あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球7/2~オーストラリアOP2017 石川、平野、水谷、張本ら出場

GO Kei! 7/3~ウィンブルドン2017

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

テニス     ウィンブルドン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

卓球      7/2~卓球女子 オーストラリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野らが出場!

卓球      7/2~卓球男子 オーストラリア・オープン2017 試合結果、出場選手 水谷、張本ら参戦!

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

速報2/27ジャンプ混合団体・ノルディック世界選手権2017・決勝 高梨沙羅、葛西紀明の競演は!?(ラハティ大会/ノーマルヒル)


 Atos International

放送日時:2/27(月)0:25~2:20(NHK・BS1)
場所:ラハティ(フィンランド)

ワールドカップで優勝を重ねる高梨沙羅世界選手権の混合団体でもメダル獲得が期待されます。女子では伊藤有希も出場が有力です。男子は葛西紀明が残念ながら不出場です。

☆高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール→こちら
☆速報→第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 第9戦 第10戦
第11戦 第12戦 第13戦 第14戦 第15戦 第16戦 第17戦 第18戦 第19戦 
世界選手権・ジャンプ女子
ノルディック世界選手権2017 日本代表の出場選手、テレビ放送

スポンサーリンク

 

速報

ヒルサイズ:100m

K点:90m

ヒルレコード:103.5m

メモ:日本のメンバーは高梨沙羅、伊藤有希、伊東大貴、竹内択。

順位

f:id:akatsuki_18:20170227023038g:plain

スポンサーリンク

 

日本勢

f:id:akatsuki_18:20170227023014g:plain

トライアル(試技)

高梨は94.5m。

竹内は93.5m。

伊藤有は96.0m。

伊東大は87.0m。

1回目

メモ:11番目に高梨、25番目に竹内、39番目に伊藤有希、53番目に伊東大貴。追い風で各選手が苦しむ状況

1人目

11番高梨は強い追い風で90.0m、この時点で1位。

13番シュトルツは88.5m、この時点で2位。

14番フォークトは唯一の向かい風で98.0mの大ジャンプ、この時点で1位。

2人目

25番竹内は強い追い風で89.0m、この時点で1位。

27番ハイベックは92.0m、この時点で2位。

28番アイゼンビヒラーは95.5m、この時点で1位。

3人目

38番ルンビュは90.5m、この時点で1位。

39番伊藤有は95.0mの大ジャンプ、この時点で1位。

40番ザイフリーズベルガーは94.5m、この時点で2位。

41番ビュルトは95.0mの大ジャンプ、この時点で1位。

4人目

53番伊東大は伸ばして92.5m、この時点で1位。

55番クラフトは96.5mの大ジャンプ、この時点で1位。

56番はウェリンガーは向かい風で99.0m、この時点で1位。

2回目

1人目

メモ:ドイツ、オーストリア、日本のメダル争いの様相…

5番高梨は強い追い風で89.5m、空中で体が少し揺れました。この時点で1位。

7番シュトルツは90.5m、この時点で1位。

8番フォークトは95.0m、この時点で1位。

2人目

13番竹内は92.0m、この時点で1位。

15番ハイベックは97.5mの大ジャンプ、この時点で1位。

16番アイゼンビヒラーは99.5m、この時点で1位。

3人目

20番ルンビュは93.5m、この時点で2位。

21番伊藤有は93.5m、この時点で1位。

22番ザイフリーズベルガーは92.5m、この時点で1位。

23番ビュルトは95.5m、この時点で1位。

4人目

29番伊東大は96.5m、この時点で1位。

30番クラフトは97.0m、この時点で1位。

31番ウェリンガーは98.0m、この時点で1位。

1位ドイツ、2位オーストリア、3位日本。