あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


10/4~卓球・ポーランドOP2017

GO Kei! 10/8~上海マスターズ2017

10/6~世界ミックスカーリング選手権2017

akatsuki18.comにブログを移転しました。
上海マスターズ2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     10/8~上海マスターズ2017 ドロー、組み合わせ、試合結果

テニス     10/2~楽天ジャパンOP2017 ドロー、組み合わせ

速報      10/6楽天ジャパンオープン2017 準々決勝 杉田祐一VSアドリアン・マナリノ

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 試合結果、出場選手 伊藤美誠が参戦!

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 組み合わせ

カーリング   10/6~世界ミックスカーリング選手権2017 試合結果、日程 高校生が世界に挑む!

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

リオ五輪 女子マラソン 日本代表選考レース 代表に選ばれる選手は!?(選考対象の4大会の結果、有力候補、選考基準)

リオ五輪に向けた女子マラソンの選考レースも、いよいよ大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズの2大会を残すのみとなりました。このページでは、リオ五輪の選考レースの結果や、日本代表選手に関して、色々と掲載しています。

追記:リオ五輪代表が3月17日に発表されました。代表選手に関しては、下の表をご覧ください。

リオ五輪マラソン・代表(女子)

f:id:akatsuki_18:20160224230435g:plain

リオ五輪 日本代表の出場枠は「3」

選考対象のレースは4大会

①第15回世界陸上競技会選手権大会(2015年8月/北京)

第1回さいたま国際マラソン(2015年11月/さいたま)

第35回大阪国際女子マラソン(2016年1月/大阪)

名古屋ウィメンズマラソン2016(2016年3月/名古屋) 

1枠は世界陸上2015で、7位入賞の伊藤舞が獲得。 残り2枠に関しては、さいたま、大阪、名古屋のレースが対象となる。

2枠目は、大阪国際マラソンで、2時間22分30秒を切って、1位になった福士加代子が有力となった(メディアの中には、確定と報道したところが多かったですが、その後、日本陸連は落選の可能性もわずかにあると語っています)。

3枠目は名古屋ウィメンズで、ゴール前まで小原と壮絶なデットヒートを展開し、2位になった田中智美が有力となった(小原との差は1秒)。

日本陸連設定記録(2時間22分30秒)を満たした選手で、日本人3位以内といのが、選考において重要な基準となる。

代表決定!

f:id:akatsuki_18:20160317175641g:plain

スポンサーリンク

 

世界陸上2015

f:id:akatsuki_18:20160130190017g:plain

さいたま国際マラソン

1位:バイサ(2時間25分44秒)

2位:吉田香織(2時間28分43秒)

3位:チェサイア(2時間29分11秒)

大阪国際マラソン

f:id:akatsuki_18:20160131151051g:plain

名古屋ウィメンズ

f:id:akatsuki_18:20160313121756g:plain

f:id:akatsuki_18:20160313121843g:plain

リオ五輪・女子マラソン代表(候補)
伊藤舞

世界陸上2015で7位入賞。日本人1位となり、選考基準をクリア。リオ五輪代表の座を勝ち取った。

吉田香織

さいたま国際マラソンには、市民ランナーとして参加(元々は高橋尚子などとも走っていた実業団選手)。堂々の2位となり、日本人では最高順位となった。しかし、タイムに関しては「物足りない」という日本陸連の声も聞こえている。はたして…。

福士加代子

大阪国際マラソンでは、24㎞過ぎから独走。1月ながら暑さがある中で序盤からハイペースのレース展開となった。しかし、終始圧倒的な強さを見せて、1位となった。タイム、記録とも、日本陸連の基準を突破して、リオ五輪を有力とした。

田中智美

世界陸上2015の選考レース・横浜国際では優勝しながらも、落選した経験を持つ。3枠目の重友との差は、わずか18秒だった(大阪国際で、重友の順位は2位)。

名古屋ウィメンズ2016では、女子マラソン史に残る壮絶なデットヒートを小原(天満屋)とゴール前まで繰り広げ、日本人トップとなった(2位)。3位の小原との差は1秒にすぎなかった。

☆マラソン・駅伝 トップページ
☆リオ五輪 男子マラソン 日本代表選考レース 代表に選ばれる選手は!?(選考対象の4大会の結果、有力候補、選考基準)→こちら

スポンサーリンク