あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

全仏オープンでは、体に痛みがありながらベスト8という成績だった錦織圭。短い芝のシーズンに入りますが、ウィンブルドンの前哨戦、ゲリー・ウェバー・オープン2017にのぞみます! ※予選には杉田祐一が出場します。

試合結果

予選決勝:杉田6-7/7-6/6-7ユーズニー/86

1回戦錦織6-7/6-3/6-4ベルダスコ/32

1回戦:シモン2-6/7-6/3-6カチャノフ/38 

1回戦:杉田3-6/1-6フェデラー/5 

1回戦:錦織,ベルダスコ4-6/6-4/8-10Kubot,Melo

2回戦:錦織2-3/0-0カチャノフ/38 ※錦織が腰を痛めて棄権

準決勝:フェデラー6-4/7-6カチャノフ/38 

準決勝:A・ズべレフ4-6/6-4/6-3ガスケ/30

決勝フェデラー6-1/6-3A・ズべレフ/12

☆5/28~全仏オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

スポンサーリンク

 

 ゲリー・ウェバー・オープン2017

f:id:akatsuki_18:20170616131024g:plain

feverblue

ベスト8~

f:id:akatsuki_18:20170625233528g:plain

全組み合わせ

f:id:akatsuki_18:20170623024239g:plain

f:id:akatsuki_18:20170623000226g:plain

f:id:akatsuki_18:20170621234548g:plain

f:id:akatsuki_18:20170622022759g:plain

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ

スポンサーリンク

 

気になる噂・トピックス

6/17/2016年の錦織…:1回戦でフランスの若手成長株L・プイユを破るも、怪我があり2回戦を棄権した。昨年の芝は怪我続きだった。

6/17/昨年の優勝は…:現在、33歳のF・マイヤーが優勝した。怪我などもあり192位までランキングをさげていたマイヤーだったが、2回戦では錦織が棄権、準決勝はティエム、決勝はA・ズべレフを破るなど、今を時めく選手に次々と勝利。ATPツアーの奥深さを感じさせる復活優勝となった。決勝では、ボレーで横っ飛びして倒れるなど、気迫を感じさせるプレーぶりだった。

6/17ゲリー・ウェバーって?:ドイツのハレに本拠を置く、大手衣料品チェーン・メーカーだ。この大会では第1回から冠スポンサーをつとめている。2016年の中間決済では、大幅な減益があったと報じられている。

6/18初戦はベルダスコ戦:錦織の対戦相手は、全仏・4回戦で激闘を繰り広げたサウスポー、32位のベルダスコに決まった。一部で迷惑ノーシードという声もある実力者で、特にフォアが強力だ。ちなみに、錦織とはダブルスではペアを組むことになった。錦織曰く「最近少し仲が良い」そうだ。