あかつきスポーツ☆18ニュース

スポーツ観戦を豊かに! 旬なスポーツ情報&速報(錦織圭、テニス、卓球、陸上、ボクシング、日本代表、カーリング女子、その他スポーツ)&トレンドニュースをお届けします!  


4/29~世界卓球2018

GO Kei! 5/27-全仏OP2018

4/11-女子カーリング チャンピオンシップにLS北見が出場!

akatsuki18.comにブログを移転しました。
全仏OP2020→ドロー

やらなければならないのは、目の前にあることをただ一生懸命やること。たとえそれが自分の夢に直接には関係なさそうな事柄であったとしても、決して努力を惜しんではいけない。そして夢にたどり着いた時に実感するのは、自分に起こった出来事で意味のないこと、無駄なことなど何一つないということ。by市川亀治郎(カメ流より)

トップページ  錦織圭&テニス 卓球 マラソン&駅伝 カーリング  ボクシング  なでしこ

卓球      卓球女子Tリーグ日程2020-2021

テニス     9/27~全仏OP2020ドロー、試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     速報9/30全仏OP2020・2回戦 錦織VSトラバグリア

テニス     速報9/27全仏OP2020・1回戦 錦織VSエバンズ

テニス     10/12~サンクトペテルブルク・オープン2020 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     10/19~アントワープ ヨーロピアン・オープン2020 試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     9/21~ハンブルクOP2020ドロー、試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

テニス     速報9/21ハンブルクOP2020・1回戦 錦織VSガリン

テニス     9/14~イタリア国際2020ドロー、試合結果、出場選手 錦織圭のテレビ放送

バドミントン  3/11~女子単バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

バドミントン  3/11~女子複バドミントン 全英オープン2020 試合結果、組み合わせ

卓球      9/14卓球2020 JAPAN オールスタードリームマッチ 出場選手、試合結果、対戦カード、放送

卓球      11/8~ワールドカップ2020・女子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

卓球      11/13~ワールドカップ2020・男子シングルス 試合結果、組み合わせ、テレビ放送、出場選手

カーリング   2/25~日本ミックスダブルスカーリング2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 女子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム ロコソラーレ、中部電力

カーリング   2/9~日本カーリング選手権2020 男子の結果、テレビ放送、日程、出場チーム

卓球      2020シーズン スケジュール

バドミントン   2020シーズン スケジュール

テニス     2020年 錦織圭の出場大会、テレビ放送予定、スケジュール

カーリング   ロコソラーレ・女子カーリング 2019-2020シーズン スケジュール、テレビ放送

カーリング   1/14~女子カーリング カナディアン・オープン2020 結果、日程 ロコソラーレが出場(グランドスラム)

平昌五輪    2/14~女子カーリング 結果、テレビ放送

ジャンプ    高梨沙羅 2017-2018シーズン スケジュール、結果、テレビ放送

井村雅代 日本代表コーチ 再びシンクロを強豪国に育て上げられるか!?

日本のシンクロを世界のトップレベルに押し上げたコーチが井村雅代です。アテネ五輪後には、日本代表のコーチを退き、中国代表、イギリス代表のコーチを歴任。しかし、2014年に再び、日本代表コーチに復帰しています。はたして、シンクロは再び、メダルを獲得できる強豪国に生まれ変わることができるのでしょうか!?

   

井村雅代

f:id:akatsuki_18:20150711204021g:plain

大阪府出身

中学時代から、シンクロを始める。 選手としては、日本選手権で、二度優勝している。 また、公開競技として行われたミュンヘン五輪にも出場している。

その後は中学校の保健体育科の教諭を経て、シンクロ指導者に転身した。

1978年から、日本代表コーチに就任すると、スパルタ式指導法で、世界的な選手を数多く育てた。

1984年のロサンゼルス五輪では、日本代表コーチとして、ソロ、デュエットで日本初の銅メダル獲得に貢献した。

1985年には井村シンクロクラブを創設する。このクラブは当初、専用プールがなく、時に2時間をかけて、深いプールを求めたこともある。

バルセロナ五輪では、井村シンクロクラブの奥野史子が、ソロ、デュエットで銅メダルを獲得した。

1996年のアトランタ五輪では、チームで銅メダルを獲得した。

2000年のシドニー五輪では、立花・武田組のデュエット、チームで銀メダルを獲得。

2004年のアテネ五輪でも、立花・武田組のデュエット、チームが銀メダルを獲得した。

2004年をもって日本代表コーチを退任すると、中国代表のコーチに就任。

2008年の北京五輪では、中国代表がチームで銅メダルを獲得。

2012年のロンドン五輪では、デュエットで銅、チームで銀メダルを獲得している。

2013年には短期間ながら、イギリス代表のコーチに就任した。

2014年には日本代表コーチに復帰した。 コーチ復帰時は、別の国を教えるというような感覚で、選手、井村双方に戸惑いがあった。

井村雅代は、最初の1ヶ月で脂肪を落とすための陸上トレーニングを行った。世界を見てきた井村にとって、勝てる選手とは、体がシャープで美しく、その場に立っているだけで強さが映えると考えているからだ。

また、筋力トレーニングをしたものの、体のある部分が硬かったりする選手がおり、必ずしも筋力強化が効果として現れないなど、壁に当たっている。それでも、腹をくくって、日本代表を強くしたいと語っている。

厳しい指導

2015年の世界水泳ではデュエット・テクニカル、チーム・テクニカルで2007年以来の銅メダルを日本代表にもたらした。

その指導をするにあたって、選手には120%出すように求めた。

「しんどいと思うが、厳しく、自分を追い込んで練習してほしい」

と伝えた。

合宿では朝7時半に練習が始まり、日付を超えることもあった。16日間の合宿ならば、休日は1日だけ。その一日も、自主練、課題克服に当てられた。

また、空元気でも笑顔を求め、練習中に涙を見せないように求めた。