あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 8/28~全米オープン2017

8/21~世界バドミントン選手権2017

ウエスタン&サザンOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     8/28~全米オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      8/19ウエスタン&サザンOP2017 準々決勝 杉田祐一VSグリゴール・ディミトロフ

速報      8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田祐一VSカレン・カチャノフ

テニス     ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果

テニス     8/13~ウエスタン&サザン・オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      甲子園・夏2017 組み合わせ・抽選会 トーナメント表、試合結果(高校野球)

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  8/21~世界バドミントン選手権2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

アレクサンダー・ズベレフ テニス界の未来と呼ばれる若手 20歳でマスターズを制覇 選手名鑑

2017年は多くの勝ち星をあげるだけにとどまらず、マスターズで優勝するなど、活躍を見せているのがアレクサンダー・ズベレフです。トップ10入りもはたし、勢いに乗っている最高の若手成長株と言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

アレクサンダー・ズベレフ

f:id:akatsuki_18:20170805193309j:plain
si.robi

国籍:ドイツ

198㎝/86kg

1997年4月20日生まれ(20歳)

右利き・両手打ち

プロ転向:2013年

現在のランキング:7位(自己最高)

今季成績:45勝12敗

優勝:シングルス5勝、ダブルス1勝

四大大会では、2017年のウィンブルドン・4回戦進出が最高

父、母ともにプロでテニス経験があり、兄のミーシャ・ズべレフもプロテニス選手である。

ジュニア時代には世界ナンバー1になっている。

線が細く、フィジカルは発展途上だが、独特のタッチと優れた感覚を持つ。

精度が高く、伸びがあるショットを放つ。

198㎝と長身ながら動きも良い。

ビックサーブ(常時200キロを超える)、ストロークからの攻め共に良く、多彩な攻撃を持つ選手で弱点が少ない。

ズべレフに対し、トップ選手は称賛の言葉を送っている。

ナダルは「世界1位になりうる」

ジョコビッチ「明るい未来が待っている」

ワウリンカ「テニス界の未来」

視野も広く、ショット選択も的確で、判断力に優れていると言える。

2015年にトップ100入り、 年間最優秀新人賞を獲得。

2016年にサンクトペテルブルク・オープン・決勝でワウリンカを破り、ツアー初優勝。

2017年BNLイタリア国際(ローマ・マスターズ)で、ラオニッチ、イズナー、ジョコビッチを破って、マスターズ初優勝※。さらにロジャーズ・カップでマスターズ2大会連続で優勝、トップ10入りもはたしている。今季は多くの勝ち星を挙げているが、ワウリンカ、チリッチ、ベルディヒ、ツォンガなどの強豪にも勝っている。

対戦成績は、錦織の0勝1敗。

※2011年以降、BIG4以外で優勝した選手は、ワウリンカ、フェレール、ツォンガ、チリッチだけである。ズべレフの20歳での優勝は快挙だった。

なおBIG4に対しては、フェデラーには2勝2敗、ナダルには0勝3敗、マレーには0勝1敗、ジョコビッチには1勝0敗である。※2017年8月現在

錦織圭&テニス情報が満載→トップページ

スポンサーリンク