あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 8/18ウエスタン&サザンOP2017 2回戦 杉田VSカチャノフ(32位)

高校野球2017 49代表校が決定!

ウエスタン&サザンOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田祐一VSカレン・カチャノフ

速報      8/17ウエスタン&サザンOP2017 2回戦 杉田祐一VSジョアン・ソウザ

テニス     ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果

テニス     8/13~ウエスタン&サザン・オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      甲子園・夏2017 組み合わせ・抽選会 トーナメント表、試合結果(高校野球)

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

世界陸上    世界陸上2017 決勝の競技日時・日程(日本時間で掲載・ロンドン大会)

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

バドミントン  女子団体・全日本実業団バドミントン2017 トーナメント・組み合わせ表

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

福原愛 再起を目指して…  選手名鑑&成績

 2012年に念願の五輪での銀メダルを獲得した福原愛ですが、その後は怪我の手術などがあり、良い成績を残せていません。2015年はリオ五輪代表が決まる重要なシーズンですが、プレッシャーからか思うような成績を残せていません。このままだと、五輪の代表から外れる可能性も少なくはない中で、福原愛が立て直せるかに注目です!

福原 愛(ふくはら あい)

出典:http://www.apalog.com/

宮城県仙台市出身 

1988年11月1日生まれ 

所属:全日本空輸 

右利

前陣速攻スタイル(右シェークフォア裏ソフト・バック表ソフト前陣速攻型)

体が柔らかく、低い打点からのバックハンドは大きな武器である。作戦をあまり考えず、単調なショートサーブを打ったり、フォアに難があると指摘される。 

3歳の頃より、英才教育を受けており、「天才卓球少女」「泣き虫愛ちゃん」といったニックネームで、テレビに登場して大きな人気を集めた。 

全日本選手権小学校2年生以下であるバンビの部で、5歳10か月で優勝した。(史上最年少記録) 

小学校4年生でプロになり、ミキハウスと契約。この時期には、王子サーブを作間六郎から習得している。 

2004年に青森山田高校に進学した。 

2005年には中国のスーパーリーグに参加

14歳の時に世界選手権パリ大会でベスト8。

その後、アテネ、北京を経て、ロンドン五輪に出場した際には、女子団体銀メダル獲得に貢献した。 

2013年には肘を手術、2014年は疲労骨折など怪我が目立っている。

出典:http://blog.goo.ne.jp/

3歳から徹底した英才教育を受け、毎日4~5時間の練習をし、休みも年に3日程度しかなかった。 

専属のコーチもおり、時に中国のチャンピオンなどにも指導を受けていた。 

中国での評価がきわめて高く、世界卓球10大美女に選ばれたり、現地の大会では横断幕などで応援もされるほどである。「感涙の福原愛 『観客が力くれた』」「みんな福原愛ちゃん大好き」と中国メディアに報道されることもあった。中国では磁器の人形に似て肌が綺麗という意味で「瓷娃娃(ツーワーワー)」と呼ばれたり、「小愛(シャオアイ)」というニックネームがある。これほど、人気が出るのは彼女のスター性もあるだろうし、中国語を話せる点も好感がもたれた理由になっている。

フォアは裏ソフト、バックは粒が長めの表ソフトの前陣攻守型。バックを得意とし、ナックルブロックと強打での得点が多かった。近年はフォアハンドも改善し、先制攻撃、カウンターなどでも得点するようになった。また、苦手としていたカットマンに対しても、対応できるようになり、オールラウンドな速攻型の選手に変貌を遂げている。

福原愛をもっと知りたい方は「福原愛 卓球愛情物語」→こちら

スポンサーリンク

   

2016年成績

ハンガリーOP(3回戦敗退)

1回戦VS1Y・Hyobin(韓国/-)

2回戦VS1李依真(台湾/68位)

3回戦2VS4帖雅娜(香港/26位)

ドイツOP(ベスト8)

1回戦VS1陳幸同(中国/67位)

2回戦VS1シャン・シャオナー(GER/16位)

準々決勝0VS4武楊(中国/10位)

スポンサーリンク

   

2015年成績

世界卓球2015(2回戦敗退)

〇1回戦vs.FEHER Gabriela(128位)

11ー6◯ 11ー7◯ 11ー9◯ 11ー8◯

×2回戦vs.BILENKO Tetyana(63位)

11-3〇 7-11× 11-6〇 9-11× 3-11× 10-12×

ドイツOP(1回戦敗退)

×1回戦VS杜凱琹 (HKG/33)

11-3〇 11-13× 9-11× 6-11× 11-6〇 12-10〇 12-14×

スペインOP(準決勝敗退)

〇1回戦VSペルゲル(HUN/115)
11-6〇 12-10〇 11-1〇 11-9〇
〇2回戦VSドゥボラク (ESP/108)
11-2〇 11-6〇 11-6〇 11-6〇
〇3回戦VS姜華珺 (HKG/30)
2-11× 9-11× 11-8〇 11-4〇 11-4〇 7-11× 11-7〇
〇準々決勝VSヤン・シャオシン(MON/50)
11-6〇 11-7〇 8-11× 9-11× 11-6〇 5-11× 11-3〇
×準決勝VS平野早矢香(日本/15)
6-11× 2-11× 5-11× 11-4〇 5-11×
11-2〇 11-6〇 11-6〇 11-6〇

クロアチアOP(2回戦敗退)

〇1回戦VSガリッチ (SLO/170)
11-2〇 11-4〇 11-5〇 11-6〇
×2回戦VS倪夏蓮 (LUX/69)
11-5〇 11-13× 6-11× 8-11× 11-5〇 11-9〇 7-11×

フィリピンOP(準優勝)

〇1回戦4VS0許慧純(台湾/WR-)

〇2回戦4V3S阿部恵(日本/WR-)

〇準々決勝4VS0平野美宇(日本/29位)

〇準決勝4VS2梁夏銀(韓国/17位)

×決勝2VS4石川佳純(日本/5位)

オーストラリアOP(優勝)

〇1回戦4VS0チャイ・ラン(AUS/WR-)

〇2回戦4VS0平野美宇(日本/19位)

〇準々決勝4VS1石垣優香(日本/23位)

〇準決勝4VS0文炫晶(韓国/WR-)

〇決勝4VS1田志希(韓国/25位)

ジャパンOP(2回戦敗退)

〇1回戦4VS1陳思羽(TPE/36位)

×2回戦2VS4徐孝元(韓国/13位)

韓国OP(優勝)

〇1回戦4VS2劉恩寵(韓国/88位)

〇2回戦4VS2平野美宇(日本/19位)

〇準々決勝4VS1前田美優(日本/74位)

〇準決勝VS4VS1シャオナー(ドイツ/22位)

〇決勝4VS0伊藤美誠(日本/10位)

11-6 11-7 12-10 11-4

中国OP(準々決勝敗退)

〇1回戦4VS3リ・ミョンスン(PRK/32位)

〇2回戦4VS3木子(中国/42位)

×準々決勝3VS4丁寧(中国/1位)

ブルガリアOP(準優勝)

〇1回戦4VS0ヘプケ (HUN/429位)

〇2回戦4VS0ラミレス(ESP/116位)

〇準々決勝4VS0石垣優香(日本/22)

〇準決勝4VS2田志希(韓国/21位)

×決勝2VS4石川佳純(日本/5位)

チェコOP(優勝)

〇1回戦4VS2黄怡樺(TPE/78位)

〇2回戦4VS0陳思羽 (TPE/43位)

〇3回戦4VS1シャン・シャオナー(GER/15位)

〇準々決勝4VS1李皓晴(HKG/36位)

〇準決勝4VS2ハン・イン(GER/12位)

〇決勝4VS田志希(韓国/21位)

オーストリアOP(準決勝敗退)

〇1回戦4VS0トマノフスカー(CZE/299位)

〇2回戦4VS1若宮三紗子(日本/41位)

〇3回戦4VS1田志希(韓国/15位)

〇準々決勝4VS3李皓晴(香港/35位)

×準決勝0VS4ハン・イン(GER/12位)

ポーランドOP(準々決勝敗退)

〇1回戦4VS1李依真(台湾/72位)

〇2回戦4VS1S・アイゼン(GER) 

〇3回戦4VS0ポータ(HUN/31位)

×準々決勝0VS4劉詩雯(中国/2位)

スウェーデンOP(準々決勝敗退)

〇1回戦4VS1鄭先知(台湾/97位)

〇2回戦2VS4石垣優香(日本/26位)

〇3回戦4VS3伊藤美誠(日本/11位)

×準々決勝1VS4石川佳純(日本/5位)

ファイナル(1回戦敗退)

×1回戦3VS4若宮三紗子(日本/34位)