あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

10/31~BNPパリバマスターズ2016 出場選手、テレビ放送、見所 錦織がパリ大会に出場!

☆BNPパリバマスターズ2016→ドロー・組み合わせ

錦織の試合、テレビ放送(決まり次第、随時掲載します

テレビ放送ガオラ、NHK・BS1(夜~朝の時間帯)でLive

2回戦:11/2 19:00~※センターコートの第1試合。

3回戦:11/4 午前3:30以降~※センターコートの第5試合

準決勝:11/5 22:00~(BS1・ガオラ)・11/6 0:30~(NHK・ガオラ)

決勝:11/6 23:00~(ガオラ)・24:20~(NHK)

スポンサーリンク

 

いよいよ、2016年のマスターズも最終戦を迎えました。負傷明けの錦織ですが、今季は2度の準優勝など、マスターズでの活躍も光っています。 最終戦を、どのような形で終えるのでしょうか!?

BNPパリバマスターズ2016

f:id:akatsuki_18:20161023203222g:plain

angelicalbite

場所:フランス(パリ)

メモ:別名はパリ・マスターズ。BNPパリバ(フランス・大手銀行)がスポンサー。

コート:屋内ハード

カテゴリー:マスターズ(1000)

日程:10月31日(月)~11月6日(日)※予選は10月29日~

時差:-7時間(フランスが12:00→日本は19:00)

ドロー:48

近年の優勝者:2013年からジョコビッチが3連覇中

スケジュール

1回戦:10/31,11/1

2回戦:11/1,11/2

3回戦:11/3

準々決勝:11/4

準決勝:11/5

決勝:11/6

スポンサーリンク

 

2016年マスターズ・優勝者

f:id:akatsuki_18:20161023200711g:plain

上位・出場選手

※ランキングなどは10月23日時点、文字が変わっている選手は、選手名鑑があります

錦織圭(5位)

日本 46勝14敗

2016年はマスターズでも好成績を残している。この大会が終われば、最終戦であるツアー・ファイナルを迎えることになる。 終盤戦は疲労も手伝って負傷もあったが、スイス・インドアで復帰、今大会は優勝を目指す。 ちなみに、昨年のこの大会は、3回戦のR・ガスケ戦で、脇腹を痛めて途中棄権している。

N・ジョコビッチ(1位)

f:id:akatsuki_18:20161023203613g:plain

Marianne Bevis

セルビア 57勝6敗

今季はマスターズで4勝をあげているジョコビッチだが、2015年のような絶対的な強さは陰りが見えている。 全仏OPを制して、念願のギャリア・グランドスラムを達成したジョコビッチだが、その後はモチベーションの低下に悩まされているようだ。 しかし、パリ・マスターズは3連覇中と得意としている大会だけに、優勝して再び勢いを取り戻したいところである。

A・マレー(2位)

f:id:akatsuki_18:20161023203549g:plain

Marianne Bevis

英国 56勝8敗

2015年はジョコビッチに連敗を重ねたマレー。今季はジョコビッチが調子を落とすのに反比例して、調子を上げている印象だ。 2016年はマスターズで2勝をあげている。直近の上海マスターズでも、絶好調のRB・アグトを破って優勝をとげた。 この時は、得意のフォアを警戒し、徹底的にバックサイドを攻めて攻略している。 屈指の戦略家だが、プレーの力強さ、勝者のメンタリティーも身に付けつつあるマレー。ジョコビッチの牙城であるパリ・マスターズを制すれば、来季世界1位の目標に近づくことになるだろう。

S・ワウリンカ(3位)

スイス 43勝14敗

M・ラオニッチ(4位)

カナダ 47勝14敗

R・ナダル(6位)

G・モンフィス(7位)

フランス 40勝14敗

R・フェデラー(8位)

T・ベルディヒ(9位)

チェコ 36勝17敗

D・ティエム(10位)

オーストリア 54勝20敗

M・チリッチ(11位)

D・ゴファン(12位)

RB・アグト(13位)

N・キリオス(14位)※問題を起こして出場停止

D・フェレール(15位)

JF・ツォンガ(16位)

L・プイユ(17位)

G・ディミトロフ(18位)

R・ガスケ(19位)

A・ズべレフ(20位)他

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ