あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田VSカチャノフ(32位)

8/21~世界バドミントン選手権2017

ウエスタン&サザンOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田祐一VSカレン・カチャノフ

速報      8/17ウエスタン&サザンOP2017 2回戦 杉田祐一VSジョアン・ソウザ

テニス     ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果

テニス     8/13~ウエスタン&サザン・オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      甲子園・夏2017 組み合わせ・抽選会 トーナメント表、試合結果(高校野球)

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

国枝慎吾 フェデラー、錦織も称賛する車いすテニスプレイヤー 選手名鑑

偉大なプレイヤーとして知られるフェデラーからも称賛を受けるのが国枝慎吾です。 前人未到の車いすテニスで、40回のグランドスラム制覇を達成、パラリンピックでは2度のシングルス金メダルを獲得しています。このページでは、国枝慎吾の選手名鑑を掲載しています!

スポンサーリンク

 

国枝慎吾

f:id:akatsuki_18:20160912000520g:plain

国籍:日本(千葉県柏市)

1984年2月21日生まれ

右打ち

世界ランク:6位(シングルス、ダブルスで最高は1位)

所属:ユニクロ

グランドスラム車いす部門で、史上最多となる40回の優勝を誇る(シングルス20回、ダブルス20回)。 また、年間グランドスラムは5回達成している。

かつてフェデラーが、「(年間グランドスラムを達成するのは)国枝が先だ」と語ったこともある。

パラリンピックはシングルスで2連覇中、リオ・パラリンピックでは3連覇を目指す(通算で単複合わせて金メダル3個を獲得)。

ハードコートを得意としている。

野球少年の国枝だったが、9歳の時に病になり、車いす生活となる。

母親のすすめで、小学校6年時に車いすテニスを始める(吉田記念テニス研修センターにて)。

高校生になると、丸山弘道に指導を受け、本格的に競技生活に入る。

2004年に斎田悟司と組んで、アテネ・パラリンピックのダブルスで優勝。

2007年に競技・史上初となるグランドスラム達成。

2008年の北京・パラリンピックで金メダル獲得(シングルス)。

2009年に日本初のプロ宣言をおこなった。

2010年9月にシングルス100勝を達成。

全豪OPは8回、全仏OPは6回、全米OPは6回の優勝を誇る。

フェデラーが「なぜ日本に世界一のプレイヤーがいないのか」と問われた時に「日本には国枝慎吾がいるじゃないか!」と答えたことがある。 ちなみに、国枝のあこがれの選手はフェデラーである。 フェデラーは「国枝を尊敬している」と答えている。

錦織もフェデラーを子供の時からあこがれており、「ロジャーにも国枝さんは知られているんだ。すごいなあと思った」と語ったことがある。 「メンタルがとにかく強いと思う。約10年にわたり、ほぼ世界ランク1位を保ちつづけるのは並大抵じゃない」と称賛している。

座右の銘は「俺は最強だ!」。

国枝の公式サイト→こちら

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ

スポンサーリンク

 

※錦織、フェデラーのコメントはtennisfan.xyzが出典です。