あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

スイス・インドア2016 テレビ放送、出場選手、見どころ 錦織の出場は!

☆スイス・インドア2016→ドロー・組み合わせ表

錦織の試合、テレビ放送(決まり次第、随時掲載します)

テレビ放送ガオラ(夜10時~朝6時頃)でLive。BS朝日でも放送(Liveまたは時差放送だと思われます)。

1回戦:10/25 1:45~ガオラ、BS朝日でLive

2回戦:10/27 午前0:00以降~ガオラ・BS朝日でLive。

準々決勝10/29 午前0:00以降~ガオラ・BS朝日でLive。

準決勝:10/29 21:30~試合開始予定~ガオラ・BS朝日でLive。

決勝:10/30 22:30以降~ガオラ・BS朝日Live。

スポンサーリンク

 

楽天ジャパンOP2016・2回戦で途中棄権をした錦織。左でん部の突然の痛みからでしたが、状態は軽傷ということでした。そのため、スイス・インドアには出場する可能性があることを表明しています。

2015年は決勝で、フェデラーVSナダルというカードが実現したこの大会。 今年はどのようなドラマが生まれるでしょうか!?

☆スイス・インドア2015→組み合わせ

スイス・インドア2016

場所:スイス(バーゼル)

メモ:フェデラーが最多、7回の優勝を誇る大会

コート:室内ハード

カテゴリー:ATP500

日程:10月24日(月)~30日(日)

ドロー:32

近年の優勝者:フェデラー(2010、2011、2014、2015)、デルポトロ(2012、2013)

スケジュール

1回戦:10/24,10/25

2回戦:10/26,10/27

準々決勝:10/28

準決勝:10/29

決勝:10/30

スポンサーリンク

 

注目の出場選手

錦織圭(5位)

f:id:akatsuki_18:20161017194522g:plain

 chascow

日本 46勝14敗

10月16日時点で、2016年のハードコート勝利数、35勝で4位タイにつけている錦織圭。 今季は負傷でいくつかの大会を欠場しているが、フィジカルの向上も顕著だ。 特に今季はサーブの向上が目立つが、トッププレイヤーとしてのメンタルのタフさも際立つ。リオ五輪では銅メダルを獲得して、歴史に名を刻んだ。

この大会は2011年の準優勝が最高成績。今年の出場は、現時点では微妙である。

S・ワウリンカ(3位)

f:id:akatsuki_18:20161017194834g:plain

 Carine06

スイス 43勝14敗

ワウリンカの今季のハイライトは、やはり決勝でジョコビッチを破った全米OPだろう。 準決勝では錦織に対し、無尽蔵のスタミナとエナジーを発揮、「スタンザマン(男の中の男)」の異名は伊達じゃないことを証明。 ランキングも3位が定位置になりつつあり、ジョコビッチ、マレーに次ぐトッププレイヤーとなっている。 強力なサーブ、片手バックハンドを武器に、今季はすでに4勝をあげている。 弱点は、大会によって好不調の波が激しいところである。

R・ナダル(6位)

f:id:akatsuki_18:20161017195107g:plain

 Marianne Bevis

スペイン 35勝12敗

昨年はこの大会で準優勝、決勝ではライバル・フェデラー戦を実現させた。

今季はモンテカルロ(マスターズ)で優勝、復活を印象づけた。続くバルセロナOPでは、錦織を決勝で破って優勝、「赤土の王」健在ぶりを示した。

その後もコンスタントに勝ち星を重ねているが、上海マスターズでは初戦で敗れている。

N・キリオス(14位)

f:id:akatsuki_18:20161017195238g:plain

 Kulitat

オーストラリア 38勝15敗

今季は3勝をあげ、若手の中でもティエムと並び、上位争いに加わっている選手である。 コート外でも何かと騒がしい選手であり、楽天ジャパンOPでは、試合の20分前に彼女とスタバにいたというエピソードも。 それでも、試合に勝って、最終的には優勝をはたした。

フィジカルに優れ、サーブ、ストローク共に強力な攻撃力を持っており、要注意プレイヤーである。

※上海マスターズで無気力試合を行ったため、出場停止となりました。

上位選手

M・ラオニッチ(4位)

カナダ 47勝14敗

M・チリッチ(11位)

クロアチア 33勝17敗

D・ゴファン(12位)

ベルギー 40勝20敗

G・ディミトロフ(18位)

ブルガリア 36勝22敗

R・ガスケ(19位)

フランス 28勝15敗

J・ソック(23位)

アメリカ 28勝15敗 他

※ランキングは2016年10月17日時点。

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ