あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 8/28~全米オープン2017

8/21~世界バドミントン選手権2017

ウエスタン&サザンOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     8/28~全米オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      8/19ウエスタン&サザンOP2017 準々決勝 杉田祐一VSグリゴール・ディミトロフ

速報      8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田祐一VSカレン・カチャノフ

テニス     ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果

テニス     8/13~ウエスタン&サザン・オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      甲子園・夏2017 組み合わせ・抽選会 トーナメント表、試合結果(高校野球)

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

メキシコOP 決勝の相手は大会3連覇している『リトル・ビースト』ダビド・フェレール!

メキシコOPもいよいよ佳境に近づいてきています!

ダビド・フェレールは真の強豪の一人。175cmと欧米出身の選手としては小柄ですが、体格を補う体力と精神力が武器の選手。メキシコOPを過去3連覇している優勝候補です。
錦織選手は全豪ベスト16で戦い、良い試合内容で勝っています。
ダビド・フェレールとはストロークの打ち合いになることが多く、錦織選手にとってはやりやすい相手だと自らも語っています。テニス内容がよくなりやすいのです。
一方の、ライアン・ハリソンとはメンフィスOPの2回戦で対戦。第1ゲームを落とす厳しい試合でしたが、逆転で勝利を飾っています。IMGで共に練習した間柄で、仲も良いそうですが、ハリソンは着実に力をつけている若手で、油断できない相手です。
この両者の戦いも興味深いです(28日13:00開始予定)
そして、試合は終わり2-1でダビド・フェレールが勝利しました!
決勝はストローク戦の好ゲームが期待されます!

   

ダビド・フェレール

出典:http://www.wowow.co.jp/ 

 

  • スペイン出身のプレイヤー
  • 右利き・バックハンドストロークは両手打ち
  • 175cm/73kgと小柄なプレイヤー
  • 現在の世界ランキングは9位(最高は3位)
  • 2015年・1月の全豪OPで錦織と対戦したのは記憶に新しいところ(錦織が勝利している)
  • 『リトルビースト』という異名を持つ、屈指のリターナー
  • 強靭なスタミナ、安定したメンタル、勝負強さを持つ選手
  • とにかく粘り強いストロークが信条でミスも少ない
  • ポジショニングも良く、ハードコートでも結果を出す
  • 2010年から12年まで、この大会を3連覇している
  • ツアーシングルス21勝の真の実力者の一人
  • 2013年全仏で準優勝

 

ライアン・ハリソン

 出典:http://www.gettyimages.co.jp

 

  • 世界ランキング169位
  • 182cm/74kg
  • アメリカ出身
  • テニスを始めたのは2歳の時
  • 父親もプロテニス選手
  • アメリカの次代を担う若手の一人
  • 錦織と同じIMGアカデミー出身
  • そのため、一緒に練習したこともあり、仲が良い。良い意味でのライバル関係にあった
  • 負けん気が強く、勝気な性格で攻撃を好む
  • 強いサービスと強力なフォアハンドを軸に攻撃する
  • 集中力にやや難があり、ミスが増えると自滅することがある
  • メンフィスOPでは2回戦で錦織と対戦している。成績は錦織の3-6/6-3/6-4と不調ということもあり、厳しい試合だったが錦織が勝利している
  • 今大会は準々決勝で第6シードのイボ カルロビッチ(23位)を破り、成長を印象付けている

錦織が2回戦を突破! ライアン・ハリソンに苦戦しながらも勝利しました!