あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 8/28~全米オープン2017

8/21~世界バドミントン選手権2017

ウエスタン&サザンOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     8/28~全米オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      8/19ウエスタン&サザンOP2017 準々決勝 杉田祐一VSグリゴール・ディミトロフ

速報      8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田祐一VSカレン・カチャノフ

テニス     ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果

テニス     8/13~ウエスタン&サザン・オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      甲子園・夏2017 組み合わせ・抽選会 トーナメント表、試合結果(高校野球)

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

女子バスケWリーグ JX-ENEOSが7連覇の偉業を達成! プレーオフ・ファイナルをレポート

Wリーグはプレーオフ・ファイナルも終わり、2014/2015シーズンは、JX-ENEOSサンフラワーズの優勝で幕を閉じました。圧倒的な強さと選手層を誇ったJX-ENEOSに、富士通レッドウェーブは3連敗を喫しています。来季こそ、JX-ENEOSの長期政権に終止符を打つべく、満を持してのぞでほしいと思います。

JX-ENEOSのレギュラー(渡嘉敷・間宮・吉田他)/富士通の注目選手(町田・長岡・山本)

   

 Adsc_1261

出典:http://f-redwave.cocolog-nifty.com/

プレーオフ・ファイナル第1戦→速報

JX-ENEOS77-51富士通

岡本 彩也花( おかもと さやか)

【第14回Wリーグ 各賞受賞コメント/リーダーズ・3ポイントシュートパーセンテージ部門】

出典:http://www.wjbl.org/ 

第1戦は、数字以上の一方的なゲームとなりました。富士通はインサイドのツインタワーを封じるべく、ダブルチーム、時にトリプルチームで渡嘉敷にあたります。その結果、アウトサイドの岡本のマークがはずれてしまいます。これは、戦略上、仕方のないことですが、JX-ENEOSがみっちりと練習を積んできたのが見て取れました。岡本は第1Qだけで、3本のスリーポイントを決めました。

こうなると、富士通は守備のしようがなく、オフェンスリバウンドも取られ、セカンドチャンス、サードチャンスを与え、点差が開く一方でした。守備の不調に加え、攻撃のリズムも悪く、シュートの確率も低くなりました。なすすべがない敗北、そういった印象の第1戦でした。

プレーオフ・ファイナル第2戦→速報

JX-ENEOS73-57富士通

間宮佑圭(まみや ゆか)

間宮 佑圭選手

出典:http://www.bbspirits.com/ 

1戦目はあまりに一方的だったため、富士通には2戦目は切り替えてのぞんでほしかったですが、引きずってしまったのか元気がない印象でした。一生懸命、守備をしているのですが、JX-ENEOSの黄色い軍団が、またもや襲い掛かりました。

この日は間宮が絶好調で得点を決めまくり、岡本も変わらず好調で4本のスリーポイントを決めています。一方、富士通は山本のスリーポイントがファイナルを通して絶不調で、少なからず結果に影響を与えています。篠崎、篠原もここまで目立っておらず、厳しい展開でした。

プレーオフ・ファイナル第3戦→速報

JX-ENEOS60-56富士通

第4Q、残り10秒、2点差での渡嘉敷のブロックショット

Adsc_1133

渡嘉敷 来夢 (とかしき らむ)

s-image_display

  出典:http://tsunebo.com/

吉田亜沙美

吉田 亜沙美選手

出典:http://www.bbspirits.com/ 

町田 瑠唯 (まちだ るい)

Rui_01

出典:http://f-redwave.cocolog-nifty.com/

長岡 萌映子(ながおか もえこ)

富士通#0長岡 萌映子選手

出典:http://www.bbspirits.com/

第3戦は、やっと富士通らしい試合が見れる展開でした。試合も接戦となり、緊迫感のあるこれぞファイナルという醍醐味が見れる内容となりました。この試合は、第3Qまで富士通がリードする理想的な展開。ガードの町田がスリーポイントやファストブレイクを決めるなど、オフェンス、ディフェンスで存在感を発揮していました。3戦通して頑張っていた長岡は、この日もしっかり仕事をして得点していましたし、強力なツインタワーに対しても一生懸命ディフェンスしていました。ただ、第4Q、疲労からか、重要なところでボールを失ったり、ミスが出たのはもったいなかったです。町田も長岡も若い選手ですから、この苦い経験を糧にしてほしいですね。

このほか、第1戦、2戦で目立たなかった篠崎も随所で得点を決めていました。願わくば、途中から入ったベテランに、ここぞという時に得点してほしかったです。三谷、中畑らベテランが決めると、試合が引き締まりますから…。

富士通は3戦通して、きつい時、苦しい時に決められる選手がいなかったのが敗因かもしれません。やはり、町田、長岡がそういったクラッチシューターを担うべく成長を期待したいですが、やはり、インサイドにもう1枚、強い選手がほしいですね。

第3Qまで劣勢だった、JX-ENEOS。この日は間宮が不調でした。しかし、代わりに渡嘉敷が大爆発。25得点、10リバウンド、1ブロックショット(第4Q、2点リードの場面で、町田のドライブインを見事にブロック。とどめの1撃となった)の大活躍でした。

そして、こんなに懸命に全力を尽くす選手はめったに見ないという印象のガードの吉田が勝負所で得点や素晴らしいパスを連発。第4Qの逆転の得点、60点目となるとどめの得点も吉田でした。また、宮沢も随所で得点、リバウンドで活躍、安定感を見せました。

このように、5人のレギュラーが突出して活躍したファイナルでした。JX-ENEOSの強さが際立つシーズンとなりました。来季はそんな絶対王者を破るチームが出現することに期待したいですね!

敗北を生かせるか…来季の富士通にも注目

Adsc_1158

出典:http://f-redwave.cocolog-nifty.com/

Adsc_1217

出典:http://f-redwave.cocolog-nifty.com/