あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 8/18ウエスタン&サザンOP2017 2回戦 杉田VSカチャノフ(32位)

高校野球2017 49代表校が決定!

ウエスタン&サザンOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田祐一VSカレン・カチャノフ

速報      8/17ウエスタン&サザンOP2017 2回戦 杉田祐一VSジョアン・ソウザ

テニス     ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果

テニス     8/13~ウエスタン&サザン・オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      甲子園・夏2017 組み合わせ・抽選会 トーナメント表、試合結果(高校野球)

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

世界陸上    世界陸上2017 決勝の競技日時・日程(日本時間で掲載・ロンドン大会)

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

バドミントン  女子団体・全日本実業団バドミントン2017 トーナメント・組み合わせ表

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

世界陸上 日本人歴代メダリスト 最多メダル獲得競技は? 最も多くのメダルを獲得しているのは誰!?

2015年は北京・世界陸上が8月22日に開幕します。このページでは、世界陸上における日本人の歴代メダリストを掲載しています。世界陸上で金メダルを獲得した選手や最多メダリストなど、色々なことが見える興味深いデータとなっています。

世界陸上メダリスト

f:id:akatsuki_18:20150818232945g:plain

f:id:akatsuki_18:20150818233008g:plain

f:id:akatsuki_18:20150818233015g:plain

f:id:akatsuki_18:20150818233037g:plain

f:id:akatsuki_18:20170815152217j:plain

   

世界陸上・競技別メダル獲得数

f:id:akatsuki_18:20170815153459j:plainf:id:akatsuki_18:20170815153501j:plain

世界陸上で最もメダルが多い競技は、ダントツでマラソンです。14のメダルを獲得しています。次に多い競技は、意外ですがハンマー投げです。室伏広治が一人で金、銀、銅メダル獲得の偉業を達成しています。また、近年は競歩の活躍が目立っています。4位は200mハードルで2つの銅メダルを獲得しています。

メダル獲得競技は8つと、意外に少ないのが表からわかります。短距離スプリントである200mで銅メダルを獲得している末続は、特筆すべき成績と言えるかもしれません。

五輪・世界陸上メダル獲得達成者

f:id:akatsuki_18:20150818234852g:plainf:id:akatsuki_18:20150818234901g:plainf:id:akatsuki_18:20170815152241j:plain

ちなみに、世界陸上と五輪でメダル獲得している選手となると、4人しかいません。さらに、両方の大会で金メダリストとなると、ただ一人、室伏広治だけになります。次いで、野口みずきが金メダルと銀メダル荒井広宙が銅メダルと銀メダル末続慎吾がそれぞれで銅メダルを獲得しています。 

☆世界陸上2015・全種目の放送時間・タイムテーブル→こちら
☆世界陸上2015・日本代表選手→こちら
☆世界陸上2015・注目の海外選手→こちら