あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


10/4~卓球・ポーランドOP2017

GO Kei! 10/8~上海マスターズ2017

10/6~世界ミックスカーリング選手権2017

akatsuki18.comにブログを移転しました。
スイス・インドア20172017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     10/23~スイス・インドア2017 ドロー、組み合わせ、試合結果

速報      10/6楽天ジャパンオープン2017 準々決勝 杉田祐一VSアドリアン・マナリノ

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 試合結果、出場選手 伊藤美誠が参戦!

卓球      10/4~卓球女子 ポーランド・オープン2017 組み合わせ

カーリング   10/6~世界ミックスカーリング選手権2017 試合結果、日程 高校生が世界に挑む!

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子シングルス)

バドミントン  9/19~ジャパンオープン2017 トーナメント、組み合わせ、試合結果(女子ダブルス)

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

引退をかける河野公平と4階級制覇がかかる亀田興毅(WBA世界S.フライ級タイトルマッチ)

日本でのライセンスを失効している亀田興毅の試合が、2年ぶりに日本のテレビでも放送されます。このページでは、注目となる日本人同士のWBA世界S.フライ級タイトルマッチに関する情報を掲載しています。

放送日時

10月17日(土)19時54分~20時54分(テレビ東京)

解説:内山高志・田口良一

河野公平

f:id:akatsuki_18:20151012184201g:plain

山梨県出身 

166㎝ 

リーチ:170㎝  

1980年11月23日生まれ(34歳)

スタイル:右ファイター 

あだな:タフボーイ 

所属:ワタナベボクシングジム 

プロ戦績:39戦30勝(13KO)8敗1分 

第22代・第24代WBA世界スーパーフライ級王者

この試合で敗戦したら、引退となる可能性が高い。

高校時代は陸上をしていた。しかし、『6ヶ月でプロボクサーになる』という本を読んだのをきっかけに、ボクサーを志すことになった。

2000年のデビュー戦は黒星だった。 

2007年に菊井に判定勝利して、日本王座を獲得した。 

この年の10月には、エデン・ソンソナに判定で勝利して、東洋太平洋王座を獲得。 

2012年には、テーパリット・ゴーキャットジムと対戦。4回に3度のダウンを奪ってKO勝利して、WBA世界スーパーフライ級王者を獲得。河野の前評判はかなり低かったが、3度目の世界挑戦でついに王者となった。 

2013年には暫定王者であるリボリオ・ソリスと対戦するも、判定負けを喫して、王者陥落となった。 

2014年にはWBA世界スーパーフライ級暫定王者デンカオセーン・カオウィチットと対戦。8回にKO勝利を飾って、王者返り咲きをはたした。

闘争心溢れる突進力が持ち味。 

きわめて質素な生活をおくっており外食などをしないという。 

日本王座獲得までは、アルバイトをしていた。 

趣味は野球、テニス、ジョギング

「継続は力なり 努力は裏切らない」が座右の銘 

スポンサーリンク

   

亀田興毅

f:id:akatsuki_18:20151012184242g:plain

大阪府大阪市西成区出身 

165㎝ 

リーチ:169㎝ 

1986年11月17日生まれ(28歳) 

通称:浪速乃闘拳 

スタイル:左ボクサーファイター 

プロ戦績:34戦33勝(18KO)1敗 

日本人史上初の4階級制覇を狙う。

亀田三兄弟の長男。亀田大毅・亀田和毅を弟に持つ。

大毅と共に、日本人初の兄弟チャンピオンとなる。 

11歳の時より、父親の史郎からボクシングの手ほどきを受ける。本人は恩人は、父親の史郎であると語っている。

父親っ子であり、5年生まで一緒に寝ていた。

中学時代は、空手とボクシングを並行して行っていた。

ボクシングに専念するため、中学卒業後は、社会人ボクシングで活動した。 

15歳で全日本実業団選手権フライ級優勝をはたす。翌年も、同大会を連覇している。 

17歳の時にグリーンツダジムから、東京の協栄ジムに移籍している。 

2006年にWBA世界ライトフライ級王座をかけて、ファン・ランダエタと対戦。僅差の判定勝利となるも、その判定の是非をめぐり、議論がまきおこった。 

ファン・ランダエタとは再戦して、3-0で判定勝利。 

2009年に内藤大介と対戦して、WBC世界フライ級王者を獲得。判定での勝利だった。日本ジム所属選手で史上7人目の2階級制覇を達成した。 

2010年にはポンサクレック・ウォンジョンカムと対戦するも判定負けとなり、4か月で王座陥落となる。 

2010年のWBA世界バンタム級王座決定戦で、アレクサンデル・ムニョスを判定で破り、日本人初の世界3階級制覇を達成した。このタイトルは、返上するまで8度の防衛に成功している。 

4階級制覇を狙い、スーパーフライ級に転向するも、その後は日本のボクシング協会に除名処分を受けて、国内での試合ができなくなった。そのため、拠点を海外のUNITED BOXING GYMに移した。 

2015年10月に、シカゴのUICパビリオンでの、WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平に挑戦することが決定した。

☆ボクシング情報(日本人の世界タイトルマッチ中心)→トップページ

スポンサーリンク