あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


10/4~卓球・ポーランドOP2017

GO Kei! 10/8~上海マスターズ2017

10/6~世界ミックスカーリング選手権2017

akatsuki18.comにブログを移転しました。
スイス・インドア20172017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     10/23~スイス・インドア2017 ドロー、組み合わせ、試合結果

速報      10/6楽天ジャパンオープン2017 準々決勝 杉田祐一VSアドリアン・マナリノ

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 試合結果、出場選手 伊藤美誠が参戦!

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 組み合わせ

カーリング   10/6~世界ミックスカーリング選手権2017 試合結果、日程 高校生が世界に挑む!

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

マイアミOP 錦織が準決勝で当たるのはノバク・ジョコビッチVSダビド・フェレールの勝者

いよいよマイアミOPもベスト8が出そろい、4強を目指す戦いに入っています! 錦織は準々決勝でイスナーとの初対戦を控えていますが、対する山にはノバク・ジョコビッチ、ダビド・フェレールが控えています。ジョコビッチは言わずと知れたランキング1位、人気こそフェデラーなどに劣りますが、勝負強さはぴか一の選手です。先日行われたBNPバリパオープン・マスターズでも決勝でフェデラーを破り優勝しています(速報:ジョコビッチVSフェデラー)。対するはランキング9位のダビド・フェレール。2015年、2月のメキシコオープンの決勝で錦織が敗れている選手です(速報:錦織VSフェレール)。小柄ですが、粘り強いテニスで日本でも人気があるプレイヤーです。

錦織&テニス トップページ

   

ノバク・ジョコビッチ

出典:http://www.thetennisdaily.jp/ 

  •  セルビア出身 
  • 188cm/88kg
  • 現在、ランキング1位
  • 右手・両手打ち 
  • 4歳からテニスを始める 
  • 父親は元プロスキー選手 
  • 2000年代はフェデラー、ナダルの活躍の影に隠れ「第3の男」と呼ばれた 
  • しかし、2011年には全仏以外のグランドスラムを制覇して、汚名を返上した
  • 大型選手でありながら、敏捷性も兼ね備えている コートを幅広くカバーでき、カウンタープレーが得意である 持久戦にも非常に長けている 
  • コートの後方のプレイに重点を置く傾向がある 
  • 深いグラウンドストローク、高い精度のバックハンド、サービスやリターンも強力な武器としている…つまり、非常にバランスの取れたオールラウンドプレイヤーである 
  • 他の選手の物まねが得意で、ファンサービスも積極的に行う 
  • ランキング1位への並々ならぬ執着心を持つ 
  • 全豪5勝、ウィンブルドン2勝、全米1勝をあげている真のトッププレイヤー

ダビド・フェレール

ダビド・フェレール

出典:http://www.wowow.co.jp/ 

  • スペイン出身
  • 右利き・両手打ち
  • 現在の世界ランキングは9位(最高は3位)
  • 175cmと小柄なプレイヤー
  • 2015年・1月の全豪OPで錦織と対戦し、敗北した。しかし、2月のメキシコOP決勝でリベンジしている
  • 「リトルビースト」という異名を持つ、屈指のリターナー
  • 強靭なスタミナ、安定したメンタル、勝負強さを持つ選手
  • とにかく粘り強いストロークが信条
  • ポジショニングも良く、ハードコートでも結果を出す
  • その粘り強いプレースタイルから、日本にも多くのファンを持つ