あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
パリ・マスターズ2018→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

速報      12/12ツアーファイナル2018桃田賢斗VSS・ヴェルマ(男子シングルス)

速報      12/12ツアーファイナル2018山口茜VSシンドゥ(女子シングルス)

テニス     12/21~ハワイ・オープン2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送 錦織圭が参加!

カーリング   2018-2019 LS北見の大会スケジュール・日程

カーリング   12/5~女子カーリング ワールドカップ2018 2nd leg 試合結果、出場国、日程 日本からLS北見参戦

カーリング   12/11~女子カーリング ブースト・ナショナル2018 結果、日程 LS北見、北海道銀行が出場(Boost National)

バトミントン  2018年度の大会スケジュール・日程

卓球      12/13~卓球女子 ワールドツアーグランドファイナル2018 試合結果、組み合わせ、出場選手 石川、伊藤

卓球      12/13~卓球男子 ワールドツアーグランドファイナル2018 試合結果、組み合わせ、出場選手 張本、水谷

バドミントン  12/12~バドミントン・ツアーファイナル2018 女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  12/12~バドミントン・ツアーファイナル2018 女子ダブルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  12/12~バドミントン・ツアーファイナル2018 男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  11/27~全日本バドミントン2018 女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  11/27~全日本バドミントン2018 女子ダブルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  11/27~全日本バドミントン2018 男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

バドミントン  11/27~全日本バドミントン2018 混合ダブルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

全豪OPテニス2016 錦織も出場! 日程、テレビ放送、注目選手など見所は!?

1月18日から、いよいよ2016年、最初のグランドスラム・全豪OPが開幕します。2015年の大会では、ワウリンカに敗れてベスト8だった錦織。昨年以上の成績を残して、今シーズンにはずみをつけられるかどうか、重要な大会になります!→全豪OP2016ドロー

全豪オープンテニス2016

f:id:akatsuki_18:20160112182117g:plain

場所:メルボルン

サーフェス:ハードコート

優勝賞金:3億1千万円

最初のグランドスラム(四大大会)。真夏の大会であり、欧米選手にとっては時差、移動距離など、厳しい条件のため、アップセットなどが起こりやすい。

過去5年の優勝者をみると、2011年から2013年、および2015年をノバク・ジョコビッチが制している。2014年はスタン・ワウリンカが優勝。

テレビ放送

基本的に生放送はWOWOW。地上波はNHKが放送予定だが、夜の12時前後の録画放送がメイン。錦織の試合に関しては、すべて生放送と電話で確認済み。ただし変更もある可能性があり、随時確認が必要。錦織の1回戦は、NHK・Eテレで放送があることを確認。2回戦はNHKで生放送。

日程:1月18日~1月31日

1回戦:1月18日・19日

2回戦:1月20日・21日

3回戦:1月22日・23日

4回戦:1月24日・25日

準々決勝:1月26日・27日

準決勝:1月28日・29日

決勝:1月31日

スポンサーリンク

 

注目選手

錦織圭

f:id:akatsuki_18:20160103212726g:plain

ランキング:7位

2016年の成績:1勝1敗

2015年までの四大大会の通算成績は、45勝23敗としている。最高成績は、2014年の全米での準優勝、ベスト8が3度、ベスト16が5度という結果を残しています。 ちなみに、2015年度は、全豪OP・全仏OPでのベスト8が最高成績でした。それを踏まえると、錦織にとってはベスト8の壁を破り、ベスト4進出が、目標となってくると思います。もちろん、グランドスラム初制覇を目指すシーズンであることはかわりませんが、そのためにはジョコビッチを始め、トップ4に君臨している強豪を破る必要があります。

2016年の最初の大会・ブリスベン国際では、準々決勝で若手有望株のB・トミック(17位)に敗れているだけに、勝ち星を重ねることが大切になります。

ノバク・ジョコビッチ

f:id:akatsuki_18:20160112182450g:plain

ランキング:1位

2016年の成績:5勝0敗

1月4日に開幕したカタールOPを、すべてストレート勝利で優勝を飾ったジョコビッチ。本人に「最高のシーズン」と言わしめた2015年でしたが、今季もその強さは健在です。カタールOPでは、ナダル ベルディヒなどに対しても、1セットも落とさずに勝利。「心技体」がそろった唯一無二のトッププレイヤーとして、今年は全仏OP優勝…生涯グランドスラム達成を狙う年になります。サーブ、リターン、ストローク、メンタル、現地点で、すべてで最も高いレベルのプレーを見せています。

ロジャー・フェデラー

f:id:akatsuki_18:20160109212323g:plain

ランキング:3位

2016年の成績:3勝1敗

2016年最初の大会であるブリスベン国際では、決勝でラオニッチに敗れたものの、その他の試合では好調さを見せたフェデラー。年齢を考えると、トップレベルでできる時間は、限られています。今年はジョコビッチに近い人物を、自分のチームに引き入れ、打倒ジョコビッチのために、すべてをやるべく、準備に余念がありません。2015年は唯一、ジョコビッチに複数勝利をあげたものの(3勝)、全米OPの決勝など、ここぞの時に敗戦を喫しています。今年はジョコビッチと、どのような激闘を繰り広げるのか……最大の注目の一つです。

アンディ・マレー

f:id:akatsuki_18:20160112182820g:plain

ランキング:2位

2016年成績:0勝0敗

2015年はマスターズで、ジョコビッチに次ぐ2勝をあげたマレー。グランドスラムの優勝はありませんでしたが、トップ選手として、確実にレベルアップをしています。また、2015年はデビス杯で英国を優勝に導くなど、大きな成果も手にしています。まさに脂ののった今シーズン、頂点を目指す年になるでしょう。

スタン・ワウリンカ

f:id:akatsuki_18:20160112182911g:plain

ランキング:4位

2016年成績:4勝0敗

2014年に全豪OPで優勝して、四大大会初制覇を達成したワウリンカ。2015年もダークホースとして、絶好調だったジョコビッチを、全仏OP決勝で破り、生涯グランドスラムを阻んでいます。好不調の波がある選手ですが、好調時の片手バックハンドのダウンザラインは、威力抜群。2015年は錦織に対しても、強さを発揮しています。はたして、今シーズンはどのような活躍を見せるのでしょうか!?

ミロシュ・ラオニッチ

f:id:akatsuki_18:20160109212329g:plain

ランキング:14位

2016年成績:4勝0敗

2015年はランキングを4位まであげたものの、足の手術、腰の負傷などもあり、シーズン途中から欠場があったラオニッチ。最終的にはトップ10からも陥落しています。再び上位進出を目指す今シーズン、代名詞であるビックサーブは健在でした。ブリスベン国際2016では、決勝でフェデラーはストレートで撃破。225キロを超えるサーブに加え、回り込んでのフォアハンド、積極果敢なネットプレーなどで、フェデラーを上回りました。錦織世代の中でも期待の高い選手であり、今シーズンは上位を脅かす存在として注目すべき選手です。

錦織の下の世代

f:id:akatsuki_18:20160112183219g:plain

※B・コリッチ(19歳)若手の最注目株の一人

1月4日に開幕した3大会、錦織の下の世代である20歳前後の選手の活躍が目立ちました。B・トミック(17位)は、錦織などを破りベスト4進出、D・ティエム(20位)もベスト4、B・コリッチ(40位)は決勝でワウリンカに敗れて準優勝という成績でした。こういった世代が、トッププレイヤーを脅かすかどうかも、全豪OPでは注目していきたいと思います。

※ランキング上位104名、128人による予選を勝ち抜いた16人、主催者推薦(ワイルドカード)による8人、合計128名が出場資格を得る。

☆テニス、錦織情報が満載→トップページ

スポンサーリンク