにはあこがれもあり、親交も持っている。そして、ベルトについては、「(自身も王座陥落を経験していることから)色々な想いはわかっているつもりだ。相手が強ければ、ベルトを奪われる。それは仕方のないことさ」と話した。