あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全米OP2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

バドミントン  3/11~女子単バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  3/11~女子複バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

テニス     3/6~デビスカップ2020 日本VSエクアドル 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送(ファイナル予選)

卓球      3/3~カタール・オープン2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      3/3~カタール・オープン2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ATPツアー・ファイナルズ2015 錦織出場なるか!? 出場選手、放送予定、見所などを掲載!

今季のATPツアーの大会も、残すところあとわずかになりました。そして、最終戦であるATPワールドツアー・ファイナルズ2015も、目前に迫ってきています。今季の成績上位8人だけが出場できるこの大会。錦織は現在、ボーダーライン上にいますが、出場なるのでしょうか!?→組み合わせ決定!(試合結果もあり)

ATPツアー・ファイナルズ2015

f:id:akatsuki_18:20151030161513g:plain

日程:11月15日~11月22日

放送:NHK・BS1/ガオラ

1年間の大会成績で、上位8名が選ばれる大会(ダブルスも同様)。

第1回大会は、ペプシ・グランプリ・マスターズという名称で、日本の東京で行われた。

2010年、2011年はフェデラーが優勝、2012年からはジョコビッチが3連覇している。 現役ではフェデラーが6回、ジョコビッチが4回優勝している。

2014年の出場選手は、ジョコビッチ、フェデラー、マレー、ワウリンカ、錦織、ベルディヒ、ラオニッチ、チリッチ

スポンサーリンク

   

出場選手

※10月26日のランキングをもとに構成

1位:ノバク・ジョコビッチ(14,285)

f:id:akatsuki_18:20151030161755g:plain

2015年のジョコビッチは、圧倒的な強さを誇っています。他の選手からは、「絶好調」という言葉で評されており、破竹の勢いを誇っています。

今季はここまで、14の大会に出場して、9回優勝という驚異的な成績を誇っています。さらに、準優勝は4回。つまり、一つの大会を除いて、すべての大会で、決勝戦に進出していることになります。 こういった今季の状況を踏まえれば、ジョコビッチの優勝の可能性は、極めて高いと思われます。しかし、ファイナルに出場する選手の中では、フェデラー、マレーが、今季ジョコビッチを破っている数少ない選手です。この二人との戦いが、最終戦のカギとなるでしょう。

2位:アンディ・マレー(7,870)

f:id:akatsuki_18:20151017171322g:plain

今季終盤にはフェデラーを抜いて、2位にランキングアップ。名実ともに、ジョコビッチのライバルとなりました。今季は8連敗中だったジョコビッチから、ロジャーズ・カップ(マスターズ)で勝利して優勝をはたすなど、結果を出しています。とはいえ、対ジョコビッチの成績は、今季だけでも1勝5敗と大きく負け越しています。それでも、最終戦で、マレーの活躍を期待しているファンは多いのではないかと思います。

3位:ロジャー・フェデラー(6,750)

f:id:akatsuki_18:20151016155804g:plain

今季は新戦法のセイバーを生み出すなど、あくなきテニスへの情熱を見せ続けているフェデラー。今季は四大大会で未勝利ながら、マスターズではウェスタン・サザン・オープンでジョコビッチを破り、優勝しています。

とはいえ、ウィンブルドン、全米OPなどでは、ジョコビッチに決勝で敗れるくやしい結果が続いています。最終戦でも、ジョコビッチ打倒のために、フェデラーは全力を尽くすはずです。

4位:スタン・ワウリンカ(6,140)

今季のこの一戦をあげるとすれば、全仏OP決勝を上げる人が少なくはないでしょう。絶好調で、破竹の勢いだったジョコビッチを倒して、見事な優勝をとげたのがワウリンカです。生涯グランドスラムがかかって、モチベーションが極めて戦ったジョコビッチからの勝利は、世界を驚かせました。四大大会で2度目の勝利をはたしたワウリンカ。かつては、フェデラーの影に隠れ、「スイス第2の男」と呼ばれた時代は、過去のものとなりました。

5位:トマシュ・ベルディヒ(4,440)

今季は安定してランキング上位をキープしていますが、インパクトは残せていないのがベルディヒです。特にトップ3に対しては、成績が芳しくない印象です。さらに、大きな大会で存在感を出せずにいるため、ランキングの割には、目立たないシーズンになっています。

6位:ラファエル・ナダル(4,330)

f:id:akatsuki_18:20151011180534g:plain

ナダルが4位から落ちたことで、BIG4と呼ばれる時代の終焉を迎え、新しいジ時代が訪れました。無尽蔵のスタミナと、強力なフォアを武器にしていたナダルですが、年齢と共に、多少の衰えが見えています。

しかし、その人気は健在であり、今でもナダルが勝利すれば、多くのファンに喜びをもたらします。シーズン中盤は、大会序盤で姿を消すこともあり、心配されました。しかし、終盤に再び、勝利をする姿を見せることが多くなっており、調子は上向きです。

※以上の選手は、出場確定

7位:ダビド・フェレール(3,945)

ナダルと共にスペイン勢を象徴する選手がフェレールです。ヨーロッパの選手ですが、体が大きいわけではありません。しかし、その粘り強いストロークや、諦めない姿勢は、日本にもファンが多いようです。中盤は調子を落としていましたが、後半になり再び調子を上げている印象があります。ファイナルでは、どのような活躍を見せるでしょうか!?

7位:錦織圭(3,945)

 

f:id:akatsuki_18:20151010181125g:plain

現在、ファイナルに残れるボーダーラインにいるのが錦織です。シーズン序盤から、中盤までは好調であり、今季は4つの大会で優勝を遂げています。

しかし、優勝を目指した四大大会やマスターズでは、トップ選手の壁にはねかえされてしまいました。特に準決勝でのぞんだロジャーズ・カップ(マズターズ)では、マレーに完敗。その後、全米OPの初戦で、B・ペールに敗れるなど、不調に陥りました。さらに、楽天OPでもペールに連敗するなど、試練の終盤戦を迎えています。

「いつでも、誰でもラッキーはくる」とは、子供の時の錦織が書いた言葉です。調子や波はどの選手にもあるものです。錦織にとっては、まずは、ファイナル出場、そして、大会での活躍が、来季につながっていくのではないかと思います。
9位:J・F・ツォンガ(2,545)

f:id:akatsuki_18:20151018170415g:plain

10位:R・ガスケ(2,535) 

☆テニス、錦織情報が満載→トップページ
☆2015年 錦織らファイナル出場のトップ7選手 ジョコビッチとの対戦成績は!?→こちら

スポンサーリンク