あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

加藤美優 平野、伊藤、浜本と並ぶ黄金世代、気鋭の若手プレイヤー 選手名鑑

1歳上に浜本由惟、1歳下に平野美宇伊藤美誠らがおり、加藤美優を含め黄金世代と呼ばれています。 2017年の世界卓球の日本代表にも選ばれており、さらなる活躍が期待される選手です!

※2017年5月更新

スポンサーリンク

 

加藤美優

東京都武蔵野市出身

1999年4月14日生まれ(18歳)

157㎝/45kg

右利き

現在の世界ランキング:32位

戦型:右シェーク両面裏ソフトドライブ型

所属:日本ペイントホールディングス

プレースタイル

手首が柔らかく、強力なバックハンドを持つ。攻守において安定したプレーができるオールラウンダー。

相手が攻勢に出ればうまく受け、相手が守勢に回れば攻撃的に行くなど、試合をうまく展開できる戦術に優れた選手。

サービスが多彩なのも武器。

チキータ(サーブレシーブ)にさらに逆回転を加えたオリジナルのレシーブ「ミュータ」は、加藤の代名詞となっている。

スポンサーリンク

 

プロフィール

父親が卓球選手ということもあり、6歳で競技を始める。

その頃の練習場所は、吉祥寺のガレージだった。

小1の時に全日本(バンビの部)に出場、ベスト8だった。この大会には、後に黄金世代と呼ばれる平野美宇伊藤美誠浜本由惟らが出場している。加藤はベスト16で平野、ベスト8で浜本と対戦している。

小5、2012年に出場した全日本卓球でベスト32。これは福原愛以来の小学生記録である。

小学校卒業後、JOCエリートアカデミーに所属。

中学卒業後に、礼武卓球道場に所属。

2014年、全日本ジュニアで平野美宇を破って優勝。中学生での優勝は、5人目の記録である。

2015~2016シーズンのドイツ・ブンデスリーガに参戦。

2016年のリオ五輪では閉会式の映像で加藤が登場している。

2016年の世界ジュニア卓球に出場、日本代表は平野、伊藤、早田の4人。この大会で加藤は団体で金、シングルスで4位(日本女子最高成績・銅メダル)、早田とのダブルスで準優勝。

2016年のワールドツアーでは、U-21部門でハンガリー、ポーランド、オーストラリアで優勝。

2017年の世界卓球(デュッセルドルフ大会)に日本代表として出場する。

☆卓球トップページ