あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全米OP2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

バドミントン  3/11~女子単バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  3/11~女子複バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

テニス     3/6~デビスカップ2020 日本VSエクアドル 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送(ファイナル予選)

卓球      3/3~カタール・オープン2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      3/3~カタール・オープン2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

10/3~錦織が参戦する楽天OP2015開幕! ワウリンカら、注目の出場選手18人を紹介!

錦織にとって、ホームである日本での大会となる楽天オープン。今年も、海外からトップ選手が多数、来日します。

そのトップ選手と錦織の試合を、目の前で見るチャンスがある楽天オープンを、楽しみにされている方も多いと思います。また、錦織以外の日本選手を多く見られるのも、国内大会ならではだと思います。

このページでは、出場選手や大会概要などを紹介していきます!

楽天ジャパン・オープン・テニス選手権

f:id:akatsuki_18:20150829004525g:plain

ATP500シリーズ

会場:有明コロシアム、有明テニスの森公園

2008年までは男女共同開催だった。

主催:日本テニス協会

1972年に田園コロシアムで、第1回大会が開催されている。

試合期間:10月3日(土)~10月11日(日)

※本戦は10月5日から開始

放送:2014年はWOWWOWだが、現在は未発表。

歴代優勝者

2014年:錦織圭

2013年:フアン・マルティン・デル・ポトロ

2012年:錦織圭

2011年:アンディ・マレー

2010年:ラファエル・ナダル

2009年:J W・ツォンガ

2008年:トマシュ・ベルディヒ

2007年:ダビド・フェレール

2006年:ロジャー・フェデラー

   

出場選手&寸評

錦織圭(日本・4位)

今季はすでに3勝をマーク。安定した強さを発揮して、ランキングも4位としている。昨年度の楽天OPの優勝者。

S・ワウリンカ(スイス・5位)

f:id:akatsuki_18:20150821193311g:plain

全仏OPではジョコビッチを破って、世界を驚かす優勝をはたす。楽天OPでは昨年、伊藤竜馬に1回戦で敗退し、金星を献上している。

M・チリッチ(クロアチア・9位)

f:id:akatsuki_18:20150829004743g:plain

2014年の全米OPでは、錦織を破って四大大会、悲願の初勝利をあげた。

2015年は、シティ・オープンで、錦織が雪辱の勝利をあげている。

G・シモン(フランス・11位)

選手層の厚いフランス選手の中でも、最も高いランキングに位置する実力者。 R・ガスケ(フランス・12位)

ウィンブルドンでは存在感を示す、ベスト4進出。かつて、神童と呼ばれた天才肌。錦織が苦手としている選手の一人。

K・アンダーソン(南アフリカ・15位)

f:id:akatsuki_18:20150829004833g:plain

長身のビックサバ―。ウィンブルドンの4回戦では、フルセットに持ち込み、ジョコビッチを大いに苦戦させた。錦織は今季、アンダーソンを決勝で破って、メンフィスOPの優勝を手にしている。

G・モンフィス(フランス・16位)

スライダーマンの異名を持ち、極めて高い身体能力を擁する。陽気なプレイヤーだが、プレーでは厳しいウィナーを放ってくる。今季はフェデラーを破っている。

G・ディミトロフ(ブルガリア・17位)

トップ10から脱落し、コーチが交代するなど、調子を落としている。シャラポワの恋人だった選手としても、有名である。

F・ロペス(スペイン・18位)

サウスポーからスライスショットを繰り出し、錦織を苦しめて、今季勝利をあげている。

R・バウティスタ=アグト(スペイン・23位)

バルセロナOP決勝では、地元で悲願の優勝を狙うも、錦織の前に敗れる。その後は、マドリードOPで再戦するも、ストレート負けを喫している。

B・トミック(オーストラリア・24位)

デビス杯では、代表に選ばれるも、コーチと軋轢が生まれて辞退するなど、何かとコート外が騒がしい今季。

J・シャーディ(フランス・27位)

ロジャーズ・カップでは、カルロビッチ、イズナーと、ビックサーバーを攻略して、ベスト4に進出した。自身も強力なサーブを武器とする選手。

B・コリッチ(クロアチア・35位)

N・キリオス(オーストラリア・37位)

お騒がせ男という名称が定着しつつある、何かと物議を醸しだす20歳の若手選手。ダイナミックなプレーは、勢いづけば、トップ選手をも破る実力を秘める。今季はフェデラーを破るサプライズ勝利をあげている。

S・クエリー(アメリカ・38位)

A・ドルゴポロフ(ウクライナ・39位)

コートの魔術師の異名を持つプレイヤー。今季は大幅にランクを下げるも、ウェスタン・サザンOPでは欠場した錦織に代わって、出場枠に入り、ベスト4まで進出して、その実力を示した。

B・ペール(フランス・41位)

全米OPの1回戦の錦織の対戦相手。2戦して、錦織が2勝している。

F・ベルダスコ(スペイン・42位)

今季は17歳のアンドレイ・ルブレフに、バルセロナOPで勝ち星を献上してしまった。ダブルスでは、ナダルとコンビを組んで、大会にも出場している。

G・ミュラー(ルクセンブルグ・44位)

J・ソウサ(ポルトガル・46位)

J・ヴェセリ(チェコ・47位)

P・アンドゥハル(スペイン・48位)

S・ジョンソン(アメリカ・49位)

伊藤竜馬は今季、ホール・オブ・フェーム選手権で対戦し、見事にジョンソンを破っている。試合前には、最後まで試合をやり切ろうと、互いの健闘をたたえ合った(過去の2戦は、互いに棄権があって、試合が最後までできなかったため)。

E・ガルビス(ラトビア・67位)

今季は序盤から絶不調で黒星を重ねるも、ロジャーズ・カップの準々決勝、ジョコビッチ戦では、マッチポイントを握るまで追い詰めた。かつては、トップクラスの選手として活躍するも、怪我に悩まされている。

※ランキングは執筆時の8月28日のものです。 

☆錦織圭、テニス情報が満載→トップページ