あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


卓球8/15~ブルガリアOP2017

GO Kei! 8/18ウエスタン&サザンOP2017 2回戦 杉田VSカチャノフ(32位)

高校野球2017 49代表校が決定!

ウエスタン&サザンOP2017ドロー発表!→組み合わせ
2017年 錦織圭の出場大会→こちら

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

速報      8/18ウエスタン&サザンOP2017 3回戦 杉田祐一VSカレン・カチャノフ

速報      8/17ウエスタン&サザンOP2017 2回戦 杉田祐一VSジョアン・ソウザ

テニス     ウエスタン&サザン・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果

テニス     8/13~ウエスタン&サザン・オープン2017 出場選手、テレビ放送、昨年の成績

速報      甲子園・夏2017 組み合わせ・抽選会 トーナメント表、試合結果(高校野球)

高校野球    甲子園・夏2017 出場校・代表校 地方大会の決勝日程送

世界陸上    世界陸上2017 決勝の競技日時・日程(日本時間で掲載・ロンドン大会)

卓球      8/15~卓球女子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 石川、伊藤らが出場!

卓球      8/15~卓球男子 ブルガリア・オープン2017 試合結果、出場選手 松平、吉村ら参戦!

バドミントン  女子団体・全日本実業団バドミントン2017 トーナメント・組み合わせ表

バトミントン  2017年度の大会スケジュール・日程

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

ロシアW杯   ロシアW杯アジア最終予選 試合結果・出場国・組み合わせ・テレビ放送(抽選会についても掲載)

重友梨佐 マラソン選手 選手名鑑  田中智美との選考に関して…

このページでは、世界陸上2015の代表に選出されている重友梨佐について掲載しています。物議をかもす中で、日本代表となった重友。はたして、世界陸上では、どのような走りを見せるのでしょうか!?

重友梨佐

f:id:akatsuki_18:20150825112019g:plain

岡山県備前市出身 

168㎝/50kg 

1987年8月29日生まれ  

所属:天満屋 小学校3年生時より、陸上競技を開始。 

強豪の興譲館高等学校に入学。

3年生の時の第17回全国高校駅伝では、2区を2位で走って優勝に貢献した。 

高校卒業後は天満屋に入社。 

天満屋では坂本直子(五輪7位)、中村友梨香(五輪13位)らの中で、実力をつける。 

第30回、31回の全日本実業団・女子駅伝では、5区を走って2年連続で区間賞を取る。第30回大会では、チーム初優勝にも貢献。 

初マラソンの2011年・名古屋国際女子マラソンでは、2時間31分台と、調整に失敗。 

2012年の第31回大阪国際女子マラソンでは、2時間23分23秒(日本人歴代9位)の好記録を出して、マラソン初優勝。 

2012年にはロンドン五輪にも出場したが、大会前に足を痛めており、2時間40分台で79位に終わる。 

2014年の大阪国際女子マラソンでは、2時間58分台で64位に終わった。 

2015年の大阪国際女子マラソンでは、2時間26分39秒で、日本人トップとなる3位だった。この結果を考慮され、世界陸上2015の代表となった。

好きな有名人は、ゴールデンボンバー

好きな食べ物は、焼肉、いちご

f:id:akatsuki_18:20150825123153g:plain

 

   

選考基準に関する物議…

f:id:akatsuki_18:20150825112458g:plain

※田中智美

落選した田中智美は、2014年の横浜国際女子マラソンで優勝している。タイムは2時間26分57秒である。タイム差がほとんどなく、田中は優勝、重友は3位(日本人ではトップ)ということもあり、選考に関して物議をかもした。

優勝に価値を置く現役、引退選手も多く、異議が出たのは確かである。陸連は積極的な走りを評価して、選考したと説明している。また、陸連の定める2時間23分台を目指して走った重友を評価したとも。しかし、事前にその言及はなく、選考後の説明ということもあり、物議をかもす原因になったようだ。

なお、自己ベストタイムは、重友が2時間23分23秒、田中が2時間26分05秒である。また、マラソン経験においては、6度の重友、2度の田中となっている。

☆世界陸上2015 放送予定・日程と全スケジュール(タイムテーブル)→こちら
☆注目の世界陸上・日本代表選手→こちら