あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全米OP2019→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

バドミントン  3/11~女子単バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  3/11~女子複バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

テニス     3/6~デビスカップ2020 日本VSエクアドル 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送(ファイナル予選)

卓球      3/3~カタール・オープン2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      3/3~カタール・オープン2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

アジア男子バスケットボール選手権2015 日本代表の試合結果&組み合わせ&大会情報 リオ五輪をかけた大会!

リオ五輪をかけた第28回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会が開催されます。リオ五輪の代表獲得は、かなり険しいですが、日本代表の活躍に期待がかかります。このページでは気になる組み合わせ、大会の情報を掲載しています!

日本代表メンバー

田臥勇太(リンク栃木ブレックス)

比江島慎(アイシンシーホース三河)

太田敦也(浜松・東三河フェニックス)

橋本竜馬(アイシンシーホース三河)

金丸晃輔(アイシンシーホース三河)

竹内譲次(日立サンロッカーズ東京)

松井啓十郎(トヨタ自動車アルバルク東京)

荒尾岳(千葉ジェッツ)

田中大貴(トヨタ自動車アルバルク東京)

古川孝敏(リンク栃木ブレックス)

小野龍猛(千葉ジェッツ)

広瀬健太(日立サンロッカーズ東京)

※日本が2次ラウンド進出!

スポンサーリンク

   

f:id:akatsuki_18:20150817182446g:plain

第28回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会

リオ五輪

アジア地区予選

日程:9月23日(水)~10月3日(土)

開催地:長沙(中国)

1位がリオ五輪決定。2位~4位の国がFIBA男子オリンピック世界最終予選の参加資格を得ることができる。

参加国

f:id:akatsuki_18:20150817182547g:plain

※南アジア代表はインド、東アジア代表は香港に決定

f:id:akatsuki_18:20150817182555g:plain

予選は各グループの総当たり戦。上位3チームが2次ラウンド進出。

2次ラウンドは6か国ずつ、2グループによる、総当たり戦。それぞれ、上位4チームが準々決勝進出。

9月23日:×日本48VS86イラン

9月24日:〇日本119VS48マレーシア

9月25日:〇日本83VS65インド

※( )の試合時間は現地時間。時差は約1時間。

2次リーグ(グループE)

日本 イラン インド

香港 フィリピン パレスチナ

※1次リーグの対戦成績が反映…つまり日本はイランに負け、インドに勝っているので、1勝1敗からスタートとなる。上位4チームに入れば、準々決勝に進出。

順位

1位:イラン:4勝1敗

2位:フィリピン:3勝1敗(残り1戦)

3位:日本:3勝2敗

9月27日

×日本66VS73フィリピン(17:45)

9月28日

〇日本74VS67パレスチナ(15:30)

9月29日

〇日本89VS62香港(12:45)

決勝トーナメント

準々決勝(10月1日)

〇日本81VS67カタール(17:45)

※カタールは今大会の通算成績は3勝3敗

※日本はあと1勝すれば、最低でも世界最終予選の出場権利は獲得できる状況。

〇イラン75VS62韓国×

インド58VS104中国〇

レバノン70VS82フィリピン〇

準決勝

×日本70VS81フィリピン(22:30)

〇中国70VS57イラン

決勝

中国VSフィリピン

3位決定戦

×日本63VS68イラン(19:00~)

※勝敗にかかわらず、リオ五輪・最終予選出場権は確保(訂正します)

 

日本63VS68イラン(試合終了)

第1Q日本10-22イラン

第2Q日本19-9イラン

第3Q日本19-13イラン

第4Q日本15-24イラン

スタメン:田臥、比江島、竹内、荒尾、広瀬

第1Qだけで、イランのM・NIKが16得点と猛チャージ。大差をつける。

しかし、第2Qは日本が反撃。松井が前半で15得点の活躍で2点差!

第3Qに、ついに日本が逆転。

第4Qは日本が不調。イランが猛チャージで、差を広げる…。その後、日本も追撃するが敗戦。イランのM・NIKが35得点と大活躍。

松井が18得点。竹内が10R。

スポンサーリンク

 

   

 

1次リーグ

日本48VS86イラン

第1Q日本11-15イラン

第2Q日本11-22イラン

第3Q日本14-21イラン

第4Q日本12-28イラン

 

日本119-48マレーシア

第1Q日本32-9マレーシア

第2Q日本27-14マレーシア

第3Q日本35-2マレーシア

第4Q日本25-23マレーシア

前半終了時点で小野が12得点。

松井が19得点の活躍・太田が8R。

日本69VS56インド(試合終了)

第1Q日本15-18インド

第2Q日本24-14インド

第3Q日本24-20インド

第4Q日本20-13インド

第1Qはインドにリードをゆるす。

田臥が第2Qまでで6R、2A。竹内は12得点9Rなどで逆転に成功!

第3Q終了時で、竹内が18得点、14Rと大活躍!

第4Q日本がインドに差をつけて勝利! 2次ラウンドへ!

竹内22得点、19R。田臥が8アシスト。比江島が19得点6アシスト。

2次リーグ

×日本66VS73フィリピン

第1Q日本18-14フィリピン

第2Q日本15-21フィリピン

第3Q日本13-19フィリピン

第4Q日本20-19フィリピン

日本の先発は、田臥、比江島、竹内、荒尾、古川

前半の日本のトップスコアは比江島の9得点

第4Qを3分切ったところで、日本が同点に追いつく。しかし、その後フィリピンが挽回して、日本は敗戦。

比江島が17得点、竹内が11R。

 

日本74VS67パレスチナ(試合終了)

第1Q日本12-21パレスチナ

第2Q日本24-16パレスチナ

第3Q日本21-12パレスチナ

第4Q日本17-18パレスチナ

第1Qにリードされるも、第2Q途中に日本が一気に逆転! しかし、前半だけで21点のSAKAKINI中心にパレスチナも逆襲。1点差で前半終了。

第3Qには日本が大きく突き放す!

日本リードで第4Qへ…終盤、日本が加速、竹内の奮闘もあり勝利。2勝2敗となって、決勝トーナメント進出へ前進!

竹内が21得点、19Rと大活躍!

比江島13点、松井12点。

日本89VS62香港(試合終了)

第1Q日本21-20香港

第2Q日本19-12香港

第3Q日本28-10香港

第4Q日本21-20香港

前半だけで、竹内が15得点の活躍。

第3Qに日本が一気に突き放す!

第4Qは香港も粘りを見せる…

比江島が19得点4アシスト、竹内が18得点、8R。

日本81VS67カタール(試合終了)

先発は田臥、比江島、竹内、荒尾、広瀬

第1Q日本28-13カタール

第2Q日本18-19カタール

第3Q日本17-18カタール

第4Q日本18-17カタール

第1Qに日本が15点差をつける! 古川が13得点の活躍!

前半は日本が14点差をリードして、ハーフタイムへ…。

第3Qは、日本が13点差で、第4Qへ!

第4Qカタールが粘りを見せる…

古川22得点、竹内15得点7R、田臥12得点6アシスト、比江島17得点とスターターが活躍!

準々決勝

×日本70VS81フィリピン(試合終了)

第1Q日本17VS16フィリピン

第2Q日本22VS23フィリピン

第3Q日本15VS15フィリピン

第4Q日本16VS27フィリピン

スタメンは田臥、比江島、小野、竹内、荒尾

前半だけで、比江島が22得点、竹内9Rも、同点で折り返し。

第3Qはフィリピンがリードするも、日本が追撃し、同点で最終Qへ!

第4Qはフィリピンが大差をつけて、日本敗戦。

比江島28得点、竹内16R。