あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球7/2~オーストラリアOP2017 石川、平野、水谷、張本ら出場

GO Kei! 7/3~ウィンブルドン2017

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

テニス     ウィンブルドン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

卓球      7/2~卓球女子 オーストラリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野らが出場!

卓球      7/2~卓球男子 オーストラリア・オープン2017 試合結果、出場選手 水谷、張本ら参戦!

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

速報6/26日本陸上選手権2016 5000m決勝(男子・女子)(リオ五輪・代表選考会)

女子5000m決勝

競技日時:6月26日16時40分(放送はNHK)

男子5000m決勝

競技日時:6月26日17時05分(放送はNHK)

世界と差をつけられている長距離にあって、対抗しうる可能性を持っているのが鈴木亜由子です。駅伝でもエースとして活躍しており、10000mとの2冠を目指しています。

その鈴木以外では、実力ある尾西、小出監督の秘蔵っ子・鷲見梓沙にも注目です。

男子では、Nike ORPJTで力をつけ、日本新記録を出した大迫、さらには鎧坂、村山紘太がトップ争いを演じそうです。

スポンサーリンク

 

速報

f:id:akatsuki_18:20160622204239g:plain

Francis Storr

有力選手

f:id:akatsuki_18:20160622223932g:plain

f:id:akatsuki_18:20160622223935g:plain

女子・決勝

f:id:akatsuki_18:20160626172551g:plain

5000m:10000mとの2冠がかかる鈴木、小出監督の秘蔵っ子・鷲見、錯塩優勝の尾西など、実力ある選手がそろっています…

スタートしました…最初に前に出たのは、横江です…

1200m通過したところでは、鈴木亜由子が前に出ています…鈴木が積極的に走っています…

さらに、その後ろには同じ日本郵政の関根がついています…

2000m通過で、関根が前に出て集団を引っ張っています…集団は縦長になって、遅れる選手も出てきました…

先頭集団が形成されつつあります…

ペースはやや落ちてきています…

先頭集団は10人になっています…

3000m通過で、鈴木が先頭に出ました…鈴木、石井、尾西、関根など先頭集団は6人に絞られています…

積水化学の松崎が、先頭集団から遅れ、優勝争いは5人です…

残り3周となりました…4000m通過で、カムルが遅れました…
残り2周で石井がトップ、尾西、鈴木、関根の順です…
残り1周で、鈴木がラストスパートをかけて1位、尾西が鈴木をマーク、2人の争いです!
しかし、苦しそうな関根も追走、3人の争いです…

ゴール前スプリントで、尾西がラストスパート、一気にペースをあげると、鈴木を引き離しました…

尾西が独走、鈴木、関根が追うも、追いつけません…尾西が周回遅れをかわして優勝! リオ五輪決定! 見事なラストスパートでした。

2位は鈴木、3位は関根でした!

男子・決勝

f:id:akatsuki_18:20160626174206g:plain

村山が欠場となった男子5000m、大迫、鎧坂が優勝争いとなりそうです…

スタートしました…

まず、旭化成の市田が先頭に出ました…その後ろに、設楽がつけました…大迫は7番手あたりです…

1000m通過で、設楽が積極的な走りで、先頭に出ています…
集団が縦長になっています…

2000m通過…大迫がすっと前に出て、4番手に上がっています…2600m手前で、DeNAの上野が前に出ました。

3000m通過で、1位上野、2位大迫となっています…鎧坂は先頭集団につけません…

先頭集団は9人です…

3800m通過で、上野が失速しました…

先頭集団はばらけ、トップ集団は3人です…

残り1周で大迫がスパート、一気に後方を突き放しました…

大迫がリードしたまま、1位でゴール、リオ五輪、10000mとの2冠を達成

☆日本陸上選手権2016 テレビ放送、競技種目→こちら
☆日本陸上選手権2016 競技結果、決勝の開始時間→こちら
☆世界陸上 日本人歴代メダリスト 最多メダル獲得競技は? 最も多くのメダルを獲得しているのは誰!?→こちら

スポンサーリンク