あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球7/2~オーストラリアOP2017 石川、平野、水谷、張本ら出場

GO Kei! 7/3~ウィンブルドン2017

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

テニス     ウィンブルドン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

卓球      7/2~卓球女子 オーストラリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野らが出場!

卓球      7/2~卓球男子 オーストラリア・オープン2017 試合結果、出場選手 水谷、張本ら参戦!

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

速報8/22 世界陸上2015開幕戦! 男子・マラソン(簡単なコース紹介あり)

放送日時:8月22日(土)8:35~(TBS)
☆女子マラソンの速報→こちら

陸上の祭典、世界陸上2015が北京でいよいよ開幕します。世界陸上のスタートを飾るのは、男子マラソンになりました。日本からは前田、藤原が参加。メダルを獲得して、日本代表に勢いをつけることはできるのでしょうか!?

f:id:akatsuki_18:20150821153919g:plain

※ゴールとなる鳥の巣スタジアム

f:id:akatsuki_18:20150822131526g:plain

☆世界陸上2015 男子・マラソン 前田和浩・藤原正和を紹介!→こちら
☆世界陸上2015 放送予定・日程と全スケジュール(タイムテーブル)→こちら

   

速報

68人がスタートしました。スタート地点の石畳で滑った選手もいます…すぐ後から、1万人の市民ランナーが10㎞を走るため、68人の選手を追走しています。ふしぎな光景が広がっています。

現在、一団となって、1㎞を超えていきました…。

L・デシサ(エチオピア)が先頭で引っ張っています…2013年の世界陸上の銀メダリストです…

約4㎞にある天安門広場を、集団で超えていきました。

16分06秒ほどで、集団が5㎞を超えていき、給水所で補給しています。

S・バト・オチル(モンゴル)が、給水所を抜けたところから、集団から抜け出しました。

7㎞を超えた地点の給水所で、ケニア勢、エチオピア勢がスピードをあげて、S・バト・オチル(モンゴル)を吸収しました。集団が縦長になっています。

S・デチャサ(バーレーン)が先頭です。日本の藤原は先頭集団の前方に、前田は後尾につけています…

30分経過
10㎞通過(31分過ぎ)

日本勢の二人も、先頭集団で走っています…

暑さが厳しいため、集団のペースは遅いペースです…

S・キプロティッチ(ウガンダ)は2時間6分台の記録を持っています。先頭集団で走っています。世界陸上2013、ロンドン五輪での金メダリストです。

現在、44分経過、14㎞を過ぎたところです…。

15㎞通過(47:48)

給水所で選手が水を補給しています…藤原は現在4位から5位争いです…トップはバーレーンのデチャサです。前田は32位で15㎞を通過、先頭集団は37人です。

給水所を越えたあたりから、先頭集団の一部がさらに抜け出しています。エチオピア勢などがスピードを上げて、12人がトップ集団を形成。藤原はその後、第2集団となっています…

先頭集団はほぼアフリカ勢が占めています。D・キメット(ケニヤ)は2時間2分台の世界記録を持つ選手ですが、先頭集団を形成しています。

1時間経過(19㎞)

トップ集団に、第2集団の藤原らが追いつています。前田は30秒ほど、トップ集団から遅れています…。

20㎞通過(1時間3分23秒)

藤原は先頭集団、前田は50秒ほど遅れています…

21キロすぎで一時、藤原が遅れましたが、何とか先頭集団の後ろにつけました。

22キロ過ぎで、藤原が遅れました…

先頭集団は給水もあり、縦に長くなっています…ペルティーレ(イタリア)がトップで集団を引っ張っています。藤原は先頭集団から、12秒ほど遅れました…。

24キロ、イタリアのペルティーレ、暑さに強いメウッチが先頭から抜け出し、トップを走り始めています…

25キロ経過(1時間19分10秒過ぎ)

藤原は38秒差に離れました…トップのイタリア勢は、先頭集団に吸収されました…トップ集団は20人です。

先頭集団から、世界記録保持者のキメットが遅れ始めました。キプロティッチ(ウガンダ)、エチオピア勢などが先頭集団を形成。数人がトップ集団から遅れてきています。

前田は3分以上の差で、25kmを通過しました…。

先頭集団は15人ほどに絞られてきました。

1時間30分(28.40km過ぎ)

T・ラモネネがトップ集団から抜け出していますが、他の選手は追いません。

30㎞通過(1時間35分2秒)

2時間16分台の記録を持つラモネネ(レソト)がスパートをかけて、トップ集団と距離を広げています。藤原は、2分15秒差で30㎞通過しています。

ラモネネのロンドン五輪の成績は85位ですが、現在、先頭を走っています。

35㎞通過(1時間50分39秒)

給水ポイントでラモネネが、スペシャルドリンクを取り損ね、一度止まってしまいました!…後方の追走グループとは10数秒の差です!

36㎞手前で、19歳、G・ゲブラスラシエ(エルトリア)がラモネネに追いつくと、一気に抜き去り、トップに立っています。Y・ツェゲイ(エチオピア)もラモネネを抜き、2位になりました。さらに、M・S・ムタイ(ウガンダ)が3位に上がりました。

37km過ぎ、ゲブラスラシエ(エルトリア)が後ろを振り向くと、5秒差でツェゲイ(エチオピア)が近づいています…ツェゲイが並び、やがて抜き去りました!しかし、ゲブラスラシエが再び抜き返します。

2時間経過(37,93㎞)

すると、ツェゲイが並走、二人でトップ争いを続けます。3位はムタイですが、100mほど離れています。

39㎞手前でゲブラスラシエがギアをあげ、スパート! 2位のツェゲイとの距離を離していきます。ツェゲイは後ろを向いて、追うことができません!

40㎞追加(2時間5分41秒)

トップのゲブラスラシエと、2位のツェゲイの差は10秒以上ついています。メダル獲得未経験、19歳のゲブラスラシエが力強い走り!

41㎞通過

ゲブラスラシエが一瞬、道をわからなくなり、後ろを見て戸惑いを見せました。

ゲブラスラシエが鳥の巣スタジアムに入りました!

42,195㎞
2時間12分27秒

ゲブラスラシエ(エルトリア)が国旗をもって、ゴールラインをわりました、優勝です!

2時間13分07秒

2位でツェゲイ(エチオピア)がゴール!

2時間13分29秒

3位でムタイ(ウガンダ)がゴールしました!

藤原は21位、2分21秒4秒でゴール

   

コース 

f:id:akatsuki_18:20150821154247g:plain

f:id:akatsuki_18:20150821154253g:plain

f:id:akatsuki_18:20150821154032g:plain

スタートから2kmは直線コース

f:id:akatsuki_18:20150821154131g:plain

コースは広い高速道路がメイン

f:id:akatsuki_18:20150821154157g:plain

小石がある固いコンクリート質の道がメインとなる模様

はたして、どの選手が1番で帰ってくるのだろうか…。