あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


12/13~バドミントン・ファイナル2017

GO Kei! 2018スケジュール掲載!

12/16~ジャンプ女子W杯・団体戦!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     ブリスベン国際2018 出場選手、テレビ放送 錦織圭の復帰戦

速報      12/16ジャンプ女子W杯2017 第4戦

バドミントン  12/13~スーパーシリーズファイナルズ2017・女子シングルス 試合結果、出場選手

バドミントン  12/13~スーパーシリーズファイナルズ2017・女子ダブルス 試合結果、出場選手

速報      12/2サッカー・W杯2018 組み合わせ、抽選会

速報      11/26クイーンズ駅伝2017

卓球      11/27~卓球女子 世界ジュニア2017 試合結果、出場選手

卓球      11/22~卓球女子 スペイン・オープン2017 試合結果、出場選手

カーリング   11/2~女子 パシフィック・アジア2017 LS北見が出場!

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

W杯女子 なでしこジャパンは準優勝 セルジオ越後、カズ、岡崎、香川、アメリカ、中国など各界の感想は!?

2015年のW杯カナダ大会では、おしくも準優勝に終わったなでしこジャパン。サッカー界を始め、様々なところで、なでしこの健闘を称える言葉が聞こえきます。このページでは、各界の反応、感想などを掲載しています。

セルジオ越後

f:id:akatsuki_18:20150706180709g:plain

技術面、精神面など全体的な差があった。アメリカは厳しいグループリーグから勝ち上がったが、日本は比較すると楽な相手だった。ロイドに決められた4点目でゲームが終わってしまった。大会を通じてよくやったと思う。

今後は女子サッカーに力を入れる国も増える。ヨーロッパもそうだし、アフリカは伸びしろがある。日本は組織的に全体を底上げする必要があり、協会がどう支援していくかだろう。

参考:サッカーキング

   

三浦知良

結果は非常に残念。選手たちは本当に悔しい思いをしていると思う。(3大会で決勝に進んだことは)本当に偉業。男子だったら、とんでもないこと。すっといい夢をここまで見させていただいたので、監督、選手にありがとうございましたと言いたいですね。

岡崎慎司(日本代表)

いつも夢を与えてくれる。同じ日本代表として、見習うところが多い。本当にお疲れ様でした。4-2になったところで、いける! と思わせてくれた。そこがなでしこの力強さ。

参考:日刊スポーツ

香川真司(日本代表)

いつも勇気をありがとう。なでしこジャパンを誇りに思います。なでしこのひたむきな努力によって、みんなが勇気づけられました。

丸山桂里奈(元日本代表)

前への姿勢や、最後まであきらめない気持ちが、次につながると思います。胸をはって帰ってきてほしいです。銀メダルおめでとう!

中村憲剛(川崎フロンターレ)

何を言っても慰めにならないかもしれません。でも、W杯、五輪と3大会連続で決勝に出ることがどれだけすごいことか。皆さんの努力、想像もつきませんし、尊敬しかありません。胸をはって日本に帰ってきてほしいと思います。

鈴木良平(なでしこ初代監督)

立ち上がりに2失点を喫している間、佐々木監督は何をしていたのだろう。具体的な指示をおくらずに、ただ立ち尽くしていた印象がある。岩清水を下げ、澤を前半に投入するなど、ベスト布陣を壊してしまった。さらに、菅澤を投入したが、大儀見とタイプが似ており、二人の2トップは機能しないことは1次リーグで学んでいたのに、不可解な采配だった。

参考:Yahoo!ニュース

アメリカ記者マイケル・ルイス(取材歴40年)

40年間で比類がないほど、カーリー・ロイドのパフォーマンスは素晴らしかった。この日のロイドとアメリカを止められるチームは、地球上に存在しなかっただろう。コンディションのピークを準決勝に合わせ、決勝では無敵の強さを見せた。 もちろん、日本も称賛に値する。決して勝負を捨てない日本の粘り腰を見せた。

参考:サッカーダイジェストWeb

白鵬

あの重圧の中、よく決勝まで勝ち上がった。残念というより、よく戦ったとエールを送りたい。

中国メディア

4失点という悪夢のような立ち上がりとなった。それでも、試合を投げ出さなかった姿勢は、尊敬に値する。彼女たちの最後まであきらめない精神力は、学ぶべきものである。 決勝は敗れたが、日本は世界の強豪チームへと成長した。大会を通じたパフォーマンス、発展ぶりは称賛に値するものだ。

☆なでしこジャパン、佐々木監督、大野、川澄、宇津木ら選手のコメント→こちら