あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


12/13~バドミントン・ファイナル2017

GO Kei! 2018スケジュール掲載!

12/16~ジャンプ女子W杯・団体戦!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     ブリスベン国際2018 出場選手、テレビ放送 錦織圭の復帰戦

速報      12/16ジャンプ女子W杯2017 第4戦

バドミントン  12/13~スーパーシリーズファイナルズ2017・女子シングルス 試合結果、出場選手

バドミントン  12/13~スーパーシリーズファイナルズ2017・女子ダブルス 試合結果、出場選手

速報      12/2サッカー・W杯2018 組み合わせ、抽選会

速報      11/26クイーンズ駅伝2017

卓球      11/27~卓球女子 世界ジュニア2017 試合結果、出場選手

卓球      11/22~卓球女子 スペイン・オープン2017 試合結果、出場選手

カーリング   11/2~女子 パシフィック・アジア2017 LS北見が出場!

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

ロジャーズ・カップ2016 テレビ放送、出場選手、見どころ 錦織のタフな夏が始まる!

ロジャーズ・カップ2016→ドロー・組み合わせ表

今季の錦織は、マイアミで準優勝マドリードBNLイタリア国際でベスト4と、マスターズの優勝まであと一歩というところまで、近づいています。この3大会は、ジョコビッチにすべて敗退している錦織ですが、優勝を目指すロジャーズ・カップにのぞむことになります!

マレー、フェデラー、ナダルが欠場すると発表しています。

ロジャーズ・カップ2016

日程:7月25日(月)~7月31日(日)

場所:カナダ(トロント)

サーフェス:屋外ハードコート

グレード:マスターズ(1000)

時差:-13時間…カナダが正午12時の場合、日本は午前1時。

メモ:1881年から開催されている歴史ある大会。今年はリオ五輪の影響で、開催時期が早まっている。昨年の錦織はベスト4。1990年には、コーチのマイケル・チャンが優勝している大会。

近年の優勝者:マレー(2015)、ツォンガ(2014)、ナダル(2013)、ジョコビッチ(2012、2011)

スケジュール

1回戦:7月25日・26日

2回戦:7月26日・27日

3回戦:7月28日

準々決勝:7月29日

準決勝:7月30日

決勝:7月31日

テレビ放送:GAORAでは1回戦から生中継。NHK・BS1でも錦織の試合を中心に放送があります。

錦織の放送:試合前日に時間が発表されますが、発表次第、日時を掲載していきます。錦織の初戦は、7月27日夜or7月28日午前に行わると思われます。

2回戦(VSノビコブ・131位):7月27日24時~(※7月28日0:00~)ガオラ、NHK・BS1でLive。

3回戦(VSラム・118位):7月28日24時~(※7月29日0:00~)ガオラ、NHK・BS1でLive。

準々決勝(VSディミトロフ・40位):7月30日午前3:30~開始予定 ガオラ、NHK・BS1でLive。

準決勝(VSワウリンカ・5位):7月31日午前4:00~開始予定 ガオラ、NHK・総合でLive。※準決勝の第2試合は9:00~ガオラ、NHK・BS1でLive

決勝VSジョコビッチ・1位):8月1日午前5:00~ガオラ、NHK・BS1でLive

スポンサーリンク

 

注目の出場選手

※基本的に30位以内の選手は、出場義務があります。

錦織圭(6位)

f:id:akatsuki_18:20160630001653g:plain

si.robi

国籍:日本 今季成績:33勝9敗 昨年:ベスト4

2015年は、この大会でベスト4という成績を残している。アンドゥハル(当時47位)、ゴファン(当時14位)、ナダル(当時9位)を破るも、準決勝ではマレーの前にストレート負けを喫している。 ちなみに、ナダルからは初勝利を挙げ、BIG4全員から勝利をあげたことになる。

しかし、マレーには、セカンドサーブ時に大きく前に踏み込まれて叩かれるなど、サービスゲームでプレッシャーを受けつづけた。また、疲労の蓄積などもあり、コンディションも悪く、第2セットは一方的に得点を奪われた。結局、3-6、0-6での敗戦となり、観客からはブーイングさえ起きた試合だった。この後、錦織は全米OPに初戦で敗れるなどスランプに陥り、シーズン終盤まで苦しだ。今季はこの大会の後、リオ五輪へと入るため、錦織のコンディションにも注目だ。

アンディ・マレー(2位) (欠場)

f:id:akatsuki_18:20160630001949g:plain

Marianne Bevis

国籍:英国 今季成績:32勝6敗 昨年:優勝

シーズン序盤こそ、子供が生まれた影響で、出場試合数も少なく、試合勘が心配されたマレー。しかし、徐々に調子を上げていき、順調に勝ち星も伸ばしている。ちなみに、BNLイタリア国際(マスターズ)、AEGON選手権(500)の2大会で優勝するなど好調だ。

マレーはライバル・ジョコビッチに対し、10勝24敗と大きく負け越している(2016年は1勝3敗)。過去3回の優勝を誇るこの大会では、ジョコビッチからも勝利がほしいだろう。

ノバク・ジョコビッチ(1位)

f:id:akatsuki_18:20160630002032g:plain

Marianne Bevis

国籍:セルビア 今季成績:43勝3敗 昨年:準優勝

全仏OP初制覇を成し遂げ、念願だった生涯グランドスラムを達成したジョコビッチ。2015年同様の快進撃を続け、絶対王者として男子テニス界を席巻している。

昨年のこの大会では、ややモチベーションの低下が見られ、準々決勝のガルビス(当時87位)戦では、マッチポイントを握られるピンチもあった(結局、決勝でアンディ・マレーに敗戦することになった)。

今季は圧倒的な強さを誇り、隙がない状況のジョコビッチ。ゴールデンスラムを狙うリオ五輪の前哨戦となるこの大会、ジョコビッチのコンディションも気になるところだ。ちなみに、この大会では3回の優勝を数える。

ロジャー・フェデラー(3位)(欠場)

国籍:スイス 今季成績:17勝6敗 昨年:欠場

ラファエル・ナダル(4位)(欠場)

f:id:akatsuki_18:20160630002129g:plain

globalite

国籍:スペイン 今季成績:29勝8敗 昨年:ベスト8

今季はモンテカルロ・マスターズバルセロナOPで2勝を挙げている。今年も精力的にコートを駆け回り、強烈なフォアハンドでの攻撃を見せている。しかし、全仏OPで途中棄権して以降、左手首の故障で欠場が続いている状況だ。再び元気な姿を見せてほしいというファンは多いだろう。

この大会は、ナダルも3勝を挙げている相性の良い舞台である。

スタン・ワウリンカ(5位)

国籍:スイス 今季成績:28勝9敗 昨年:2回戦をキリオスの問題発言で棄権

ミロシュ・ラオニッチ(7位)

国籍:カナダ 今季成績:32勝8敗 昨年:2回戦敗退

ドミニク・ティエム(8位)

国籍:オーストリア 今季成績:45勝12敗 昨年:1回戦敗退

トーマシュ・ベルディヒ(9位)

国籍:チェコ 今季成績:22勝11敗 昨年:2回戦敗退

リシャール・ガスケ(10位)

国籍:フランス 今季成績:19勝8敗

D・ゴファン(ベルギー・11位)

JF・ツォンガ(フランス・12位)

M・チリッチ(クロアチア・13位)

D・フェレール(スペイン・14位)

RB・アグト(スペイン・15位)

G・モンフィス(フランス・16位)

J・イズナー(アメリカ・17位)

N・キリオス(オーストラリア・18位)

B・トミック(オーストラリア・19位)

G・シモン(フランス・20位)

※順位、成績は6月29日時点

2015年の成績上位者

f:id:akatsuki_18:20160630002331g:plain

☆錦織圭・テニス情報が満載→トップページ

スポンサーリンク