あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 4/23-バルセロナ ドロー決定!

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
錦織圭 出場大会→2018スケジュール
バルセロナOP2018→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

テニス     2018年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

テニス     4/15~モンテカルロ・マスターズ2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送

速報      4/22ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018 決勝 錦織圭VSナダル

速報      4/20ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018 準々決勝 錦織圭VSチリッチ

速報      4/21ロレックス・モンテカルロ・マスターズ2018 準決勝 錦織圭VSズべレフ

テニス     4/23~バルセロナ・オープン2018 ドロー、組み合わせ表、試合結果、テレビ放送

バトミントン  2018年度の大会スケジュール・日程

カーリング   4/21~世界ミックスダブルス・カーリング選手権2018 試合結果、テレビ放送、日程

カーリング   4/24~ハンプティーズ・チャンピオンズ・カップ2018 試合結果、出場チーム、日程 LS北見が参戦 藤澤は欠場

カーリング   5/18~女子パシフィックアジア・カーリング 日本代表決定戦2018 結果、テレビ放送 LS北見VS富士急

卓球      4/29~女子・世界卓球2018 試合結果、組み合わせ、出場選手、テレビ放送

卓球      4/29~男子・世界卓球2018 試合結果、組み合わせ、出場選手、テレビ放送

サッカー    4/6~AFC女子アジアカップ2018 日本代表の組み合わせ、試合結果、テレビ放送

バドミントン  女子単3/14~全英・オープン2018 試合結果、組み合わせ

バドミントン  女子複3/14~全英・オープン2018 試合結果、組み合わせ

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

速報9/17女子・パシフィックアジア・カーリング選手権 LS北見VS富士急

 日時9月17日16:00~

大会初日の第2試合、強豪のLS北見と富士急(チームフジヤマ)の一戦を速報します。優勝を目指すLS北見にとっては、絶対に落とせない試合。一方、北海道を拠点にするチームが多い中、山梨で活動する富士急。はたして、試合はどのような展開になるのでしょうか!?

 スポンサーリンク

   

速報

LS北見:/富士急

LS北見0-0富士急

第1Rはクリーンな展開。先攻のLS北見が石をサークルにドローし、後攻の富士急がテイクアウトする展開で終了。

LS北見1-0富士急

第2RもLS北見が先攻。サークル外側に北見が徐々に石をおいていく。富士急がテイクアウトを試みるも、ナンバー1を北見が中盤で作る。スキップのLS北見・藤澤がナンバーを作りプレッシャーをかける。富士急の最終投擲はミスになり、ナンバー1を作れず。LS北見が1点を先制。

LS北見1-1富士急

第3RはLS北見が先攻。LS北見が有利に進め、4つの石をサークルにドロー。しかし、最終投擲は、富士急がLS北見のナンバー1をテイクアウトし、ビックエンドを免れ同点においつく。

LS北見3-1富士急

第4Rは富士急が先行。ストーンがサークル内にたまる展開。中盤で6つの石がドローされる。富士急のスキップは1投目では見事なドロー、ナンバー1、2を作る。LS北見の藤澤の1投目も見事なテイクアウト、ナンバー2をテイクアウト。富士急はストーンガードを置いて、ナンバー1を守りにいく。藤澤の最終はスーパーショット、ストーンガードをかわし、サイドの自石にあててナンバー1を出す。結果、2点を獲得。

LS北見5-1富士急

第5RはLS北見が先攻。富士急はサイドにガードを配置していく。LS北見は途中で、ショートして、1投を無駄にするミスがある。その後は、ストーンガード、中にも石がたまる展開。LS北見はうまく、ナンバー1、2をつくり、最終でストーンガードを作ってプレッシャーをかける。富士急の最終投擲は、ストーンガードにあたり、LS北見が2点追加。

LS北見7-1富士急

第6RはLS北見が先攻。後半に入り、富士急は2点を狙いたいところ。しかし、試合はクリーンな展開も、最後はLS北見が2点獲得。このラウンド後に富士急がギブアップ。

スポンサーリンク

   

f:id:akatsuki_18:20150916201449g:plain

 

f:id:akatsuki_18:20150916201506g:plain