あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全米OP2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

バドミントン  3/11~女子単バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  3/11~女子複バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

テニス     3/6~デビスカップ2020 日本VSエクアドル 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送(ファイナル予選)

卓球      3/3~カタール・オープン2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      3/3~カタール・オープン2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

陸上長距離・双子ランナー 村山兄弟(謙太・紘太) 選手名鑑

8月22日(土)に開幕する世界陸上2015。同日の16:00から、TBSのバースデーで放送されるのが村山兄弟です。

兄である謙太は10000mに、弟である紘太は5000mに出場します。共にモハメド・ファラーという最強の選手がいる種目ですが、兄弟での健闘が期待されます。このページでは、村山兄弟についてまとめています。

f:id:akatsuki_18:20150820115933g:plain

村山謙太

宮城県出身 

176㎝/55kg 

1993年2月23日生まれ

種目:10000m 

所属:旭化成 

記録:5000m(13分34秒53)/10000m(27分39秒95)  

高校3年生の時には、10000mで高校歴代3位の好記録を残す。 

2011年には高校選手権で、1年生時に優勝。 

駒澤大学に入学すると、2013年の全日本大学駅伝に4区で出場。5年ぶりに区間新記録を出して、優勝に貢献している。

2014年の関東選手権では、10000mの2部で優勝。1部では弟が優勝しており、兄弟で優勝をはたしたことになる。 

2014年の大学駅伝では、1区を担当。弟との対決となり、タイム差なしの同着ながら、区間賞を獲得している。 

2015年のゴールデンゲームズinのべおかの10000mで、日本歴代6位のタイムを記録した。 

トラックで力をつけながら、将来はマラソンを目指している。

   

村山紘太

宮城県出身 

174㎝/53kg 

1993年2月23日生まれ 

種目:5000m 

所属:旭化成 

記録:5000m(13分19秒62)/10000m(28分12秒31)

高校までは兄と同じ道を歩んだが、勝つために別の大学(城西大学)に入学した。 

2014年の日本選手権5000mで2位に入り、仁川アジア大会の代表になる。アジア大会では、日本人トップの5位となる。 

第91回箱根駅伝予選会では、海外留学生選手をおさえて、日本人歴代1位のタイムを樹立。 

2015年のゴールデンゲームズinのべおかの5000mでは、日本人史上6人目となる13分20秒切りを達成した。 

2015年の日本選手権で優勝したこともあり、世界陸上2015の代表に決まった。 

世界で戦うことを目標としている。

ラストスパートに強い。 

兄と同様に、マラソン挑戦も視野に入れている。 

☆世界陸上2015・全種目の放送時間・タイムテーブル→こちら
☆世界陸上2015・日本代表選手→こちら
☆世界陸上2015・注目の海外選手→こちら
☆長距離最強選手 モハメド・ファラー→こちら