あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 7/31~シティ・オープン2017

7/28高校野球2017 西東京 早実が準決勝

ウィンブルドン2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     7/31~シティ・オープン2017 出場選手、テレビ放送、過去の成績 錦織圭が出場!

バスケット   女子・高校バスケットボール インターハイ2017 トーナメント・組み合わせ表・注目選手

速報      7/28甲子園・夏2017・西東京 準決勝 早稲田実業VS八王子

速報      7/25甲子園・夏2017・西東京 準々決勝 早稲田実業VS日本学園

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

卓球      卓球女子 オーストラリア・オープン2017 トーナメント・組み合わせ表

卓球      卓球男子 オーストラリア・オープン2017 トーナメント・組み合わせ表

バドミントン  女子団体・全日本実業団バドミントン2017 トーナメント・組み合わせ表

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

速報7/5ウィンブルドン2017 2回戦 錦織圭VSセルジー・スタホフスキー

錦織圭-1スタホフスキー

第1:錦織6-4スタホフスキー
第2:錦織6-7スタホフスキー
第3:錦織6-1スタホフスキー
第4:錦織7-6スタホフスキー
試合日時:7月5日21:00~(WOWOW、NHK・サブチャンネルでLIVE、)※コート1・第1試合(錦織が入場
1回戦M・チェッキナート(105位)に快勝した錦織圭。2回戦は過去2連敗中、ウクライナのS・スタホフスキー(122位)と対戦します!
ウィンブルドン2017・ドロー

スポンサーリンク

 

速報

試合前メモ:1回戦を1時間11分で勝利と、理想的な好スタートをきった錦織圭。2回戦の相手は、122位のS・スタホフスキーとなった。193㎝ながら俊敏さを持つオールラウンダーだ。ツアーは単複合わせて7度の優勝経験がある。2013年のウィンブルドンではフェデラーをやぶっており、あなどることはできない相手だ。

 マッチサマリー

f:id:akatsuki_18:20170704100743j:plain

f:id:akatsuki_18:20170706025600j:plain

トータルポイント

錦織147-133スタホフスキー

ネットプレー

錦織:25/43

スタホフスキー:22/41

スポンサーリンク

 

第1セット:錦織6-4スタホフスキー

錦織:錦織のダンテ・コーチは「リターン」がカギになると語る…相手の体勢が崩れると、ネットを狙う錦織。2ndサーブのリターン時は前に入りすぎず、ラリー戦を狙っている…リターンでは前に踏み込むより、ベースラインから下がり、しっかり返すことを意識…ストローク戦では積極的に攻めて、オープンコートを作る…

スタホフスキー:身長を活かした打ち下ろすサーブが武器、さらに相手によって配球を変える戦術眼、巧みさがある…

第1ゲーム:0-1スタホフスキーがキープ

メモ:スタホフスキーのサーブで開始です…1stサーブには力があります…

0-15、0-30、0-40、15-40、

第2ゲーム:1-1錦織がキープ

15-0、30-0、40-0、40-15、

第3ゲーム:1-2スタホフスキーがキープ

メモ:サーブ、ネットプレーで得点を重ねるスタホフスキー、立ち上がり好調

0-15、0-30、0-40、

第4ゲーム:2-2錦織がキープ

メモ:錦織も良い立ち合上がり、攻撃にサーブ&ボレーを混ぜる。

15-0、30-0、40-0、40-15、

第5ゲーム:3-2錦織がブレーク

メモ:錦織が深いリターンで反撃…さらにドロップのようなリターンが決まりBP…最後は錦織が攻め込まれるもロブを上げると、スタホフスキーが焦ってスマッシュをミス

0-15、15-15、30-15、30-30、40-30、

第6ゲーム:4-2錦織がキープ

15-0、30-0、40-0、40-15、

第7ゲーム:4-3スタホフスキーがキープ

0-15、0-30、0-40、

第8ゲーム:4-4スタホフスキーがブレーク

メモ:巧みなドロップショット決めるスタホフスキー…錦織がフォアをネットにかけてピンチ…最後は錦織がスマッシュを決められずブレークを許す…

15-0、15-15、15-30、15-40、30-40、

第9ゲーム:5-4錦織がブレーク

メモ:ストローク戦が増え、錦織にチャンスがあるもバックでミスが目立つ…錦織がサーブ&ボレーを読んでローボレーを決めBP…錦織のリターンがさえ、最後はサーブ&ボレーを破るパッシングショット

0-15、15-15、15-30、30-30、30-40、40-40、Aス

40-40、Aス、40-40、A錦織、40-40、Aス、

40-40、A錦織、

第10ゲーム:6-4錦織がキープ

15-0、30-0、30-15、40-15、40-30、

第2セット:錦織6-7スタホフスキー

メモ:スタホフスキーはバックハンドのスライスをうまく使っている、錦織のバックサイド・浅めに低い球を使って、錦織の展開を封じようと試みている…錦織は攻めきれずDフォルトなどミスも出て、フラストレーションがたまる展開…

第1ゲーム:0-1スタホフスキーがキープ

0-15、15-15、15-30、30-30、30-40、

第2ゲーム:1-1錦織がキープ

メモ:錦織が2連続でサービスエースを決めるなどスムーズにキープ

15-0、30-0、40-0、40-15、

第3ゲーム:1-2スタホフスキーがキープ

メモ:サーブ&ボレーを狙うスタホフスキーに対し、横を抜く見事なリターンエースを決めた錦織に観客がどよめく…

0-15、0-30、15-30、30-30、30-40、

第4ゲーム:2-2錦織がキープ

メモ:錦織が連続のDフォルト…しかし、その後は連続でサーブポイント

15-0、30-0、30-15、30-30、40-30、

第5ゲーム:2-3スタホフスキーがキープ

メモ:錦織が連続でネットプレーを決めてリード…バックの打ち合いを制して錦織がBP…しかし、スタホフスキーがラリー戦を制してキープ

15-0、30-0、30-15、30-30、40-30、40-40、Aス、

第6ゲーム:2-4スタホフスキーがブレーク

メモ:錦織がDフォルト、さらにドロップショットをミスしてピンチ…最後はフォアをミスヒット…

15-0、15-15、30-15、40-15、40-30、40-40、Aス

第7ゲーム:2-5スタホフスキーがキープ

0-15、0-30、15-30、30-30、30-40、40-40、Aス、

第8ゲーム:3-5錦織がキープ

メモ:スタホフスキーのバックスライスにタイミングが合わずピンチを迎える錦織…しかし、錦織が積極的なプレーでキープ

15-0、15-15、30-15、30-30、30-40、40-40、Aス、

40-40、A錦織

第9ゲーム:4-5錦織がブレーク

メモ:1stサーブが入らないスタホフスキー…さらに、サーブ&ボレーをミスしてピンチ…最後はスタホフスキーがフォアをネット

15-0、30-0、30-15、40-15、

第10ゲーム:5-5錦織がキープ

メモ:錦織がすべてサーブポイント…

15-0、30-0、40-0、40-15、40-30、

第11ゲーム:5-6スタホフスキーがキープ

15-0、15-15、15-30、15-40、

第12ゲーム:6-6錦織がキープ

15-0、30-0、30-15、40-15、40-30、

タイブレーク:6-7スタホフスキーが制する。

メモ:低いショットをうまく使うスタホフスキー…ラリーでうまく組み立てるスタホフスキー…しかし、錦織が2-5から連続ポイントで挽回…終盤に錦織がDフォルトを出すなど競り負けた…

0-1、1-1、1-2、1-3、1-4、2-4、2-5、3-5、4-5、5-5、6-5、6-6、7-6、7-7、7-8、7-9

第3セット:錦織6-1スタホフスキー

メモ:序盤で錦織が要所をしのぐと…スタホフスキーが疲労からか集中力が切れてDフォルトを重ね、サービスゲームで崩れた…錦織はいつもの早い展開よりも、打ち合いを選択することが多い…

第1ゲーム:1-0錦織がキープ

メモ:錦織が優位に進めスマッシュ、ドロップと攻めたが、スタホフスキーに見事なリカバリーショットを決められ錦織はピンチ…しかし、最後は錦織がサーブポイント

15-0、15-15、30-15、30-30、30-40、40-40、A錦織

第2ゲーム:1-1スタホフスキーがキープ

0-15、0-30、0-40、

第3ゲーム:2-1錦織がキープ

0-15、15-15、30-15、30-30、40-30、

第4ゲーム:3-1錦織がブレーク

メモ:スタホフスキーが最初のDフォルトを出して、錦織がBP…最後は錦織が深いバックのショットを決めた。錦織が鋭いショットで攻めた…

15-0、15-15、15-30、30-30、40-30、

第5ゲーム:4-1錦織がキープ

メモ:錦織が7本目のDフォルトを出すなどリードされる…しかし、最後は錦織が良いサーブを連続で決めてしのいだ。

0-15、0-30、15-30、30-30、40-30、40-40、A錦織

第6ゲーム:5-1錦織がブレーク

メモ:スタホフスキーが連続でDフォルト…さらにフォアをミスして、錦織がBP…最後もスタホフスキーがDフォルト…メンタル面で疲れが出たか…

15-0、30-0、40-0、40-15、40-30、

第7ゲーム:6-1錦織がキープ

メモ:錦織がクラッチショットを決めるなど、観客をわかせた…最後は見事なパス

15-0、30-0、40-0、40-15、40-30、

第4セット:錦織7-6スタホフスキー

メモ:疲れからバックが手打ちになったり、フットワークも鈍り、状態が高くなるスタホフスキー

第1ゲーム:0-1スタホフスキーがキープ

メモ:疲れからスタホフスキーのバックの精度が落ちる…

0-15、0-30、15-30、30-30、30-40、40-40、Aス

第2ゲーム:1-1錦織がキープ

メモ:サーブ&ボレーを効果的に使う錦織

0-15、15-15、30-15、40-15

第3ゲーム:1-2スタホフスキーがキープ

15-0、15-15、15-30、15-40、

第4ゲーム:2-2錦織がキープ

15-0、30-0、30-15、40-15、

第5ゲーム:2-3スタホフスキーがキープ

0-15、15-15、15-30、15-40、

第6ゲーム:3-3錦織がキープ

メモ:サービスゲームで快調、ショートポイントを重ねた。

15-0、30-0、40-0、

第7ゲーム:3-4スタホフスキーがキープ

0-15、15-15、15-30、15-40、

第8ゲーム:4-4錦織がキープ

メモ:リードを許す展開も、要所で錦織が良いサーブを決めた。

0-15、0-30、15-30、30-30、40-30、40-40、A錦織

第9ゲーム:4-5スタホフスキーがキープ

0-15、15-15、15-30、15-40、30-40、

第10ゲーム:5-5錦織がキープ

15-0、30-0、40-0、

第11ゲーム:5-6スタホフスキーがキープ

メモ:3時間を超えるゲームになっている…

0-15、0-30、0-40、15-40、

第12ゲーム:6-6錦織がキープ

メモ:錦織が良い動きでフォアのダウンザライン・ウィナーなどを決めた。

0-15、15-15、30-15、40-15、

タイブレーク:7-6錦織が制す。

メモ:長丁場の試合だが、錦織はフットワークをうまく使って強烈なウィナーを決めてリード…しかし、スタホフスキーも粘ってついていく…終盤でスタホフスキーが手痛いDフォルト

1-0、2-0、3-0、3-1、3-2、4-2、5-2、5-3、5-4、6-4、6-5、6-6、7-6、8-6

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ