あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


9/15~卓球・アジアカップ2017

GO Kei! 9/15~デビス杯2017 日本VSブラジル

9/12~バドミントン・韓国OP2017

akatsuki18.comに一部ブログの移転を開始しております(9月下旬頃までには新サイトでページを更新予定)。
東レPPO2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     9/18~東レ パン パシフィック2017 ドロー、組み合わせ

テニス     9/15~デビス杯2017 日本VSブラジル テレビ放送、出場選手、試合結果

速報      9/10平昌五輪・女子カーリング日本代表決定戦・第4戦 LS北見VS中部電力

カーリング   9/8~平昌五輪・女子カーリング日本代表決定戦 結果、テレビ放送

卓球      9/15~卓球女子 アジアカップ2017 試合結果、出場選手 石川佳純、平野美宇が参戦!

卓球      9/15~卓球男子 アジアカップ2017 試合結果、出場選手 水谷隼、丹羽孝希が参戦!

卓球      9/19~卓球女子 オーストリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、早田ら参戦!

卓球      9/19~卓球男子 オーストリア・オープン2017 試合結果、出場選手、丹羽、松平、吉村ら参戦!

バドミントン  9/12~韓国オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/12~韓国オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

遅咲き・28歳の杉田祐一がツアー初優勝! 松岡、錦織に続く日本人・史上3人目の快挙!(アンタルヤ・オープン2017)

アンタルヤ・オープン2017(ATP250・トルコ)を制したのは、28歳の杉田祐一となりました。 この大会は今季新設された大会であり、はえある第1回の優勝者として名前を刻みました。

ちなみに、2017年にツアー初優勝をとげたのは、G・ミュラー、R・ハリソン、B・コリッチがおり、杉田は4人目となりました。

スポンサーリンク

 

日本の選手に限ってみれば、過去にATPツアーで優勝しているのは松岡修造、錦織圭の2人だけ。 3人目のツアー優勝者として、日本のテニス史上に名前を刻みました。

アンタルヤ・オープン2017・杉田の勝ち上がり

1回戦:マシュー・エブデン(オーストラリア・272位)

2回戦:D・フェレール(スペイン・39位)

3回戦:アルトマイヤー ダニエル(ドイツ・252位)

準決勝:バグダティス(キプロス・79位)

決勝:A・マナリノ(フランス・62位)

 

大会を振り返れば、2回戦で第4シードのフェレールを破り、準決勝はバクダティスが途中棄権するなど、大きなポイントがありました。

今大会の第1シードは、D・ティエム(オーストリア・8位)、第2シードはP・ロレンツィ(イタリア・33位)、第3シードはF・ベルダスコ(スペイン・35位)でしたが、ティエム、ロレンツィは2回戦で姿を消しました。

このように波乱が起きたのも杉田の追い風となりました。

 

初優勝を成し遂げた杉田は「これは最高です。最高のテニスができました。誇りに思います」を喜びを語りました。 さらに、優勝の要因として、直前の大会・ゲリー・ウェバーで憧れのフェデラーと対戦できたことを挙げています。

そして、次なる目標として、グランドスラムでシード権(世界ランク32位・以内)を獲得したいと語りました。

杉田はこの優勝で、世界ランクが50位以内に入ることが確定しました。 これは、日本のテニスファンからすると、相当すごいことです。

 

そんな杉田に対し、錦織は「ストロークで弱点がなく、他の選手と打ち合える」ことを長所として挙げています。 また、ストイックで独特の世界観を持つ杉田に対し、「仙人のようで学ぶべきことがたくさんある」と尊敬の念を現しました。 さらに、サーブの向上、前に出るプレーを磨けば、トップ30、20に入る力があるとも評しています。

 

日本のファンにとっては、錦織圭、(怪我をしている)西岡良仁に続く、世界と戦えるプレイヤーが出たことをうれしく思います。

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ
杉田祐一 選手名鑑

スポンサーリンク

 

f:id:akatsuki_18:20170702124052j:plain