あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2019スケジュール
ウィンブルドン2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     7/29~シティOP2019 ドロー、組み合わせ表、試合結果、錦織のテレビ放送

速報      7/23ジャパン・オープン2019・1回戦 桃田賢斗VSビッテンフス(バドミントン)

速報      7/23ジャパン・オープン2019・1回戦 奥原希望VS川上紗恵奈(バドミントン)

速報      7/21インドネシア・オープン2019・決勝 山口茜VSシンドゥ(バドミントン)

速報      7/21インドネシア・オープン2019・決勝 髙橋礼華,松友美佐紀VS福島由紀・廣田彩花(バドミントン)

カーリング   8/1~女子・どうぎんカーリングクラシック2019 結果、日程 ロコソラーレ、中部電力ら国内4強が出場!

バドミントン  7/16~男子単・バドミントン・インドネシア2019 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  7/16~女子単・バドミントン・インドネシア2019 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  7/16~女子複・バドミントン・インドネシア2019 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  7/23~男子単・バドミントン・ジャパンOP2019 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  7/23~女子単・バドミントン・ジャパンOP2019 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  7/23~女子複・バドミントン・ジャパンOP2019 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

カーリング   2018-2019 LS北見の大会スケジュール・日程

バトミントン  2018年度の大会スケジュール・日程

卓球      7/18~卓球女子 T2 ダイヤモンド2019・試合結果、組み合わせ、出場選手

卓球      7/18~卓球男子 T2 ダイヤモンド2019・試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

上海ロレックス・マスターズ2015ドロー、組み合わせ表 錦織はタフな山に入る!

楽天ジャパンOPでは準決勝で、ブノワ・ペールに敗退した錦織。ペールに連敗という結果になりましたが、切り替えて、上海の大会にのぞんでほしいと思います。今季はマスターズで準決勝に2度進出している錦織ですが、はたして、さらに良い結果を得ることはできるでしょうか!?

※錦織はボトムハーフに入りました。下の方にあります。

f:id:akatsuki_18:20151010181125g:plain

ベスト8

f:id:akatsuki_18:20151016152226g:plain

スポンサーリンク

   

トップハーフ(ジョコビッチ、マレー)

f:id:akatsuki_18:20151011235624g:plain

f:id:akatsuki_18:20151011235631g:plain

f:id:akatsuki_18:20151011235641g:plain

f:id:akatsuki_18:20151011235650g:plain

ボトムハーフ(錦織、フェデラー、ワウリンカ)

f:id:akatsuki_18:20151010181310g:plain

f:id:akatsuki_18:20151010181317g:plain

f:id:akatsuki_18:20151010181323g:plain

f:id:akatsuki_18:20151011235716g:plain

錦織の組み合わせですが、順当に上位選手が勝ち上がると、2回戦で若手の実力者で何かとコート外で騒がしいキリオス、3回戦でビックサーバーのケビン・アンダーソンとなります。さらに、準々決勝でロジャー・フェデラー、準決勝でワウリンカ、決勝でジョコビッチと、非常にタフなドローとなりました。今シーズンの中でも、特に厳しいドローの一つかもしれません。

☆錦織、テニス情報が満載→トップページ
☆上海マスターズの見所、放送予定など→こちら

スポンサーリンク