あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


6/20~中国OP2017 石川、平野、伊藤ら出場

GO Kei! 6/22ゲリー・ウェバーOP2017・2回戦

6/20~バドミントン・オーストラリアOP

ゲリー・ウェバーOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      6/23,6/24日本陸上2017・男子100m

速報      6/22ゲリー・ウェバー・オープン2017 2回戦 錦織圭VSカレン・カチャノフ

速報      6/20ゲリー・ウェバー・オープン2017 1回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第3シード!(ハレ大会)

テニス     ゲリー・ウェバー・オープン2017 出場選手、テレビ放送、去年の成績

卓球      6/20~卓球女子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 石川、平野、伊藤、佐藤らが出場!

卓球      6/20~卓球男子 中国オープン2017 試合結果、出場選手 丹羽、吉村、張本、松平ら参戦!

卓球      卓球女子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス・ダブルス)

卓球      卓球男子 中国オープン2017 トーナメント・組み合わせ表(シングルス)

陸上      6/23~日本陸上2017 テレビ放送、決勝の競技日時、注目選手

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  6/20~オーストラリア・オープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果 (女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2016-2017シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

速報11月22日 三浦隆司VSバルガス(WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ)

三浦隆司VSバルガス

放送日時:11月22日(日)11:00~(WOWOW)

本場ラスベガスで5度目の防衛戦に挑む三浦隆司。対戦相手はメキシコのホープで、プロデビュー後無敗できているフランシスコ・バルガスになります。相手としてはかなりの強豪ですが、はたして、勝利はどちらの選手が手にするのでしょうか!? 

☆ボクシング情報のトップページ
☆三浦隆司、バルガスの選手名鑑

 スポンサーリンク

   

速報

現在はべレスVSリオスというWBCフェザー級王者決定戦が行われています。第5R、べレスが優勢です。しかし、その後はリオスがボディ、顔へと打ち分けて流れを引き寄せます。リオスが前に出る姿勢を見せて、プレッシャーをかけています。第9Rリオスが、強打を当てながら、べレスをコーナーに追い詰めます。強力なパンチを持つリオスが、優勢に進めた印象です。判定で、リオスが勝利。

続いて、S・バンダム級10回戦、リゴンドーVSフランシスコ戦が行われています。リゴンドーが押し気味で進んでいます。フランシスコが前に出るも、リゴンドーがカウンター気味に迎撃しています。リゴンドーは間合いを取り、相手が来たらカウンターを繰り返します。打ち合いを避けるリゴンドーには、観客からブーイングがおきています。その展開のまま、試合が終わりました。97-93、100-90、100-90でリゴンドーが判定勝利です。

三浦が入場してきました。気合がみなぎっています。

第1R:ゴングが鳴りました…三浦がガードを固めています。バルガスが左のジャブで手数を出します。バルガスの強烈な右フックが三浦の顔に当たり、大きくぐらつきます。三浦が必死でクリンチ。その後も三浦が距離を縮め、何とかしのぎます。非常に危ない場面でした。

第2R:ゴングと開始に、三浦が前に出ます。バルガスが右を打ちこんできます。三浦の足が止まりがちです…まだ、効いているようです。三浦が左ボディをカウンターで当てます。終盤は三浦の足が戻り、手数がでました。

第3R:三浦のショートアッパーは空振り。三浦がフットワークが戻っています。三浦のボディが入っています。バルガスは手数で勝っています。

第4R:三浦のボディが当たっています。バルガスはボディを嫌がっています。三浦の左のショートが、バルガスに入りました。三浦が右のジャブでガードをこじあけ、左ストレートを叩き込みます。バルガスがダウン。

第5R:三浦が強烈なボディを叩き込みます。しかし。バルガスもボディを返してきます。三浦にリズムが出て、有効打を当てています。このラウンドはやや落ち着いています。

第6R:バルガスはガードをあげて、三浦のパンチを警戒しています。三浦のボディが効果的に入っています。バルガスのジャブも、三浦に入っています。三浦の手数が若干落ちています。バルガスの右がクリーンヒット。バルガスが距離を意識し始めました。

第7R:三浦が右のジャブを多く使っています。三浦が右のリードジャブから、左の強打…バルガスが思わず後ずさります。三浦が距離が近づくと、力が入ったパンチを放っています。三浦はリードパンチを、受けています。

第8R:開始早々、接近戦の打ち合いになります。三浦の強力な左が音を立てて当たります。バルガスが勝負をかけてきています。バルガスの右のリードジャブを三浦がもらっています。中央で激しいボディの打ち合いです。バルガスの左右のコンビネーションが出ています。終盤、三浦の左ストレートがはいり、バルガスがぐらつきました。

第9R:開始早々、三浦が左アッパー、右ストレートの強烈なコンビネーションを受けて、体ごと崩れました。一気に形勢が逆転。三浦がパンチを受け続けます。三浦、効いています。大きなピンチです。バルガスが畳み掛け、三浦が連打を受けて、レフリーストップ。三浦がTKO負けです。壮絶な打ち合いは、三浦が惜しくも逆転負けとなりました。

スポンサーリンク

   

f:id:akatsuki_18:20151120193100g:plain

f:id:akatsuki_18:20151120193115g:plain