あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


12/13~バドミントン・ファイナル2017

GO Kei! 2018スケジュール掲載!

12/16~ジャンプ女子W杯・団体戦!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     ブリスベン国際2018 出場選手、テレビ放送 錦織圭の復帰戦

速報      12/16ジャンプ女子W杯2017 第4戦

バドミントン  12/13~スーパーシリーズファイナルズ2017・女子シングルス 試合結果、出場選手

バドミントン  12/13~スーパーシリーズファイナルズ2017・女子ダブルス 試合結果、出場選手

速報      12/2サッカー・W杯2018 組み合わせ、抽選会

速報      11/26クイーンズ駅伝2017

卓球      11/27~卓球女子 世界ジュニア2017 試合結果、出場選手

卓球      11/22~卓球女子 スペイン・オープン2017 試合結果、出場選手

カーリング   11/2~女子 パシフィック・アジア2017 LS北見が出場!

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

2015年・11月8日試合結果 村田諒太VSガナー・ジャクソン(ミドル級10回戦)

村田諒太VSガナー・ジャクソン

放送日時:11月8日(日)16:00~(録画・フジテレビ)

ロンドン五輪・金メダリストの村田諒太は、ここまで7戦7勝と順調に勝ち星を積み上げています。世界ランキングも上位に上げており、世界挑戦まであと一歩というところまで来ています。王者を狙うためにも、絶対に負けられない一戦が、ラスベガスで行われます!

※試合は11月8日の午前中に行われます。試合内容は16時以降に掲載予定です。

※結果のみ試合後、一番下に速報します。
☆ボクシング情報→トップページ
☆ 村田諒太がラスベガスで、ガナー・ジャクソンと対戦! 放送日時、選手名鑑→こちら

スポンサーリンク

   

速報

第1R:ゴングが鳴りました。村田が左のジャブを放っていきます。ジャクソンも回転の速い左ストレートを放ってきます。互いにけん制しながら、主導権争いです。村田はガードを固めながらも、距離を詰めています。ジャクソンは積極的に前に詰めてきます。ジャクソンはパンチとクリンチを繰り返します。終盤、村田がワンツーを放ちます。

第2R:村田のボディが入ります。接近戦の展開、ジャクソンがしきりにクリンチにきます。村田がボディ、顔へとパンチを使い分けます。独特のリズムのジャクソンですが、有効打はあまり出ません。終盤、村田がワンツーの強打を見せていきます。

第3R:ジャクソンがボディから、回転の速いワンツー。村田はジャブをうまく使いながら、距離を詰めます。中盤、村田の左ジャブの連打。しばしば、村田のボディがジャクソンに入っています。終盤、村田の強い右ボディが入り、ジャクソンが一瞬クの字になりました。

第4R:序盤、ジャクソンの手数が出ていますが、村田がしっかりとガード。隙を見て村田がボディ、右フックをうまく放っていきます。村田が右アッパーから、左ボディのコンビネーション。村田の左、右のボディが入りました。村田がジャクソンをロープに詰めて、ボディを入れます。村田がボディから、上へとパンチを使い分けています。

第5R:村田のアッパー、ボディが相手を的確にとらえていきます。しかし、ジャクソンが手数を増やし、やや攻勢に出ます。このラウンドは村田がやや受け身となっています。

第6R:ジャクソンがアッパーで、村田のガードをこじあけようと攻めてきます。村田が力強い右ストレートでけん制。ジャクソンを下がらせて、アッパーを放ちます。ジャクソンが左フックから、飛び込んできます。両者、距離を詰めて、パンチを出しあいます。

第7R:村田の右ボディが、しばしば、間合いを詰めて打とうとするジャクソンの動きを止めます。

第8R:ジャクソンが手数を出すも、村田がボディで反撃。この試合、村田のボディが威力を発揮しています。村田がワンツースリーで、ジャクソンのガードをこじ開けます。村田のパンチの威力が、ジャクソンにプレッシャーを与えています。村田が右ストレートから、左ボディ。ジャクソンが劣勢です。

第9R:序盤、ジャクソンが前への圧力をかけます。村田は冷静にジャブを放ちます。村田がボディから上へと、パンチの連打。ジャクソンはクリンチで逃れます。

最終R:序盤からは接近戦で打ち合う展開。村田も手数を出します。村田のボディ。ジャクソンは終始、パンチを放って、クリンチを多用。終盤に村田が右のストレートを放つと、ゴングが鳴りました。
判定は3-0で村田の勝利です!(99-91、98-92、97-93)

スポンサーリンク

   

f:id:akatsuki_18:20151106185843g:plain

f:id:akatsuki_18:20151106185901g:plain

※試合結果:3-0の判定で……村田の勝利!